« 新車心象風景:日産・ムラーノ | トップページ | Drive My Car:フロントガラス交換 »

新車心象風景:トヨタ・bB

Bb   まあ、あんまりムキになっても仕方ないのかもしれないけど、やっぱりどうなんだろうと思う。

 だいたい、ワルを気取って出したのに、何で「マイルド」を出すのかって話でしょ。たとえば最初から普通とワルを出すノアやヴォクシーだっていかがなものかと思うのに、マイルドなワルってもうワケ分からないし。

 一見、ダイハツ版のCOOに似てるけど同じじゃないんだよね。そうすると同じクルマで顔が3種類ってことになるでしょ。あ、もしスバルへのOEMが顔違いだと4種類になるかな。その発想の「経緯」みたいなのは理解できるんだけど、実際にやっちゃうかな?

 いや、これが業績に苦しむ下位メーカーが苦し紛れっていうならまだしも、世界一のメーカーだからね。ちゃんと調べてないけど、多分こういうのって自国だけでやってるんじゃないかな、トヨタは。だってフツーは通用しないだろうし、だいいち恥ずかしいでしょう。

 これ、結局日本のユーザーをバカにしてるんでしょ。サイオン絡みで出したものの、どうも売れないからチャカっとやっちゃえって。これで月に500台が1000台でも上乗せになれば儲けもんだって。

 こういうこと書くと、選択肢は多い方がいいっていう人が必ずいるんだけど、僕は違と思うな。やっぱりその選択肢がどうなのかっていうことを考えなくちゃ、ユーザーとしても無責任だもん。僕はどのメーカーにしたって、ちゃんとしたクルマを作って欲しいって気持ちがあるので、こういうのはホントやめて欲しいと思う。

|

« 新車心象風景:日産・ムラーノ | トップページ | Drive My Car:フロントガラス交換 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

最近の吊り眼デザイン、悪顔の車を見るにつけ思うのだ。
乗ってるのは脳天気面をした若いのか緩んだ顔のオッサン。
余りにも中と外の落差が酷いではないか。

日常に緊迫感も、恐怖なんか無い日本の現代。
無いものを車に求めるのだろうかネェ。
PS
何かって言うと他社の売れ筋をパクルのは止めにしませんかトヨタさん。

投稿: 佐衛門 | 2008年10月13日 (月) 11時07分

初めて書き込ませていただきます。

今回のbBの件にしてもそうですが、こういった売れるためなら、節操のないことを平気でするというのは、いかにも日本的で、トヨタに限らず、他のメーカーでも、さらには自動車メーカー以外でも見られることですよね。そういう意味では、その度合いは比較にならないとはいえ、中国などの低レベルのコピー商品と根底の思想は似ている部分もあるなぁと感じるのが残念です。

ちなみに、bBがサイオンがらみだったのは初代で、現行で絡んでるのはカローラ?という名に違和感があるルミオンですよ。あれって今のカローラの売り上げの何割なんでしょうね?

ちなみにトヨタオーストラリアではカムリhttp://www.toyota.com.au/camry/
のほかに、兄弟車とおぼしきAurion
http://www.toyota.com.au/aurion/gallery/images
とPresara
http://www.toyota.com.au/aurion-presara/gallery/images
なる車が存在しています。詳しくは調べてませんが、カムリの上級版のスポーティー仕様とラグジュアリー仕様といったところでしょうか。カムリよりこちらの仕様の方が日本で受けるのでは?と思った次第です。

話が脱線しましたが、同じ商品の部分的デザインを変更してバリエーションを作るという発送の起源はどこなんでしょうか? GMあたりがブランド別に創り分けたあたりが始まりなんでしょうかね?

投稿: KATSU | 2008年10月13日 (月) 12時35分

最近の「N」マークの付いた車ってCMも含めてデザインセンス最悪ですね。
「L」もかっこいいと思えないし。

ワル顔で一時的に極一部にウケたけど、そのデザイン嫌煙してキューブとかに流れた人も取り込もうと、マイルドを出す。
こういうこと平気で出来るか世界一になれたのではないかなと、世界一だからできたのじゃなく。

車の大きさ違うだけで、普通とカスタムの2本攻めのダイハツと同じですね。

結局トヨタは(真面目な)車作りがうまいのではなくて、目に見える所だけ豪華にしたり、ちょこちょこっとデザイン変えたり真似たりして、安いのを高く売るのがうまいだけなのでしょう。
ともかく売れればいいってだけで。

トヨタってだけで買うユーザーもバカだけど。

投稿: dezimac | 2008年10月13日 (月) 17時01分

もうこれはユーザーに媚びまくった車の一つですよね。
しかしながら、このbBを選ぶ人が、果たして「マイルド」に興味を示すんでしょうか・・・
この車、車内に乗り込んでしまえば至って普通。
外観さえ「フツー」であればトヨタらしい良い車なのになぁ。

投稿: アレスタ | 2008年10月13日 (月) 22時08分

ムーブもそうですけど、同一車種で顔をちょっと変えたバリエーションを出すのは、デザインへの自信の無さの現われではないのかと思います。
または、ユーザーを馬鹿にしているだけ、かと。


車の販売台数が落ちていると言われているのは、こう言う節操の無い事を平気でやるメーカーにも原因があって、結局のところ、メーカーの自業自得ではないだろうかと思います。

投稿: gilles | 2008年10月14日 (火) 08時21分

Bbに関して、若い人が買うとクルマだと思いがちですが、街中でよく観察すると先代、現行問わず意外と年配の方が乗られていますね。ゆえにトヨタとしても、そこを見逃さずワルすぎないほどほどのマイルド顔を出したのではないでしょうか。
ちなみに現行Bbは、KATSUさんが書いたとおりサイオン向けには出しておらず、カローラルミオンがサイオン新型Bxとして出ていますね。
確かに選択肢が多い方がよいと以前他の記事で書きましたが、トヨタの選択肢=ラインナップの多さは限界を越えていて適正ではないとボクも思います。
しかし、トヨタ自身現在のラインナップを減らすとしたら、工場の稼働率や販売店の整理など色々とせねばいけないでしょう。
トヨタ関連の開発部門に勤めている知人曰く、販売店からの要求が多く、いつの間にか多くのラインナップが増えすぎたと嘆いていましたね。
トヨタとしても、世界一が見えたところで限界点にあるのかもしれません。

投稿: アクシオム | 2008年10月14日 (火) 16時13分

佐衛門さん

冗談ではなく、日本はクルマに無いものねだりをするのが特徴だそうです。たとえばウォルナッドウッドとか、革内装とか、日常生活に何の関係もないのにクルマには求めるというような・・・。

KATSUさん

はじめまして。
サイオンについては失礼いたしました。
顔の作りわけですが、GMのワールドカー構想というより日本の販売会社対策の方でしょうね。このふたつは近いようで遠いような気がします。

dezimacさん

お金持ちがケチなのではなく、ケチだからお金持ちになったというヤツですね。
トヨタはその規模から実力はスゴイという声をよく聞きますが、それが本当ならこういう見せ方ばっかりしかできないのは悲しいですね。それで世界一になったとしても・・・。

アレスタさん

僕的にはbBを選択した時点で?なので、こういうバリエーションもそこそこ売れるんだろうな、などと思ってしまいます。

gillesさん

まったく同意見です。目先ばかり見てどうでもいい商品を作っていれば、結局最終的には見放される。クルマじゃないですが、山梨の清里が芸能人の店で退廃し、抑制した軽井沢が生き残ったのに似ているなあ、などと感じます。

アクシオムさん

評論家もよく書いてますね、bBは意外と年配者が乗ってるんだって。だから何だと言うのでしょうね。下品な若者じゃないんだからいいクルマじゃないか、とでも言いたいんですかね? 謎です。
このラインナップを基準として生産計画を立てること自体がもうおかしいですよね。工場稼働率を下げるのはキツイでしょうけど、いまではトヨタ本体では間に合わず、開発からダイハツなんかに一任しているなどという話を聞くと、そこまでして・・・とは思います。


投稿: すぎもとたかよし | 2008年10月15日 (水) 00時47分

初めて投稿させていただきます。
いつも楽しく拝見させていただいています。

Bbは、マイナーチェンジ前より、最も醜悪なデザインの車の一つだと常々感じていましたが、マイルド路線になっても相変わらずなようですね。子供の頃には国産車にもカッコいい物、安いのに性能がいい物と、欲しい車が沢山あったのに、今、自分が買える年齢になった頃には、日本車は、「色々あるけど、欲しい物は一つもない。」状況になってしまい残念な限りです。
トヨタ、特にこの、Bbは、本当にそういった車の一つです。
日本車、特に、世界一になってしまった企業の製品がこれでは、自動車は、これからどんどん売れなくなっていくのでしょうね。

投稿: ぷじお | 2008年10月15日 (水) 21時52分

ふじおさん

いつもお読み頂きありがとうございます。
そうですね、以前はもっと欲しいクルマがあったような。自分が変わったのかクルマが変わったのか? どうなんでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年10月15日 (水) 23時29分

すぎもとさんにお尋ねしますが、ここで評している車にどうして短時間でもお乗りにならないのですか。

カタログや公式サイトの写真で見た印象と、車の売り方について感じた違和感を書き記されるのはいいのですが、運転するとまた別の印象を与えることはおよそハンドルを握る人なら誰でも知っています。
それをお書きにならないのはなぜですか?

またスタイリング論をするにしても、これはよいと感じた車も取り上げて欲しいところです。単に車の好き嫌いをここで表明しているにすぎず、個人的に気に入らない車を羅列しているわけでもないと思います。

いかがでしょうか。

投稿: P+ | 2008年10月16日 (木) 15時32分

P+さん

こんにちは。
貴重なご意見ありがとうございました。
まず、すべてではありませんが、多くの場合で試乗はしていますのでご承知おきください。
その上でご質問についてはふたつのお答えがあります。まず、乗ることによってそれぞれのクルマの性能を的確に把握する能力は僕にはないことでます。たとえばデミオとスイフトを乗り比べて客観的な能力差などを具体的に、しかも正確に感じることはできないと思ってます。それに、それこそ多くの有名評論家諸氏がそれをやってますから、なおのこと僕がやる意味はないと思います。
もうひとつ、上記にも関連はしますが、乗って加速が気持ちよかったり、あるいは乗り心地がよかったから「いいクルマ」という指標は僕にはありません。たとえば今回のbBが広くて静かでフラットな乗り心地だからといって、じゃあ「これはいいクルマだ」とはまったく思わないからです。もしそうであるなら、いまどきのクルマでよくないクルマなんてほとんどないのでは?と思います。
それよりも、自分にとって重要なのはそのクルマが本当に必要なのか、高い志を持って作られたのか、後に語られるような普遍性を持っているのか、といったことなのです。残念ながら現在の自動車評論界ではその点がゴッソリ落ちていると感じたことが、そもそも僕のモノ書きの動機になっているということです。

スタイリングのいいクルマをもっと、というのは確かにそのとおりかもしれません。今後気をつけたいと思います。
ただし、スタイリングについて単なる好き嫌いを語ったことは無い筈です。ここで「新車心象風景」というタイトルにしているのは、スペースの問題もあり、雑誌で記事にするような具体論をすべて書くことができないため、文字通り心象的な表現に止めているためです。ですから、非常に短い文章でもってそのように感じられるのかもしれませんが、「好き嫌い」でデザインを論じるのは当の僕自身が一番嫌っていることです。前澤氏との記事を企画したのもその点を読者に提示するためでした。その辺はご理解ください。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年10月16日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/24461774

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・bB:

« 新車心象風景:日産・ムラーノ | トップページ | Drive My Car:フロントガラス交換 »