« 雑誌記事:高級ブランドはあり? | トップページ | クルマ散策:クルママニア? »

新車心象風景:日産エクストレイル・ディーゼル

Xtrail  新車じゃないけど、大物グレード追加ってことで。エクストレイル、ディーゼルです。

 ポスト新長期をクリアするのはもう少々掛かると思っていたので正直驚きでしたね。もちろんMTとかの制限はあるけど、とにかく出したと。すでに3000台売れたというメルセデスEクラスだってまだ新長期対応だし。

 興味の的はどうやって売り込むのかなあと。CO2排出量が少ないとか、燃費がいいとか、あるいは軽油が安いとか。取りあえずクルマが世の中の悪者になりつつある現在はそういうアプローチが先なんだろうけど。

 面白いのは、いま売りのベストカーもそうだけど、こういう少燃費カーとなると、いきなりお金の計算始めちゃうこと。対応するガソリン車より高い分は燃費と燃料費の差から、えーと15年乗れば元がとれる、みたいな。でも、たとえばプリウスを買う人ってみんなそういう計算しているのかな? ウィッシュとは燃費が何キロ違うから、価格差を考えて十何年で元が取れる、よーし、じゃあ買って十何年乗るぞって・・・。うーん、僕は違うと思うんだけど。

 たいていの場合は、買ってから毎日の負担、つまりランニングコストを考えるんじゃないかなあ? 買うときの何十万円じゃなくて、その後の毎回のガソリン代とか。もちろん、それだけ燃費がいいクルマが欲しいとは思うわけだけど、じゃあ↑みたいに仮想計算して比べてるのかっていうと、どうもね。

 ということで、たとえば高トルクによる走行性能の高さなんかもアピールして欲しい。以前、僕もいまと同年式のジェミニ・ターボディーゼルに乗っていたけれど、MTの3速に入れておけばどこでも走れちゃう粘り強さと、たとえば中央道の急勾配を楽々駆け上がる仕事ぶりは魅力だったし。ま、当時は振動と騒音もスゴかったけど、いまの新世代ディーゼルはそのネガもほとんどないしね。

 そういえばフランスやイタリアの高速をレンタカーで走ったときも、追い越し車線をカッ飛ばしていたのはほとんどディーゼルだったっけ。決してCO2だけで選んでいるわけじゃないんでしょ、向こうも。排ガス、燃費、燃料費、そして動力性能。いくつもある魅力について、どちらかに偏ることなくユーザーに伝わればいいなと。

 あ、それとこれを機に排ガス規制についてもちゃんと周知したらどうかな。新長期とかポストとか、何だかややこしくてよく分かっていない人も多いんじゃないかと。こういうのがハッキリすれば安心して選択もできるでしょう。たとえば、この秋三菱もパジェロでディーゼル出すらしいけど、どうやら新長期対応って話でしょ。あー、日産とは違うワケねって理解できた方がいいもんね。

|

« 雑誌記事:高級ブランドはあり? | トップページ | クルマ散策:クルママニア? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

すぎもとさん、初めまして。いつも興味深く読ませていただいています。

> じゃあ↑みたいに仮想計算して比べてるのかっていうと、
> どうもね。

私はしっかり「仮想計算して比べて」ますよ。5年前に今乗ってるクルマを購入するときもしました。

燃費の良いクルマに買い換えるのが主目的と言いつつ、そういった仮想計算をしないままに好燃費車の購入を考える(購入する)人というのは、言葉は悪いですが「朝三暮四」だと思いますよ。

もちろん「クルマの買い換え要因」は燃費だけじゃありませんから、すぎもとさんも書かれてるように「高トルクによる走行性能の高さ」などに惹かれて買う、というのは有りです。

しかし、燃費にこだわって買い換えようとしてる人が仮想計算もしないというのは、私にはどうにも解せません。

もう一つ、違うエントリの話ですが。

8/29のエントリ読んで「すぎもとさんというのは随分、地方を蔑視されてる方なんだな」とギョッとしました。今回の「どうもね」発言と言い、もう少し広い視野をお持ちになったら読むこっちもより楽しく、ためになるのにと感じました。

まあ「クルマはFR以外ダメ」とか妙なこだわりを持って評論活動を続けてる方もいらっしゃいますから、「視野の狭さが逆に魅力」な業界なのかも知れませんが。

投稿: 250ライダー | 2008年9月 9日 (火) 08時13分

丁度いいATのミッションが無く、
MTで出すってのが、ニッサンらしくて微笑ましいってね。
やっぱ、ハイブリッドが無く、エコブームの中、
一番先にクリーンディーゼルを出すんだという決心が見えました。

チョイ本格派の四駆乗りだったら、
ガソリンエンジンよりディーゼルの方が良い。
燃費云々、エコ云々じゃなくて、実用的に
低速でゴロゴロ アクセル離しっぱなしで藪漕ぎが出切るのはディーゼルだもんネェ。
勿論最近の国道四駆乗りでは解りませんが!!

投稿: 佐衛門 | 2008年9月 9日 (火) 14時53分

日産とはMT車のみの設定から始めたので、まずはパフォーマンスを重視して、スポーティなキャラクターとしてクリーンディーゼルを打ち出していますね。まぁこれが一番妥当かと思いますが、それゆえに先代では280psのターボだったグレード名GTを名乗っていますね。微笑ましいです。
以前Ddビッグホーンを乗っていて、コモンレールディーゼルの初期型ゆえにインジェクターの不良が続出して、高速道路で3回も大黒煙を吹いていきなり止まってしまったことを思い返すと、少々恐ろしいですが…
今度はコモンレールも一番メジャーなボッシュ製でこなれているでしょうから大丈夫かと思いますが、問題はDPFですね。これってトラックによく装着されていますが、結構クレーム処理が多いようです。
長距離のヘビーユーザーや東北・北海道のユーザーにとっては念願のクルマですね。
今月下旬に日産本社ギャラリーでの試乗を予約したので、「スポーティー」なディーゼルがいかほどのものか試してみます。

投稿: アクシオム | 2008年9月 9日 (火) 19時30分

私は単純にディーゼルの大トルクによる乗りやすさに惹かれますね。(高回転での気持ち良さは求めませんので)
それでいて燃費が良くて軽油は安い。
昔みたいに、いろんな車種に展開していって貰いたいです。

投稿: アレスタ | 2008年9月 9日 (火) 21時07分

250ライダーさん

こんにちは。色々なご指摘ありがとうございます。
燃費計算云々ですが、もちろん250ライダーさんのようになさっている方もいらっしゃると思います。「たいていは」と書いているのはそういう意味です。朝三暮四であれ、実際に多くの人はそうなんじゃ?ということですね。ですから燃費を詳細に計算する人などまったくいない、などと言うつもりはありませんよ。
8月29日の記事というのはコンテの「地方で売れない」の下りでしょうか? これは僕の考えではなくて実際の現象ですよ。現行ムーヴは地方で苦戦しているというデータが出ているんです。コンテがああいうカタチで急遽企画されたのはそういう背景だそうです。
まあ、たしかに僕は視野が広い人間とは言えませんが、でも思い込みで地方を蔑視するような人間でもないんですけどね。いやあ、凹みますねえ。

佐衛門さん

本当に日産は「一番手」になりたくて頑張ったそうですね。一番苦しいときを越え、再び技術の日産を取り戻す動きがあるんでしょうね。

アクシオムさん

ビッグホーンでそんなことがあったのですか? 知りませんでした。まあ、超高圧の難しい部品なんでしょうけど。DPFは僕も若干の不安を感じています。NOx除去装置もそうなんですけど、今回は結構急ぎましたからね。初期不良がなければいいのですが。

アレスタさん

あの高トルクの運転感覚はディーゼルに乗ったことがないとなかなか分からないかもしれませんね。僕はいまガソリンターボですが、今後もトルクのないクルマは買えないと思います。


投稿: すぎもとたかよし | 2008年9月 9日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/23602650

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産エクストレイル・ディーゼル:

« 雑誌記事:高級ブランドはあり? | トップページ | クルマ散策:クルママニア? »