« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌記事:高級ブランドはあり? »

クルマ散策:若者向けのクルマって?

 少し前の朝日新聞経済面に、トヨタ・ネッツ店の記事があった。

 話としては、奥田社長当時に若者向け店舗として発足させた同店が最近の若者のクルマ離れに悩んでいる、というもの。開店とともに投入したヴィッツは、いまや若者の購入対象になり得ていないと。

 で、打開策としては「値ごろ感のあるエコカー」が若者に受けるのではないか。そして、この秋投入のIQがウケるのではないか、とネッツ店のコメント。うーん、こういう話を聞いていつも思うのは、果たして「若者向け」のクルマって必要なのか、ということなんである。

 ネッツについて言えば、bBとかイストとか、ああいうのがつまり若者向けに考えたものなワケでしょ。けれども瞬間風速的には売れたものの、いまや不人気車リスト入り。じゃあ、これは単に若者向けの読みが甘かっただけなのか、というとそれも違うんじゃないのかなあと。

 僕は「若者向け」なんていう考え方自体がおかしいと思っている。そんな発想でクルマを作ってしまうことはバカげていると感じている。

 たとえば、自動車先進国の欧州市場を見ても「これは若い人向けです」なんていうクルマなんてほとんど見ない。斬新で意表を突くスタイリングのクルマは多いけれど、べつにそれが若者用ということはない。じゃあ、収入や貯えの少ない若者はどうしているかといえば、安い中古を買うか、新車でも廉価のエントリーカーを買うわけで、その車種自体は特別じゃない。

 たとえば、初代のプリメーラは欧州市場を意識した硬派のセダンだったけれど、走りの良さもあってか結果的には多くの若者も購入したでしょ。もちろん中古でも人気があるし。

 つまり、妙に若者に媚びるのではなく、まっとうに筋の通ったクルマを堅実に作っていれば若者は勝手に買うのではないか、ということ。これはべつにクルマに限った話じゃなくて音楽やドラマ、映画なんかもそうだけど。

 若者向けとか女性向けとか、そういうマーケティングに染まったクルマは一瞬だけワッと新規開拓者を生むけれど、結局すぐに飽きられるし後にも続かない。そういうやり方ばっかりやってきた結果がいまのクルマ離れの一因なんじゃないのか? もう何だかやたら細分化された無数の商品をバラまいて、結局わけが分からなくなって興味を失くすという。

 じゃあ、普通に大人向けのクルマはどうかといえば、それはそれでオヤジ向けみたいなマーケティング商品になっちゃっていると。つまり本物が見当たらない。

 あ、ちなみにIQが商品として若者の目にヒットするかどうかは分からないけれど、プレミアムだ何だなんていうチンケな売り方は違うと思うけどな。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌記事:高級ブランドはあり? »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

気だけは若いつもりのyadです。

若者の車離れと言いますが、これが普通なのでは、という気もします。今だって車好きの若者は沢山いますし(特に地方中心に)、都会に住んで必要性が薄ければ、限りある金を他のことに使いたいのは当然です。最初から車があって当たり前の世の中に生まれてきているので、特に憧れなんて持ってない。興味がある人と無い人がはっきりしただけで。

すぎもとさんは初代プリメーラの例を度々出されますが、あれからもう20年近く経っています。社会情勢も若者気質も変わりました。今同じような車が出たとしても、到底若者受けするとは思えません。「走り」に関心がない若者が増えたからこそ、車が売れないのではないですか。

じゃあそういった層へどうやって売るか。車そのものへの興味が無いんだから、安くて便利でお洒落な道具をアピールするしかないのかな。もうハンドリングやエンジンのフィーリングとか、どうでも良いのです。だって最低レベルはどれもクリアしているし。軽トールワゴンやミニバン人気はその現れだと思います。いっそデザイン手法も、もっと車から離れてみればと思うのですが、ごく一部を除きなかなか思い切れないのは、見ていて歯痒いですね。

あ、個人的には、マーケティング主導の作り方は私も嫌いです。車に限らず、ユーザーに媚びないで、作り手が良いと信じて作ったものが好き。「まっとうに筋の通ったクルマ」、良いですね。でも多分、そんなのを求めるのは所詮少数派なんですよ。

勿論、自動車メーカーが家電製品じゃなくて「車」を作り続けたいんだったら、そんな若者の中の少数派に向けて、「走り」を手軽に楽しめる車を出し続ける様な努力は必要だと思います。それで今後情勢が大きく変わることもないでしょうが、やらなきゃ更にジリ貧ですから。

長文失礼しました。

投稿: yad | 2008年9月 4日 (木) 12時46分

最近僕のグループの若い子が
「自分の車もう直ぐ車検なんです、次のお勧めの車ってなんですかね?」
と聞いてきます
「そんなモン人に聞くもんぢゃないで」
と自分は答えますが
そろそろ替え時ですからと車屋に言われたからという理由で乗り換えようと言うんです

彼らは自分が欲しい車のカタチがハッキリしないようです
まさに車離れの人種ですが、ちゃんと走れて、そこそこ人が乗せれて、燃費が良くてetc・・・要求だけは盛りだくさん

今も昔も若者向けの車だから・・・と言う理由で選んでる人はいないと思います
若い独身だってクラウンやワゴンに乗るし
中年だってMR-Sに乗るし
その車種は方向的にそっち向けかな?
程度の雰囲気が少しだけ有ればいいと思います
選ぶ側がどう捕らえるかが問題で、造る側との意識の合致なんか必要ないと感じます

現に、自分は何が欲しいのか解からないと言ううちの若者でも僕のイルムシャーはカッコイイですねと言ってくれます
新車だったら買うそうです

投稿: 嶋次郎 | 2008年9月 4日 (木) 20時27分

全くもって同感です。
20数年前、まだ免許も取れない年頃に憧れたクルマ達は皆輝いていました。特定の誰かに向けた商品ではなく、一個のクルマとしての本質をついていたからでしょうか。

メーカーがユーザーに媚び出したらもう終わりですね。それをトヨタという企業がやってることに絶望感を感じます。

投稿: アレスタ | 2008年9月 4日 (木) 21時53分

iQ売れるのでしょうか? ツインは売れなかったのですが。日本向けとは思えない。軽自動車じゃない小さな車はポルテやパッソなど、いろいろ持っているでしょうに。さすがにやる気が違うね、天下のトヨタは。ホンダのハイブリッド「インサイト」がほとんどプリウスのパクリのようなスタイルで出ましたね。「やってみたかったんだ、後出しジャンケン」。そう言うホンダ関係者の暗い笑顔を想像してしまいます。

投稿: 優路 | 2008年9月 5日 (金) 15時13分

yadさん

プリメーラを例にしているのは走りがいいからということではないんです。スタイルも、パッケージングも、そして走りもすべて手を抜いていない、かつ奇をてらわない「まっとうなクルマ」「バランスのとれたクルマ」ということですね。本来そういうクルマばかりなのが当たり前の筈では?とうことです。したがって若者のために「走り」を意識したクルマが必要だとはまったく思いませんよ。
クルマからはなれたスタイルとは? たとえばモーターショウに出る宇宙船みたいなものですか? そういうものが必要でしょうか?
まっとうなクルマが売れないのではないか、と思うのは、まっとうじゃないクルマばかりが溢れてしまった現状が当然だと考えるからではないでしょうか? メーカーがマーケティングなんてものでそんな市場にしてしまった。しかし、もしメーカーがまっとうなクルマで勝負するようになれば、ユーザーはそういうものだと思うのではないでしょうか? 非人道的な記事を書く週刊誌、知性のかけらもないおバカ番組を作るTV局。彼らの言い分は決まって「読者(視聴者)が望んでいるから」です。しかしそれはウソであることは明白です。

嶋次郎さん

そうなんです。人それぞれ勝手に選ぶものなんです。だから、メーカーは下らない細分化はやめて、普遍的でバランスのいい、本当に美しいクルマだと思えるものだけを作っていればいいんです。そこから良循環が始まることを信じるべきだと思います。

アレスタさん

マーケティングのトヨタは、つまりそれを完全にコントロールできると信じている、あるいはいたのでしょう。ところがどうも上手く行かないので騒ぎ始めたということでは?

優路さん

IQ、あれは21世紀版のヴィッツなのでは?という気がします。つまり、欧州市場を狙った本気の次世代コンパクトカー。だから軽のある日本で売れないことも想定しているんでしょうね、きっと。プレミアムだというのなら、手薄のレクサスにすればよかったのに。セレブのセカンドカーで。


投稿: すぎもとたかよし | 2008年9月 5日 (金) 22時09分

すぎもとさんが書かれているのは、あくまで車好きな人の視点からだなあと思いました。自動車業界が悩んでいるのは、それ以外の大して車好きでもない大多数に車が売れない、あるいは車好きが減っている、ということですよね。
「まっとうなクルマ」が必要なことに異議はありませんが、それは結局、既に存在する車好きの中での評価が殆どで、本質的に車に関心が薄いような若者に対する波及効果は、非常に限定的なのではないかと思います。もしそれだけに拘っていたら「良循環」がゆっくりと始まる前に、車を取り巻く社会と車そのものが、更に変化してしまっているように思います。
じゃあどうすりゃ良いんだと言われれば、私の考えは先にも書いたとおり「こんなもんでしょ」です。業界内の人がこれを言うのは許されないでしょうが、私は外野なんで気楽でごめんなさい。海外旅行も若者離れで困っているらしいし、結局お金がない、さらに将来にも期待が持てないのが原因なので、それが解消されない限り変わらないでしょうね。トヨタに率先して期間工の賃金アップでもしてもらいましょうか。

車から離れたスタイルがあっても良いのではと言うのは、特にミニバン等に関してです(ハンドリング云々についても。あえて極論です)。タイヤの付いた箱に、何であそこまで画一的な旧来の車らしさを適用するのかと。例えばキューブのようなチャレンジがもっと欲しいですね。
いや、正直ミニバン以外だって、もっとチャレンジがなされるべきだと思っていますが。別に宇宙船だって良いですよ、宇宙船しか存在しないのでなければ。最近の車は国内外含め、デザインがかなり行き詰まってきていませんか?。安易に過去の引用に走りすぎですし。少なくとも私は、感銘を受けることが非常に減っています。

初代プリメーラ、私も嫌いじゃないですけど。ただ当時スタイリングに関して気になったのは、ちょっと新鮮さに欠けるのと、オペルに似過ぎじゃないかということです。

度々長文ですみませんでした。今回はこれで終わりにします。

投稿: yad | 2008年9月 8日 (月) 12時29分

すぎもとさんが言って見える 若者向けの車の論理は半分当たりで 半分的外れではと感じます。

まず 話題のIQですが おそらく この車を買う若者は少ないでしょうね。この車に200万円近い額を投じるなら プリウスの中古を探すと思います。
おそらく このIQの主要ユーザーは高齢者と子育て主婦がメインで軽自動車との比較になると思います。

私の住む愛知は 日本有数の自動車県ですが、車は必需品であり老若男女なくてはならないものです。その地域でさえ若者の自動車への関心の低さは顕著です。必需品ですから若者は車を買いますが、それは足としてであり、ある意味何でもいいのです。
父親の乗っていた クラウンの中古でも、エスティマでも ロードスターでも・・・
もちろん 自動車系列の会社に勤めても、予算にそって そこそこ燃費が良くて走ればOKという若者が多いことも確かです。

バブル期に空力がどうだ・・・ 足回りは・・?、 オーディオは?といった関心は携帯電話には気が向いても自動車には関心が向きません。自動車雑誌をめくる若者がいかに少ないことか・・・

若者向けのと称される 車は基本的に高すぎます。安くて若物の感性をくすぐるとしたなら 昔のホンダがだした シティのようなインパクトが必要なのかもしれません。

投稿: くんた | 2008年9月13日 (土) 23時09分

くんた さん

こんにちは。
IQは欧州を中心に売れればいいと考えているんじゃないでしょうか、トヨタは。日本はそこそこ話題が取れれば御の字で、何かの間違えでヒットすれば儲けものってことで。
若者がお父さんの「お下がり」に乗るって、僕的は非常に健康的に聞こえます。少なくともバブル期みたいにシーマだセルシオだ、なんていうよりは。最初はそれでいいんじゃないでしょうか? もちろん、そのまま興味を持たず、いずれ乗らなくなってしまうのはマズイと思いますけどね。
メーカーはマーケティングで(若者向けに)色々作る、雑誌はそれを応援しまくる・・・のになぜ売れなくなったのでしょう? なぜメーカーべったりの雑誌が休刊の追い込まれるんでしょうか。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年9月14日 (日) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/23472547

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:若者向けのクルマって?:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 雑誌記事:高級ブランドはあり? »