« クルマ散策:民放TVがあぶない? | トップページ | クルマ散策:マツダフォーラム »

雑誌記事:マガジンX・11月号

Mag11  マガジンX、11月号発売になりました。

 記事は前澤義雄氏との連載ですが、実は今回で最終回となりました。連載としては4回、最初の全メーカーイッキ斬りを入れると5回で、いずれにしても短かったですね。

 連載終了の詳細な理由は書けませんが、前澤氏も僕も続けたいと思っていましたし、読者の方からもご好評をいただいておりました。しかし、そういうこととはまた別の次元で物事が決まったりするのがこの世界、ということでしょうか。

 前澤氏の話はいつ聞いても面白かったので、この企画は何らかの形で再現したいですね。

 最終回は、ダイハツのコンテです。すでに発表になったワゴンRをはじめ、これからが新車ラッシュだったんだけどなあ・・・。

|

« クルマ散策:民放TVがあぶない? | トップページ | クルマ散策:マツダフォーラム »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

編集長が変わったからでしょうか?
以前不評だったライターが復活したり、肝心のスクープ記事が更に減ったり、瞑想している感が否めませんね。

批評としての軸をもう少し明確化して、Web媒体での連載か、単行本化などでぜひとも復活していただきたい企画です。

応援しています。
がんばってください。

投稿: 餅 | 2008年9月27日 (土) 11時22分

ムーブ・スノコンテの評価おつかれさまでした。ボンバー氏復活などMAG-Xの現場にも「揺らぎ」が見え始めましたね。出版不況、紙代高騰の中ですが、頑張ってほしいと思うのですが。この雑誌は10年以上、毎月買っています。新車スクープもいいですが、私は自動車業界への批判雑誌としての存在価値を認めています。「ざ・総括」がメーンだと思いますが、今月のトヨタ批判(?)はまだ少し腰が引けた感じ。社内別雑誌への影響を考えたのでしょうか? 
ヨイショではない健全な批判が何事にも必要。舌鋒鋭く頑張ってほしいと思います。

投稿: 優路 | 2008年9月29日 (月) 16時11分

餅さん、優路さん

マガジンXは自動車雑誌不況のなかでも販売数は健闘していますので、その分色々と思惑があるのかもしれませんね。

デザイン連載は終わりますが、また何らかの形で掲載できればいいと思っています。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年9月29日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/24048866

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:マガジンX・11月号:

« クルマ散策:民放TVがあぶない? | トップページ | クルマ散策:マツダフォーラム »