« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:ギャランフォルティス・ラリーアート »

クルマ散策:九州ドライブ

Kyushu1  ちょっと前ですが、九州に行って来ました。

 今回のテーマは「スピリチュアル&グルメ」というでたらめなもの。オーラな江原さんは長野の戸隠と九州の高千穂を日本の2大パワースポットと紹介してますが、この高千穂に加えて「こちらこそ本当の天孫降臨だ」と主張する霧島の2ヶ所が旅の前半。

 高千穂盆地や天岩戸神社の神秘的な雰囲気もいいですが、霧島の狭野神社の清々しさも素晴らしかったです。写真の高千穂峡は単純に観光としてよかったです。

Kyushu2_2  阿蘇ではブランド牛の「あか牛」のステーキを食べたり、やまなみハイウェイを走ったりと能天気な観光でした。宿は温泉好きに「ポスト黒川温泉」と密かに呼ばれている「わいた山温泉」で。町中いたるところから蒸気が噴出するほど湯量が豊富ところで、温泉好きにはたまりません。

 このわいた山のある小国町は蒸気で蒸した地鶏やジャージー牛の乳製品が特産。後半のグルメというテーマを存分に味わいました。

Kyushu3  今回レール&レンタカーで借りたのは新型のデミオ。もちろんリクエストで。

 最初は低いウエストラインに戸惑いましたが、いやー、いいですねデミオ。ま、レンタカーですから1.3の廉価版ですけど、キビキビしてるし安定感もあるし。スイフトの硬質感とはまた違って。

 全行程で850km走りましたが、腰が痛くなることもなかったですね。ただ、内装がチョット。いや、いまどきの複雑な成型パネルって、グレードによる素材の差が大きいんですよね。上級版のアルミやらの加飾を前提としているから、そういうのがない廉価版だと急に安っぽくなるし、妙に複雑さだけが残る。

Kyushu4  この外寸にこのスタイリングにしては後席も十分実用的でした。販売的にも成功しているようですから、国内向けに省いちゃった制御装置や、昔ながらのグレードの装備・質感差を解消するくらいのことをマイナーチェンジでやってもいいんじゃないかな。

 そうそう、九州は暑かったですけど、東京の湿度の高さの方がよほど不快なことが分かりました。これは異常ですよ。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:ギャランフォルティス・ラリーアート »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/22903864

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:九州ドライブ:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:ギャランフォルティス・ラリーアート »