« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | Drive My Car:長野出張 »

新車心象風景:マツダ・ビアンテ

Viante  5月の末に発売前のビアンテをここで取り上げましたが、そろそろ振り返ってみる時期かと思います。

 エクステリアデザインについては10名の方からコメントをいただきました。是非で分けると以下のような感じです(お名前は控えます)。

 ○=トヨタや日産と違う勝負をしている ○=トヨタを追っても仕方がない。大胆でいい ○=否定はしないが騒ぐほどのものじゃない ○=テールランプが主張していていい。すぐ慣れるカタチ ○=ちゃんと”デザイン”されている ○=志はいい。ライバルと一緒ではダメ △=なんとも言いようがない ×=基礎力のあるマツダらしくない ×=リアがきらい。ドンくさい ×=小手先のカタチ。もっと飽きないものを・・・・・・ということで肯定6、否定3、その他1、ということでした。

 で、雑誌での評価ですが、今回はいままでとチョット違う展開になってますね。ベストカーなどでは、編集部員の大半が「これはちょっと・・・」という記事がありましたが、その他については明確な拒否反応があまり見当たらない。じゃ、皆がこのスタイルを受け入れているのかというと、どうやらそうじゃないみたい。

 ビアンテの新車紹介記事がいままでと違うのは、多くの場合でチーフデザイナーが何らかの形で露出していたこと。あんまりないでしょ、そういうクルマ。これは想像ですけど、たぶんマツダはこの特徴あるデザインに相当の戸惑い(あるいは反発)があるのを想定して、最初からチーフデザイナーに多くを語らせたんじゃないかな。コンセプトはこう、ここはこういう意図で、ここがこう新しい、とか。ま、自信のあらわれでもあるかもしれないけど。

 そういうことをメーカーにされたら、たいていの雑誌は「そうですね、アクティブですね、斬新ですね、これもアリですね」と書くわけですよ。それに逆らってまでダメ出しなんてとてもできないと。僕が各誌の記事を読んで感じたのはそういうことでした。皆さんはどう感じられたでしょうか?

 で、僕はビアンテ基本的にいいと思います。コメントにもいただきましたが、ライバルと同じことをやっても勝負にならないし、意味もない。だったら近年のマツダデザインをそのまま箱形ミニバンに盛り込んじゃえ、というのは間違いじゃないと。例の三角窓へ続く部分は完全にギミックだと思いますが、そのギミックの処理が結構上手かったとも思います。ただ、受け入れられないことが2点あるので条件付です。

 まず、前後のブリスター処理はどう考えてもうるさくて余計。これはそれこそ前澤氏と同じ意見で、あえてこれを取ってみれば相当スッキリすると思います。それからCSという廉価グレードあるんですけど、これが酷い。たとえば上級グレードに施されているグリルの横バーや、各部に用いられてアクセントになっているメッキ枠が省略されていて、結果、本来のデザイン意図が完全に消えてしまっている。

 デザインで勝負さ! という姿勢でやっておいて、いくら廉価版とはいえこういう手抜きモデルを平然と作ってしまうのはまったくイケナイですよ。コスト云々を言うんだったら、最初からエラそうなことを言ってはダメ。それこそデザイン軽視もはなはだしいもの。この2点がクリアすればねえ・・・。

                     

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | Drive My Car:長野出張 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

前澤氏の指摘もそうですが、全体的な造形で勝負しながら、ディテールも妙に力が入っていて、余計に詰め込み過ぎた感じがしますね。
それと最近のトレンドなんでしょうが、フロントマスクやフロントフェンダーなど前方のデザイン処理に力は入っているんですが、後方に行くほどばあっさりしていて、どこか力を抜けているように思いますね。
せっかく迫力あるフロントマスクがあるんだから、テールの処理も反復してしっかりしたものだったらよかったですね。
ミニバンの購入決定には、実際に使用する若い夫婦以外にお金を出してくれる夫婦の親の意見もあるようです。
エスティマみたいな未来志向のデザインが好かれる背景に、意外とその親御さんの好みがあるようです。
マツダもその点を意識してビアンテをデザインしたのかもしれません。

投稿: アクシオム | 2008年8月21日 (木) 08時19分

この車は「スポーティ」の演出が似合わないプロポーションだと思うんです。こんなに真四角のプロポーションじゃ、どんなにデザイン要素を詰め込んでもうるさくなるだけ。タイヤも小さいですし。

先代ノアが古さを感じさせなかったり、デリカD5が今でも新鮮に見えるのは、四角いプロポーションを活かしたディテールを盛り込んだからではないかと思っています。

ステップワゴンとオデッセィ、エスティマとアルファードの棲み分けを、ビアンテは欲張って一緒にしてしまったんでしょう。

投稿: LANDY | 2008年8月21日 (木) 10時40分

廉価グレードのやり方は頂けませんねぇ。
確かマイチェン前デミオは普及グレードでもタコメーターが無くて、枠だけがポッカリ空いてたなぁ。切ないほどに安っぽく見えましたよ。

私がビアンテで気になったのはCMです。アレだけ斬新な外見なのにあのCMはなんだと(笑)
ミニバンなら何でも使えそうな内容ですよね。劇団ひとりの使われ方も安っぽさを際だたせるだけのようで、正直彼が気の毒に思えました。

投稿: なおすけ | 2008年8月22日 (金) 00時00分

リクエストにお答え頂きましてありがとうございました。

発売1カ月で6000台を受注したとかで、近年のマツダではスマッシュヒットといったトコでしょうか。もっとも、この台数が維持できればでしょうけど。

街中でもボチボチ見かけるようになりましたが、車列に沈むでもなく、かと言って意外と浮いている訳でもないのはちょっとした驚きに感じました。
もしかしたら、ブリスター処理のあくの強さも狙って意図したものかも知れませんね。まさかとは思いますが。

マツダはロードスター以降、関係者の方を良く登場させてますよね。最近食品でも流行のトレーサビリティって事でも無いでしょうが、意図が明確かつ正確に伝達できるのですから、良い事ではないかと思います。
その辺りも『ライバルと同じことをやっても勝負にならないし、意味もない。』と考えてやっているならば、恐るべしマツダ。だと思います。

投稿: gilles | 2008年8月24日 (日) 21時56分

アクシオムさん

フロントに比べてリアが・・・というのは僕も感じています。多分フロントには流行になる分かりやすい手本が色々あるけど、リアはそういうものが少ないのが原因ではと。つまりクルマのリアってどうあるべきものなのかを把握できていないのでは?

LANDYさん

うるさい、というのは前澤氏と同意見ですね。タイヤが小さいというのはアルファードもそうかと感じていました。当たり前ですけど・・・。

gillesさん

背中を押していただきましてありがとうございます。1ヶ月で目標の2倍、というのは微妙ですね。絶好調とはいえない数字です。
僕はまだ街中で見ていないのですが、意外に浮いていないというのは面白い話です。あそこまでやったのだから、是非はともかく目立たないと意味がないですもんね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年8月25日 (月) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/23119785

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・ビアンテ:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | Drive My Car:長野出張 »