« クルマ散策:九州ドライブ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:ギャランフォルティス・ラリーアート

Galan  惜しいなあ、これ。

 ランエボじゃちょっとねえ、というお父さん向けに、ターボパワーとツインクラッチMTを奢った元気なフォルティス。その考え方はいいと思う。でもねえ。

 まずボンネットが惜しい。ランエボじゃちょっとねというヒトは、元気な走りは欲しいけどいわゆる「走り屋ルック」は御免という考えなわけでしょ。けどね、このタイプのエアアウトレットこそが何と言っても「走り屋」を演出するんであって、それ持って来たらダメでしょう。レガシィあたりのエアインテークとは全然イメージが違うからね。これだったら、ノーマルボンネットに小さなリアスポイラーの組み合わせの方がよかったんじゃない?

 あとラリーアートっていう名前ね。アテンザの”マツダスピード”もそうなんだけど、なんでこんな特殊な名前にするかな? 何て言うか、やっぱり改造系連想しちゃうでしょ。フォルティス・ターボじゃダメなのかね。

 たぶん企画としちゃあBMWのMとか、アウディのRSとか メルセデスのAMGとか、その辺のイメージなんだろうけど、だったら見た目も名前もしっかり参考にすればいいのにと思う。

 この子供っぽさが、惜しい。

 

|

« クルマ散策:九州ドライブ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

そもそも同じクルマをエボリューションをランサーとして、ノーマルをギャランフォルティスとして売ること自体ちんぷんかんぷんですよね。海外向けと同じくランサー1本でよかったよ思うんですが。
名前だって「ギャランフォルティスラリーアート」という非常に長ったらしいし…

結局ラリーアート用に専用のボンネットをつくるだけのコストや性能確保が難しかったんでしょう。
お父さん向け、大人向けの品のいいスポーツバージョンというより、ランエボじゃ高価で台数もさばけないから、廉価版として設定したと解釈した方がよいかも知れませんね。

投稿: アクシオム | 2008年8月14日 (木) 23時36分

私もランエボとギャランフォルティスの住み分け自体意味不明だと思います。
ランエボはボチボチ見かける様になりましたが、ギャランはほとんど見かけない事実を見ると、ランエボとギャランに分けた事すら失敗だったのではないかとも思えてきます。


「ギャランフォルティスラリーアート」より、先代ランエボのGT-Aの方が余程筋が通っていたように思えます。


「M」や「S」や「AMG」と同軸上を狙うには国産メーカーのやっていることって子供っぽいですよね。
アテンザしかり、IS-Fしかりです。


ところで、そろそろビアンテの総括をお聞かせ頂ければ嬉しいです。
あの車をどの様に評価されるのかとても興味があります。

投稿: gilles | 2008年8月15日 (金) 21時15分

「穴」は飾りじゃなくて機能的に意味があるんじゃないですか、インタークーラーの冷却用に。明白に演出用の飾りなんですか。

ラリーアートは昔から三菱のラリー部門を担ってきましたからラリーファンには馴染みの名前ですよ。三菱の子会社ですし違法改造を助長するようなものを売ったことはないはずです。

子どもっぽいというなら機能と全く無関係にメッキ部品をすべて黒塗り、仰々しいエアロパーツをまとっていた昔のAMGのほうがよほど子どもっぽいといっていいでしょう。AMGを控えめ上品路線にしたのはメルセデスが子会社化してからのことです。

受ける印象は人によるとしても、500psオーバー、大台を軽く超える値付けの欧州高性能車ラインと同じ印象の仕立てを三菱がしていないからといって、「子どもっぽい」などと揶揄しなくてもいいんじゃないですかね。ちょっとすぎもと氏らしくない書き方にも思えるのですが。

投稿: P | 2008年8月18日 (月) 15時24分

アクシオムさん

品のいい大人向けと言うより、ランエボの廉価版というのは鋭いですね。ま、それはそれで悲しい発想ですけど。ランエボを買う人はひとにぎりのマニアなんだから、名前で左右させないとは思うんですけどね。

gillesさん

そうですね、名前を分けたこと自体も失敗だったかもしれませんね。ま、そもそも異常ですけど。ビアンテ、そろそろですね。

Pさん

色々ご指摘ありがとうございます。「穴」はやり方次第かと思いますが、その他色々と参考にさせていただきたいと思います。ありがとうございました。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年8月18日 (月) 18時15分

>gillesさん

子供っぽいの境界線は人によってまちまちかも知れませんが、
ツアラーV、R34までのGTR、ホンダのRは大人しい方かと思います。リアウイングが無ければ。

>Pさん

もしかしたら鋳鉄ブロックなら「穴」は無くてもトラブルは防げるのかもしれません。
「穴」の存在と日本車と欧州車の耐久性の差の関係性もどうなんでしょうね。

投稿: llll | 2012年3月 4日 (日) 02時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/22945354

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ギャランフォルティス・ラリーアート:

« クルマ散策:九州ドライブ | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »