« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アルファード・ヴェルファイア »

新車心象風景:プジョー308

Pg308  ジリジリと国内販売台数を減らしつつあるプジョー。何か失礼なモノ言いだけど、飽きちゃったんじゃないだろうか、と思う。

 206のスマッシュヒットは、コンパクトながら伸びやかで、かつ愛らしい独創的なスタイル、豊富なカラー、MTの積極的導入、そして手頃な価格が揃ったからだろうと思う。そこにフツーの女性が振り向いたのも大きかったし。

 206は世界的ヒットだったから、その栄華をそのまま継続させたいのが人情。そこで端正な306がツリ目の307になり、207がさらにツリ目をきつくしたのも仕方がない。けれども、308がよりツリ目を長くしただけで出てきたのはちょっとどうかなと。

 口が大きくなったり、ボンネットのVラインが強調されたり、エンブレムが巨大になったり、部分を見ればそこそこ変えてはいるんだけど、全体としてはほぼ同じ。とくにウインドウグラフィックをはじめとしたサイドは全く変わってないように思えてしまうくらい印象が同じ。

 一貫性を持たせるのは悪いことじゃないけど、その中で確実に変わったと思わせるか、全然変わってないと思わせるかは結構微妙な味付けなんだと思う。一貫性重視のBMWやアウディはそのさじ加減が絶妙なんである。しかも、プジョーは高級車のように指名買いを続けるクラスのクルマじゃないのも痛い。

 かつてのプジョーはピニンファリーナが顧問となっていたけれど、206の成功で社内デザインに大きく舵を切ったんだと思う。けれども、その206から脱却をするだけの新提案がないまま3台のモデルチェンジが続いてしまった気がする。

 プジョーは最近、何と22年ぶりにチーフデザイナーが交代されたらしい。その一番の理由は分からないけれど、この交代劇において308は過渡期の作品に違いないと思う。だから勝負は次なんだろう、きっと。

 それまではやっぱり販売台数が微減して行く気がするんだけど、206がそうであったように、確実に「いいもの」ができればちゃんと市場は反応してくれると思う。妙な小細工じゃなくて、骨太な新提案を新しいチーフデザイナーが提示できるかどうか、なんである。

|

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アルファード・ヴェルファイア »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

アイデンティティを強化する意味では、今回の308はプジョーとしては妥当ではないでしょうか?ただし、旧来のコンサバティブな層からは嫌われそうなデザインですが…
僕の周りにも206を乗られている方がいますが、207はやはりついていけないようです。
最近ではシトロエンよりエグくなっていますが、決してアバンギャルドな個性ではないし、フロントのフェンダーとバンパーの処理もちょっとちぐはぐですね。
ピニンファリーナも最近ではプジョーから縁遠くなっていますが、仮にピニンが手がけていたとしても、最近のヨーロッパの癖のあるデザイン傾向を見ると、必ずしも以前の205や206あたりのデザインが出てくるとは思えませんし。
それにしてもピニンは最近調子悪いですね。
ケン奥山氏を解任してからなおさらですね。
最近は、どこもカロッツエリアは調子が悪いし、カーデザイン全体が低調な気がします。
この間のミーティングで、某社デザイナーがデザイン系の学生の間でカーデザインの人気がなく、そこへ来てトヨタが学生を青田買いするので困ると嘆いていました。
そういう話を聞くと少々暗い気がしますね。

投稿: アクシオム | 2008年5月14日 (水) 10時48分

今にしてみれば、306~307(前期)辺りの
デザインが一番まとまりがあったんだなぁと
思えますね。

もっとも、ヨーロッパ車全体のデザインが
えぐい感じになってきているところを見る
と、今回の308もその流れに沿ったものと解
釈出来るんでしょうけども。

同じ事はVWやAUDI、それとMBでも言えそう
です。

ワッペングリル採用前のVWやシングルフレ
ームグリル採用前のAUDIはそんなに押し出
しが強くなく楚々としていたんですけど、
何故か現行モデルでは揃ってえぐいエクス
テリアになってしまい、次どうなるのか?
を心配しちゃいます。sad

MBについても、最近のCクラスやCLクラス
のフロントが厳つくなったんですけど、ど
うもステータスと言うよりも、ちゃちに感
じられちゃうんですね。

今後の全体的なデザインの流れがどうなる
のかは定かじゃありませんが、厳ついもの
をヨシとする流れはこの辺でストップして
もらいたいなぁと思いました。

投稿: ぽち | 2008年5月14日 (水) 21時08分

アクシオムさん

ピニンファリーナは創設者自身が引っ張っているワケじゃないのがやっぱりツライところですね。今後はアジア圏に活路を見出すようですが、これはかつての日本車と同じ状況ですね。ベルトーネはついにダメみたいですし・・・。

ぽちさん

社内デザインが一律悪いとは思わないのですが、やっぱり目先の流行に流される傾向にあるように感じます。深みがないと言うか。
アグレッシブなのもいいんですが、一過性っぽいのはいただけないです。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年5月14日 (水) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/20939804

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:プジョー308:

« 雑誌記事:今日の取材 | トップページ | 新車心象風景:トヨタ・アルファード・ヴェルファイア »