« 新車心象風景:トヨタ・アルファード・ヴェルファイア | トップページ | クルマ散策:デザイン・フォーラム »

雑誌ナナメ読み:女性の意見?

 ベストカー誌でのトヨタ、ダイハツ、富士重協力関係合意特集。いや、今回は媒体ではなく、評論家の話。あれこれ記事があって、後ろの方に自動車評論家3名の意見を聞いているページがある。

 日下部保雄氏はトヨタの資金や技術を利用できるということで肯定。渡辺陽一郎氏はOEMで不振になる軽が上級車の足も引っ張るだろうということで否定。で、岩貞るみ子氏である。氏は大きく嘆くスバリストに向かってこう言い放っている。

 「この提携がよかったのか悪かったのか判断するのは、どんな結果を出すかを見てからでしょう」

 信じられない。この人には評論家として”状況分析”とか”取材”とかという思考はないのだろうか。結果が出てからなら誰だって判断できる。それを何でわざわざいま評論家に聞いているのかと言えば、専門家として現状で考えられることを聞くためでしょ。

 「軽自動車に関しては予算がないのか人がいないのか知らないけど、とにかく後手」

 知らないんだったら聞かなきゃ。取材してないんだったらこういうこと言っちゃダメだよ。その時間もないんだったら、せめてどう「後手」なのか、どうすればいいのかくらい提案しなくちゃ、何も中身がないじゃん。

 「軽自動車はやめて、スバルならではのクルマ作りに限られた資源を集中するのは当然」

 軽自動車だって「スバルらしさ」があるでしょ。レックスだって、プレオだってRシリーズだって。その軽がOEMでどうなの? って話でしょう。

 現行軽自動車がつまずいた。上級車種も思ったほど売れない。じゃあ、不振の軽はやめて、そのお金を上級車に回そう。今後の莫大な開発資金やラインナップを考えて他社と協力関係を深めよう。

 これはスバル自身が決めて発表したこと。つまり彼らの考え。けど、この岩貞氏が言っていることは単にそれをなぞって代弁しているだけで、評論家としての自己判断や意見がどこにもない。それなのに何だか居丈高。

 まあ、とにかく何もかもイヤ、全部反対、なんていう子供っぽいスバリストに「しっかりしなさい!」と言いたい気持ちは分かる。それと、最近出てきた数人の女性評論家が従来の狭いオタク的発想に陥らないところは評価している。けど、それにしたって中身がなくちゃダメでしょ。これじゃあ仕事にはなっていないよ。

|

« 新車心象風景:トヨタ・アルファード・ヴェルファイア | トップページ | クルマ散策:デザイン・フォーラム »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

スバルがトヨタの実質子会社になり、現に軽
四輪生産をフェードアウトさせるところを見
ると・・・今後、スバルならではの車作りが
もっと出来なくなるんでしょうね。

もしかすると、2リッタークラスまでのスポ
ーティーな車をスバルに作らせて、トヨタは
スポーツ系の車の生産から完全脱却ってこと
ならば、メリットはあるでしょう。

>「この提携がよかったのか悪かったのか判
>断するのは、どんな結果を出すかを見てか
>らでしょう」

これなら確かに評論家は要りませんね。
どんな結果になるか?外れても良いから予想
するのが評論家氏の仕事だと思うんですけど
ね。

投稿: ぽち | 2008年5月19日 (月) 23時11分

スバルって、
味のある車を作る会社だと思ってたんだが、
桜満開会社のトヨタとくっつくんでは、
枝切り梅、それもジュワッとした日陰に咲くあだ花になりそう。

元々中島飛行機なんだからニッサンとでもくっついた方がとは思ったが、
ニッサン 他人のふんどしなんか洗う余裕無いだろうし。
でもスバルらしさを残すんだったら、
こっちの方が良い。

車の評論家って、最近の伏木なんかもそうなんだが、
メーカー持ち上げて何ぼって銭勘定しかしてねぇんじゃ無いかって思うのであります。
商売だから仕方ないかととは思うのだが、
それだったらもう少し勉強をして語彙を増やしてもらいたいものだネェ。

さっきドライバーを買って来たんでね、
これからゆっくり見ましょっと(^^♪

投稿: 佐衛門 | 2008年5月20日 (火) 15時44分

このエントリの主題からはちょっとずれるのですが、
今後のスバルは普通車に全力投球といえば聞こえはいいですけど、その普通車だって軽を買ったユーザーがインプレッサやレガシィへの上級移行をしているから普通車が売れるという面もありますし、あるいはレガシィやフォレスターを持っている地方に暮らす家庭が二台目の足代わりにプレオやステラを買ったり農作業や自営業の道具用にサンバーを買うとか、(スバルの4WDを必要とする人は雪国などに住む人の割合が多い=車が不可欠な地域で暮らしてる人が多いから下駄代わりの軽を複数所有知る人も多いですし)スバルの場合同じメーカーのラインアップの中で普通車と軽が両方あるおかげでユーザー層の裾野がここまで広がったという面もあるので、今回の決定でラインナップの基底を支えエントリーユーザー向けとなる車種ラインナップが消えたスバルは普通車の販売も細るかもしれません。(ちなみに乗用車では中型のセグメントしか作らなかった会社はいすゞやプリンス・日野・・・スバルもいずれはまさか…と思っちゃいますね。)
それよりなにより、スバルの販売店が困ります。それもスバルの正規ディーラーではない地場資本の個人経営の〇〇モータースみたいな店が打撃を受けるでしょう。こういう店が本当に足代わりの車が必要な地域の人に、安い軽や商用車を中心にスバル車を売ってきたわけですが軽はOEMでスバル独自のクルマは高い普通車しかないとなるとこの手の店の客層に手の届くような純スバル車がなくなる→従来のスバルの客層に車が売れなくなる、わけでユーザー層の裾野が狭まり、販売店もやる気がうせて積極的に売ってくれなくなってますますトヨタへの依存度が高まり独自性が薄まっていくし、会社の足腰も弱まると思います。

投稿: 北狐 | 2008年5月22日 (木) 23時15分

ぽちさん

トヨタはスバルの技術も、それによるイメージも欲しかったのでしょう。失うものはトヨタにはないですね。

佐衛門さん

日産とはかつて関係がありましたが、あまりいい状況ではなかったですね。
伏木氏はまだいい方かもしれないですね。それにしても、消費者に「まあ仕方がないけど・・・」なんてことをこれ程言われる評論家って他にないんじゃ? と思います。

北狐さん

エントリーモデルの欠落はまったくその通りだと思います。販売店の困惑は・・・そのうち記事にします。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年5月23日 (金) 00時03分

一年ぶりくらいにカー雑誌を買ったらちょうどこの号だったので思わずコメントしてしまいました。
自分的には四駆&MTの組み合わせはガチなんでスバルにはがんばって欲しいです。


ところで佐衛門さんの

>ニッサン 他人のふんどしなんか洗う余裕無いだろうし。

「他人のふんどしを洗う」なんて表現ありましたっけ?
仮に「他人のふんどしで相撲を取る」であればニッサンの方が弱者になってしまうし。

投稿: ねぢぃ | 2008年5月23日 (金) 19時24分

ねぢぃさん

はじめまして? でしょうか。
スバルお好きですか? 今後どうすればいいとお考えでしょうか? 是非お考えをお聞かせください。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年5月25日 (日) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/21038125

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:女性の意見?:

« 新車心象風景:トヨタ・アルファード・ヴェルファイア | トップページ | クルマ散策:デザイン・フォーラム »