« 雑誌ナナメ読み:女性の意見? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX7月号 »

クルマ散策:デザイン・フォーラム

Hitotokuruma   サラリーマンの仕事の方で、横浜に行って来ました。

 パシフィコ横浜で開催中の「人とくるまのテクノロジー展」のサテライトイベントである「自動車技術会デザイン部会フォーラム」で、各メーカーのデザイン部長が集まっての講演会といった内容です。

 前半は各社デザイン部長による、自社デザインのプレゼンテーション。今回の参加はトヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スズキの5社でしたが、やはり各々特徴が出ていて面白かった。

 トヨタは例のバイブラント・クラリティとL-フィネス。考え方と同じくプレゼンも堅くて、まるで物理の法則を聞いているよう。一方、日産は中村氏のアドリブ調が炸裂してリラックス気分。でも内容は濃かった。今秋発表予定の新型キューブのチラ見せサービスも。

 ホンダは新時代のMM思想で、何というか具体的な造形のフィロソフィーはなく、最近の少々迷走気味のスタイリングはこの辺に理由があるのかといった感じ。マツダはあの「流れ」シリーズの紹介。つべこべ言わず、モノを見てくれれば分かるでしょうという強気なプレゼン。スズキは「兆し」をメインに新時代の小型車戦略を紹介。シンプル、塊り感など、いま一度、基本からやってますよという内容。

 後半はパネルディスカッション。これは結構期待したのだけど、カー・スタイリング編集長・藤本彰氏の司会進行が全くダメで、せっかくの限られた時間がパーに。経歴はともかく、デザイン論の司会ができないデザイン誌の編集長ってどうなんだろう? そういえば、最近こういう催しを何回か見ているけど、司会が上手かった試しがないなあ。

 今回は自動車技術会主催ということで比較的身内向けだったけれど、今後はより広い層に向け、かつ活発なディスカッションを期待したいと思う。

|

« 雑誌ナナメ読み:女性の意見? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX7月号 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

おや行かれていましたか?
ボクも行って参加しておりましたよ。
トヨタさんはかなりまじめで、それに続いてホンダさん、スズキさんも手堅い発表でしたね。日産さんは、事前の資料を見るとイメージだけだったので不真面目?になるのかと思いきや、アドリブ勝負で、しかもニューモデルの宣伝があってある意味商売っ気がありましたね。マツダさんは、外国人トップゆえに英語でのスピーチに難があり、途中画像が切り替わってから昼寝してしまいました。
でも感性価値創造というテーマ、解り辛いですね。デザインから日本文化発信ならまだしも、感性価値っていう概念がピンときませんね。経済産業省の方は、解り易く説明しようとしているんですが、各社のプレゼンがそれに結びつくかと言えば微妙で…さらにパネルディスカッションはおっしゃる通りの司会でしたから。ここは千葉匠さんを司会に据えた方がうまかったかもしれませんね。会場には来られていなかったので残念です。
それと相変わらずデザイン業界の集まりの雰囲気の悪さは馴染めませんね。もっと一般ユーザーを入れて、国内市場をどうにかしないといけないのでは?
むしろBRICs中心に海外市場で稼ぐためのデザインを考えるとフォーラムにも思えましたね。

投稿: アクシオム | 2008年5月22日 (木) 08時19分

アクシオムさん

まあ、ニアミスですか。僕は最後列に座ってました。仕事でだったので、終了後は前で部長さんに名刺渡してました・・・。
感性の価値化、意図は分かるんですが、いまさら何をって感じでした。日本車は創成期においてすでに魅力的なデザインを行っていたわけで、それを勝手にブチ壊したのはメーカー自身なんですから。
雰囲気の悪さ・・・あの内輪っぽい感じのことですか?

投稿: すぎもとたかよし | 2008年5月23日 (金) 00時11分

確かに創成期のデザインレベルは相当なものだったと思います。今は全世界的にパフォーマンス一辺倒で、複雑な造形を実現する生産技術のレベルが高いのであって、決してデザイナーのレベルが高いとは思いませんね。
それ以上にセンスがいかんともしがたいですね。講演の中で盛んに使われていた調和=ハーモニックが本当に取れているのかと言えば、ぶち壊しているような気がしますね。
雰囲気の悪さは、内輪の感じもさることながら、デザイナーという奇特な方が集まると異様なんですよね。個々に会う分には感じないのですが…普段作業着を来て、現場で働く人間としては、場違いなんでしょうが。

投稿: アクシオム | 2008年5月23日 (金) 08時32分

個別のメーカーにいろいろ言いたいことは有りますが、今回は控えます。

デザイナーのレベルが昔より高いか低いかはわかりませんが、どちらかというとデザイナーよりも、それをハンドリングする経営陣の責任かと思います。デザイナーがいくら新しい造形を提案しても、上層部が根性無しだったりセンスが悪ければ、それで終わりです。

もちろん売れなければ困るので、なかなか冒険は難しいにしても、昨今のカーデザインは退屈過ぎやしないか?と思います。前傾フォルムにツリ目、デカグリルばかりって、そろそろ勘弁して欲しい。あと、高級車でもないのに、上質とかプレミアムをやたら謳うのも。すぎもとさんが以前書かれたように、新しい簡素さの提案とかあっても良いのでは。ま、結局それを受け入れるユーザーの責任なわけですが。

カーデザインに限らず、最近、あらゆるジャンルにおいて過去の蓄積が逆に足枷となり、真に新しい物の創造がされにくくなっているような気もします。

投稿: yad | 2008年5月24日 (土) 15時58分

yadさん

役員云々は、かつて失速しつつあった日産の姿ですね。いまはどうなんだろう?

ツリ目がいい例ですが、技術の向上でどんな形でも可能になっただけ、逆にセンスが問われるのかもしれませんね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年5月25日 (日) 18時46分

私は三河に住んでいる関係上 TOYOTA系の部品メーカーにたびたび出入りしているのですが、日本の車メーカーはある意味で部品メーカーによって支えられています。

そして デザインの基本部分は部品メーカーからの提案が大きな比重を占めています。

レクサスもクラウンもデリカもアテンザもポルシェも日本の部品メーカーが供給しています。デザイン 技術の基幹は三河デザインです。

車そのものを見るよりも こうした部品メーカーを取材すると面白いものが見えてきますよ。
コストとデザインの関係、三河デザインの本流など東京ではわからない自動車デザインの未来です。
TOYOTA各部品メーカーの研究施設には GT-Rも置いてあれば フェラーリやベンツ ベントレーさえも見かけます。

投稿: くんた | 2008年6月 5日 (木) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/21083228

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:デザイン・フォーラム:

« 雑誌ナナメ読み:女性の意見? | トップページ | 雑誌記事:マガジンX7月号 »