« 新車心象風景:プジョー308 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:女性の意見? »

新車心象風景:トヨタ・アルファード・ヴェルファイア

Alphard   女性の品格っていう本がベストセラーになったけれど、誰かクルマの品格って本出してくれないかなあ、と思う。

 そもそも、ライバルをパクッた時点で品格のなさを示したわけだけど、それをまんま進化させたクルマもまた同じこと。さらにノア、ボクシーにならって兄弟車まで作っちゃうところも何と言うか。

 それにしても開発コンセプトなんである。「本当の贅沢を知ったのはこのクルマに出会ったから」「ゲストの驚きと感動の言葉に、オーナーに確かな誇りをもたらす」「オーナーが皆に胸を張れる、所有する歓びと誇り」

 300万円からでも結構豪華だね、なんて話はあるかもしれないけど、これが「本当の贅沢」ってスゴイこと言うよなあ。だいたい何に対して「本当」なんだか分からないし、一体どういう生活しているとこれが「本当」なんてことを人様に言えるんだろう。

 おまけに、このクルマ買って「誇り」感じちゃうってどんな人よ。 何で胸を張れるわけ? デカイから? 顔が目立つから? この時代錯誤な男根思想は一体どういうこと

 いやー、環境問題に加え、このロハスな時代にこんなクルマ乗っちゃってお恥ずかしい、ってな姿勢がいまどきかと思うんだけどねえ。まあ、先代も売れたし、利益幅もあって美味しい商品なんだろうから作るのは分かるんだけど、もちょっと謙虚な感じでもいいんじゃないのかなあ?

 でも、マーケティングに長けたトヨタのこと、本当に最近のユーザーはこんなんで「本物」とか「誇り」とか感じちゃったりして。たぶんその実態は「ちょっと豪華」や「自慢」なんだろうけど、巧みに誘導されちゃうと。

 あ、でも、最後の方に「先代比20%の燃費向上でオーナー自身にも深い喜びを」っていう、実に庶民なフレーズがいきなり出て来るのが結構おかしいよね。ここにはもう「誇り」はないみたいで。

|

« 新車心象風景:プジョー308 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:女性の意見? »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

本当の贅沢を知らない人のための、本当のように見せかけた贅沢なんでしょうね。
もう品格なんて語るのはこの際やめましょう。(あの本を書いた学長さん自身、品格の資格があるように見えませんが…)
ライバルとの比較は、おそらくエルグランドなんでしょうが、いまさら6年も前に出たクルマをやれ燃費が最悪だの、フロアが高いなど、パクっておいてけちょんけちょんにけなすんでしょうね。これこそ天下のトヨタのいじめですね。
それにしてもヴェルファイアのデザインは、家族のクルマの癖して凶暴ですね。これじゃ日本の子供たちが凶悪になってもおかしくないし、そういった世相を映しているのかも知れませんね。
こういうクルマこそ、シェアリングで共同でたまに使うべきクルマです。その方が燃費を気にするよりよっぽど経済的で、環境への負荷が少ないと思いますが…

投稿: アクシオム | 2008年5月17日 (土) 00時18分

「本当の贅沢」や「ゲストの驚きと感動
の言葉に、オーナーに確かな誇りをもた
らす」、「オーナーが皆に胸を張れる、
所有する歓びと誇り」等のフレーズに思
わず呑んでいたお酒を吹いてしまうとこ
ろでした。

この手の凶悪なお顔を有したミニヴァン
にウン百万円を平気で投じられる人のセ
ンスは正直言って解らないです。

>おまけに、このクルマ買って「誇り」感
>じちゃうってどんな人よ。

おそらく、家族総出でジャージを着て、真
夜中のドンキホーテだろうと、お台場だろ
うと六本木だろうとTPOなんざ関係なしに
平気で行けてしまう人種だと思われます。

>もちょっと謙虚な感じでもいいんじゃない
>のかなあ?

今のエルグランドやエリシオンあたりは、
比較的楚々とした感じのマスクでリリース
されましたが、やはりアルファードに敵わ
ず、マイナーチェンジで過装飾に走ったと
ころを見ると、この手のミニヴァンはやは
り悪そうとか強そうに見えないと駄目なん
でしょうね・・・

>>アクシオムさん

ハンドルネームの由来となっているアクシ
オムを2ヶ月ほど前に実車を初めて見かけま
したが、ランクルやパジェロ、若しくはクル
ーガーなんかと比べてみて、えらい格好いい
ですね♪びっくりしました。

もう少しいすゞ本体が持ちこたえて、国内販
売していたら面白かったろうになぁと思いました。

投稿: ぽち | 2008年5月17日 (土) 22時13分

>>ぽちさんへ
どうもありがとうございます。アクシオムのオーナーとして大変よろこんでおります。
薄いフロントマスクは、ピアッツアをSUVにしたようなデザインで大変気に入っております。本来ならビークロスに続いて国内市場に投入する予定でしたから残念です。(もともと国内専用に作って投入できなかったからアメリカで売るしかなかったようです。)
アメリカではデザイン関係の賞をかなり受賞したようですが、市場では受け入れられませんでしたね。意外と線の細いデザインなので、マッチョなデザインが好みのアメリカではダメだったようです。
アクシオムのような繊細なデザインこそ、今の日本に必要なんですが、アルファードやベルファイヤーが受けているようでは…とにかく残念です。

投稿: アクシオム | 2008年5月18日 (日) 07時50分

ますます悪趣味になりましたナァ。
これが売れるってんだから、
日本人の感性ってナンナンだろうと思うのです。
しかし
この手の車に乗って優越感を持ってしまう連中って、
元暴走族の成れの果て、暴走族にもなれなかったアンちゃん、元ヤンキー母ちゃん。
私のまわりで乗ってる方々はこういう人が多い。

マツダの車が新鮮に見える今日この頃です。

投稿: 佐衛門 | 2008年5月18日 (日) 11時07分

アクシオムさん

ベルファイア、凶暴ですね。ちょい悪とかワル顔とか、なんだか悪いのがカッコいいという安易な風潮は間違いなく大人の責任です。しかし、造語らしいですがすごい名前です。

ぽちさん

その手のジャージ軍団だけならいいんですが、このCMに影響されてフツーのお父さんとかも買っちゃうんでしょう、きっと。それが悲しい。

左衛門さん

多くの日本人の感性、厳しいですね。TVでは毎日一流の料理だの旅館だの、皆が本物志向みたいなことになっているけど、実は全然ダメですね。個人の基準が全く育っていない。お寒いです。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年5月18日 (日) 22時35分

初めまして。『自ニコラ』から来ました。暫く前から読ませてもらっていますが、共感するとこが多く、いつも読みの深さに感嘆しています。

個人的には、この手の巨大な車をミニバンと呼ぶのはいい加減何とかならないものかいつも思います。
この手のミニバンで、運転手一人が空席6席を運んでたりする姿をよく見かけますが、お前は商用車の運転手か?となんだか哀れみさえ感じます。

こんなエゴ丸出しの車を売りたがるトヨタが声高にエコを謳っている姿は空恐ろしくもあります。

投稿: gilles | 2008年5月19日 (月) 09時59分

gillesさん

はじめまして。いつもお読みいただきましてありがとうございます。今後もよろしくお願いします。
最終的には個人の選択なのですが、それにしても芸がないですね。同じクラスならちょっとでも大きい方、広い方を選ぶのが「いい買い物」というのは。小さくたって幸せはある筈なのに。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年5月19日 (月) 23時01分

お久しぶりです

皆さんと同じような感想であったり意見を私も抱いています。

大きければ、高ければ偉いみたいな変な風潮がありますよね。
こんな車を選ぶ人種はなお更・・・・
価値観はそれぞれ・出来の良い悪いもそれぞれですが、表現の仕方は確実に間違っていると思いますし、理解する側の大多数も勘違いしていると思います。
いい歳した人たちでさえ、こんな車にさらにお金を掛けてシャコタン・エアロ・スポーツマフラーetc
間違った方向性を間違って理解し、さらに間違った方向に向けてその度合いが激しいほどエライと思っている面白さ。
さすが島国!


カルマンなんかもの凄く狭くて快適性は有りませんけど、すごく幸せになれる車ですよ。
(自分で言うのも何ですが)

実は、家庭の事情で最近ステップワゴン(今更ですがRF1)を買いました
モチロン150は何時か復活するために田舎に保存しています。

投稿: 嶋次郎 | 2008年5月19日 (月) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/20991003

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・アルファード・ヴェルファイア:

« 新車心象風景:プジョー308 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:女性の意見? »