« クルマ散策:暫定税率騒動? | トップページ | クルマ散策:クルマの役割 »

雑誌ナナメ読み:サイオン・ハコクーペ

Saion  ベストカー最新号。デザイン評論家の千葉匠氏がこのクルマを肯定するのは理屈からみたいだ。つまり、若者のクルマ離れは彼らの感性を理解できないメディアに問題があり、これを変だというのは時代遅れなんだと。

 僕は何が気に入らないって、「個人的には好きになれないけど共感はできるし、変だと思わない」という氏のスタンス。何だいそれ。

 とりあえず無責任なんだよなあ。だって、自分は好きになれないけど、「トレンディな若者にはこれがウケる」というサイオン役員の言葉には同感だって、そりゃあないでしょ。氏は元メーカーデザイナーらしいけど、自分が好きになれないというのならそれには理由がある筈で、それはきっとデザイナーとしての感性に基づいたものでしょ。本来ならそれを説明するのが仕事なわけで、道理にかなっているから変じゃないよ、っていうのはどうなの?

 同じく元デザイナーの前澤義雄氏は「理屈だけで作った、単に変わったもの」って切り捨てているけど、こっちはちゃんと自分の仕事になってるよね。もし本当に変じゃないというのなら、どこがどうだから変じゃない、ここがこういいんだと説明しなくちゃダメでしょ。

 氏は自動車メディアの限界とか言うけど、冗談じゃないよね。いまのいままで、メディアはマーケティングに先導されたつまらないクルマをどれだけ肯定してきたことか。それともうひとつ。若者って簡単に言うけど、べつにいまの若者がみんなヒップホップ系ってわけじゃないでしょ。北米は知らないけど、若者がみんなbBな感性で生きているなんて本当に思っているの?

(写真はresponseから)

|

« クルマ散策:暫定税率騒動? | トップページ | クルマ散策:クルマの役割 »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

評論家の職業って、ある意味責任を取らない職種ですよね。後で前言撤回をしても、社会的制裁を受けるわけでもないですから…
あとは業界内で話で、我々の感知する世界じゃないですし。

それにしてもトヨタが思っている若者の感覚ってのが、そもそも怪しいですね。サイオンのハコがジェネレーションYの感覚だとしてそれをあてはめられるのは、ちょっとおかしいです。若者に迎合したところで、人数が少なくなっているんだから、ここはきちんと自動車メーカーとしてまっとうなクルマをつくって威厳を示した方がいいと思いますよ。

それでも肯定しないと、広告宣伝費の名の下、メディアを支配する天下のトヨタですから…
日本の評論ってどこか癒着が強くて、まっとうな評論につながらないのがいけませんね。もう少し節度があって、きちんと区別しないと。

投稿: アクシオム | 2008年4月21日 (月) 11時49分

アクシオムさん

こんにちは。
まっとうなクルマを作って、というのは僕も賛成です。結局迎合したクルマは瞬間的に売れるだけで、bBが証明済みなんですけどね。たとえば初代プリメーラとか、ちゃんとしたクルマを作れば若者は勝手についてくると思います。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年4月21日 (月) 18時50分

ハコでも中身が真っ当なクルマをつくってくれればそれで結構です。

このカタチは好きです。ヘンだとは思うけど。

投稿: パンダ | 2008年4月26日 (土) 07時58分

>僕は何が気に入らないって、「個人的には好きになれないけど共感はできるし、変だと思わない」という氏のスタンス。


「好きになれない」のに「共感はできる」? ちょっとおかしな日本語に見えるね。
原文を見てないので分からないけど、単純にデザインは駄目だがマーケティング的にはアリかも知れないと言う話じゃないの。


もう若者は車自体に興味なんかないんだから「まっとうなクルマ」なんかつくってもどれほど見てくれるが疑問。

投稿: abcd | 2008年4月29日 (火) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/20406450

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:サイオン・ハコクーペ:

« クルマ散策:暫定税率騒動? | トップページ | クルマ散策:クルマの役割 »