« クルマ散策:大観山ミーティング | トップページ | 雑誌ナナメ読み:サイオン・ハコクーペ »

クルマ散策:暫定税率騒動?

Kusoku_2  自宅PCが故障し、3週間の修理を終えてようやく昨晩戻ってきました。これで記事が書けます。長かった・・・。

 で、件の暫定税率は本当に1ヶ月で復活しそうな雰囲気なんである。まあ、何兆円もの既得権絡みだから政争の具にさせるのは仕方がないとして、イケナイのはマスコミでしょう、やっぱり。

 とくに、あの期限切れ時のガソリンスタンド取材といったら一体何? 在庫分の価格を下げるとか据え置くとかは商いの話であって、それを期限切れの「混乱」みたいなことで騒ぐなよなあ。あれじゃあ、福田さんの「大混乱になる」発言に乗っかってるだけじゃん。

 「混乱」なんかしてませんよ、国民は。大丈夫です、べつに。インド洋で米艦に燃料補給を止めても、日銀総裁がチョット不在になっても大丈夫だし。某ラジオ番組でも言ってたけど、「混乱」っていうのは、たとえばチベット暴動みたいなああいうことを言うのであって、ガソリンスタンドの値段合戦は違うから。

 だいたい、暫定税率を戻すのかどうかとか、一般財源化するとかしないとか、マスコミ自身が表面的な報道ばっかりしてるから政争の具を助長しちゃうんじゃないか。

 暫定を戻すというのなら、その根拠は何なのかに突っ込みなさいよ。暫定を止めたって本則分もあれば一般会計分もあるわけで、道路が作れなくなるわけじゃないでしょ。じゃ、それでも戻すというのならどういう計算なの? 無駄な公共事業的道路建設のチェックはどうなってるの?

 一般財源化って言うけど、じゃ何兆円ものお金を何に使うの? 環境や福祉に使うって一体何よそれ。 年金、介護、教育、温暖化、どこにどう使うの? それこそ国民はどう助かるワケ?

 マスコミ、とくにTVはこういうことをチャンと確認しなくちゃダメでしょ。1日何時間もニュースやってるんだから、本当は相当なことが取材できる筈じゃない。福田さんが泣きごとを言ったとか小沢さんがニヤついたとか、もういいよそんな話。

 いや、もちろん自動車雑誌も同じだよ。ここまでバカな騒動が起こってもほとんど対応なしって異常だもん。RJCとかCOTYとか、そういう団体単位で物言いしてもいいんじゃないの?

 そうそう、ガソリン価格が引き下がった分の物流コスト削減効果ってどうなんだろう。まさか何も変わらないで、暫定復活したら何でも値上げ、なんて話? そういうのもしっかり取材して欲しいよなあ。

 

|

« クルマ散策:大観山ミーティング | トップページ | 雑誌ナナメ読み:サイオン・ハコクーペ »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

自動車雑誌についての意見、同感です。少なくとも自動車関連の記事を書く事によって生計を立てるなら、メーカの広告代理店のまねごとのような事ばかりせず、ユーザーの真の利益に繋がる事は何かを考えるべきだと思います。

YouTubeで見た田中康夫氏の意見などはかなりいい所をついているように思いました。(私は国民新党の支持者じゃ有りませんが)

「税金下げたのに店頭価格はそれだけ下がっていない」つまりは便乗値上げしているのじゃないか?とか、「税が下がっただけで損を一切していないはずのガソリン業界に援助金(補助金?)を出すって言うのもおかしいのではないか」と言う物です。
結局政府にとって自動車ユーザーとは団結しないし文句も言わない税の取り易い集団なのです。
地方ではクルマが生活必需品になっている時代に「黙っているから取れるだけ取っておけ」と言うのは国民無視に他なりません。
各知事さんも生活に地元の道路が必要だと言うなら、地方税の範囲で住民全体に負担を求めるように考えるべきではないのでしょうか。
結局、箱ものを作って喜ぶのも道路を欲しがるのも発想は同じだと思いますね。


投稿: nobol | 2008年4月13日 (日) 18時34分

私はど田舎に住んでいるので、緊急時に救急車が走るため「だけ」にでも道路が必要な場所がある、と主張しておかねばならないと思います。しかしいまある道路の大半は、不要な道路ばかりつくりやがって、という感じです。ですから道路特定財源にしても元に戻す必要はないと思います。
道路財源は、本当に必要な道路を造るためだけに使えばいい。しかし、だれがどの道路を必要と考えるのか。この部分は結局「力関係」ですから、明白に「不要な」場所にきらびやかな道路が造られている実態を、利害関係のない場所から告発することは大事だと思います。
マスコミに期待してないようですが、たとえば「いまのマスコミは権力者の広報機関。見るのをやめましょう」とかやってみれば?「お笑い出しとけば視聴者満足でしょう」とあからさまに言っているテレビ局、それを笑ってごまかされている視聴者。私は「共犯」じゃないかと思います。大きな活字=小さな情報じゃないか、このボケ、とか新聞に電話したり投書したりする人はいないのでしょうか。テレビははじめに広告ありき、なので徹底した追及は困難。新聞も読者離れで広告収入に頼り始めたので、権力や大手企業に対する追及力としては心許ない。そんなときに何を頼りに生きていくのか。自らの目しかない、と思います。情報の目利きになるしかない。方法はわかりませんが、お笑いにうつつを抜かさずに世の中うそばっかり、と思っていたら目は肥えてくるかもしれません。

投稿: 優路 | 2008年4月14日 (月) 15時57分

nobolさん

こんにちは。
僕も各知事さんの話を聞いていて違和感を感じます。必要だ必要だと言うけれど、30年以上もの間特定財源を使い続けて、まだ本当に必要な道路が出来てない・・・っておかしいです。それが本当なら根本的にお金の使い方を間違えてるとしか思えない。そこにメスを入れないと。

優路さん

ご無沙汰しております。
どういう予算配分にするかは結局身内で決めていたそうですけど、第三者機関による優先順位調査を早々に取り入れないと。まあ、それも下手をするとその為の天下り団体を作りかねないので、いっそのこと自動車評論家にやってもらったらどうでしょう。清水草一氏は個人的にやってますが。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年4月21日 (月) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/20195166

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:暫定税率騒動?:

« クルマ散策:大観山ミーティング | トップページ | 雑誌ナナメ読み:サイオン・ハコクーペ »