« Drive My Car:車検、22年目の。 | トップページ | クルマの他:バート・バカラック »

クルマ散策:旧車乗り

Lourel  家人の知人で旧いクルマに乗っている方がいるのだけど、先日ようやくその旧車を拝見することができた。

 日産ローレル。1970年式の4ドアでグレードはGL。この世代はクーペが有名だけど、セダンはなかなかお目にかかれない希少車である。

 まあ、何がスゴイって、38年前のこのクルマ、ほとんど手入れらしいことは何もしていないんだそう。我がジェミニは22歳で結構な手間を掛けているけど、どうしようもない故障以外は”放ってある”らしい。

 たしかに塗装には痛みがあるし、室内も年式なりの劣化がある。でも、38年そのままだと思えば信じられないくらい程度がいい。この日も数十キロ離れたご自宅から我が町まで普通に運転して来たんである。

 ちょっと運転させてもらったけれど、4速MTは意外にもすんなり操作できるし、プリンス由来のG18エンジンはまるでディーゼルのようにトルクが太い。シュルーんという伸びは期待できないけれど、逆にエンストするような神経質さもない。

 僕よりひと回り上のオーナーさんは、ここ国立にある鉄道の研究所に勤められていた研究者で、いまは大学教授の職に就いている。それらしいのは、日産は最後のサニー以降はまったくイケナイという意見だ。このローレルやブルーバード、そしてサニーなど、質実剛健で真面目、壊れないし燃費もいい。けれどもいまの日産は・・・という具合だ。

 ま、いまの日産がどうかはともかく、クルマを道具として徹底的に使いたいというオーダーに応えられる商品は少なくなったのかもしれない。もちろん、品質や耐久性は向上しているのだけど、それを表現できているクルマが少ない。マーケティングの細分化によるニッチ狙いの結果だ。

 最近のVWのコンセプトカー「up」は失敗した高級化路線からの原点回帰らしいけれど、シンプルでも魅力あるクルマは一番難しいところなんだろうと思う。「クルマは道具でいい」という人が選んだクルマが、実はもっとも完成度の高いデザインでありパッケージングであればいいと思う。

 そういうことを思った一日だった。

|

« Drive My Car:車検、22年目の。 | トップページ | クルマの他:バート・バカラック »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

今の新車が何年もつか、というか、新車を何年しか持たさないようにするか、が自動車メーカーの腕の見せ所。買い替えてもらわなければならないのですから。今の車に比べれば、そりゃ38年前の車の方が頑丈。昔は各種センサーなどもそろっていなかったし、性能試験だって今ほどでなかった。初期不良を出すよりは長持ちした方が、という感じでしっかりとつくっていたようです。はっきりいってオーバークオリティだった、と。たとえばブルーバード。おやじがブルーバード好きでしたが、なぜかというと下回りがものすごく頑丈だったから。で、20数年前に念願のブルーバードを買ったのはいのですが、もはやその頃には「コストダウン」が行き渡っていて、骨組みはきゃしゃに。がっかり(笑)。

投稿: 優路 | 2008年2月13日 (水) 03時10分

こんばんは。
先日は車検お疲れ様でした。
それにしても素晴らしいローレルですね。
小生のクラウンも18年目。今年の8月車検ですが、スロットルボディーがやられてアイドリングが安定せず、「さてどうしようか」と思案の毎日です。
ローレルですが、昔の車は今のようなエレキ化されていない分、壊れる要素が少ないでしょうから38年もの長い使用に耐えられたのだと思います。確かに最近の日産は少し質実剛健から離れて「きらびやかさ」に走っているかもしれません。それとミニバン文化も道具として割り切る車の減少につながっているかもしれませんね。
それにしても素晴らしい2台のお車を拝見させていただき何だか嬉しくなってしまいました。

投稿: 中山 | 2008年2月13日 (水) 19時44分

>投稿 優路 | 2008年2月13日 (水) 03時10分
>今の車に比べれば、そりゃ38年前の車の方が頑丈。


昔の車がコストかけてたとか頑丈とかいうのって、単なる印象論か幻想と思ってたけど違うの?

投稿: abcd | 2008年2月13日 (水) 23時23分

その時代の車の雰囲気って大好きです。
家のカルマンは’69なので1歳年上ですが、ノンレストアで頑張っています。
奥さんが毎日通勤に使っていますが、ブラックBOX的な要素が無いので少々の故障は何とかなりますから何時までも乗れますね。
当時の車は現代車と比べると鉄板も厚いので車体の部分的な張替え板金等も普通に出来たりするし。 

コストで言うと、現在の方が掛かっていないのは間違いないように思いますが、車種によりけりだと思いますね。
売れ線はコスト掛けないでしょうし、そうでないのは少々コスト高でもメーカーとして総合して儲かるようにしているはず。 

車体を構成している鉄部品(ボディー外・内鉄板)に関して言えば、この20年弱で随分薄くなりましたが、その分引っ張り強度・加工性の良さ・長持ちする鍍金鋼鈑に進化していますから、単純には比べることができないと思います。『頑丈さ』を何で表すのかによると思いますが、対衝突強度アップ部品を除いたボディーだけ、シャーシーだけの頑丈さで言えば昔の車が上でショウね。

自分は自動車用鋼鈑製造に関わってますが、メーカーや車種、国産、外国産により使用する鋼鈑の仕様が結構違うし、この車ってこんなにコストかけてるんだとか え~こんなの使うんだ、とか結構面白いですよ。

投稿: 嶋次郎 | 2008年2月17日 (日) 10時58分

 そうですね。最近、日立金属さんが開発したSLD-MAGICという特殊鋼は、車のボディの素材であるハイテン(高張力鋼板)の板材を切断したり曲げたりする金型に用いられています。金型には過酷な力がかかり、寿命が低下していたのがこの新素材で解決したそうです。このSLD-MAGICは日本刀の技術が応用されているそうです。

投稿: 工具鋼屋 | 2008年8月24日 (日) 19時49分

 最近聞いたところ、この材料でピストンピンを作ることがいくつかのエンジンで行われているらしく、そう耐かじり性ってそういうことなんだと最近気づいた。

投稿: 凝着焼付き | 2016年8月 2日 (火) 03時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/10464127

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:旧車乗り:

« Drive My Car:車検、22年目の。 | トップページ | クルマの他:バート・バカラック »