« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

雑誌ナナメ読み:デザイン対論

Best_car  ベストカーの連載「デザイン水かけ論」はメーカーのデザイナーも読んでいるそうだけど、僕も結構好きなページなんである。

 初代プリメーラやN14パルサー、J30マキシマ等、自分が好きなクルマを担当していた前澤氏が書いているということもあるんだけど、清水氏との微妙な意見のズレ加減がなかなかいい感じになっているのもある。

 たとえば今売り号のタントとパレットがそう。どっちも大したことないけど、クルマらしくて潔いのはパレットという清水氏の意見は、何ていうかまさにクルマ好きの王道な感覚。一方、どっちもどっちだけど、強いて言えばユーザーの好む可愛さを表現しているタントという前澤氏の意見はまさにプロだなあと感じる。

 ぬいぐるみ的な可愛らしさを否定してきた前澤氏がそんなことを言うのはおかしいと清水氏は言うけれど、氏の好きなムーヴラテとはその「可愛さ」の内容や質が違うんだよね。

 タントは楕円のライト類やサイドウインドウの丸みで可愛さを出しているけど、これらは全て水平基調のテーマに融合されていて破綻感がない。前澤氏は積み木と表現しているけれど、えぐられた強いキャラクターラインを中心に造形が明快でシンプル。

 パレットは流行のツリ目系ライトとかスズキらしいフロントグリルとかが、いかにもいまどきのクルマっぽいけれど、それが元々無理のある背高のプロポーションに溶け込んでいるかというと、逆に無理っぽさを助長しちゃってる気がする。つまり、おかしな箱型に対して最初から開き直ったか、あくまでも従来のクルマらしさを無理やり詰め込んだかの差かな。あ、ちなみにタントはあくまでノーマルの方の話ね。

 デザインにも一家言持つ清水氏は持論を一直線に通すけれど、前澤氏は冷静に製品ごとに見極める。この微妙な差が面白いなあと。いや、もしこの対論がすべて計算されているのだとしたらもっとスゴイとは思うけれど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌ナナメ読み:伝統ある表現

Crown  クラウン自体のことを書こうと思ったんだけど、それよりも雑誌記事のほうが興味深かったのでそっちから。いま売りのドライバー誌、常連のM氏によるクラウン発表紹介記事だ。

 いまでこそ結構減ってきたけれど、一時新車のインプレッション記事のお約束といえば、先代を踏み台にして新型を持ち上げる、それでも言うことがなければ肯定理由を無理やり作るっていうものだった。で、まだ生きていたんである、そういうのが。

 M氏曰く、じつを言うとゼロクラウンは大きく変わったけれど、唯一インテリアの進歩がなくて、過度の木目調パネルが演歌調だった、そうだ。ゼロなのに演歌はマズイけど、ま、今回はモダンになりましたよと。

 もうひとつ、じつを言うと若返りを果たしたというゼロクラウンでもロイヤルシリーズは若返りどころか高齢化していた、らしい。でもアスリートがあるから平均年齢が引き下がったと。で、今回もアスリートはいいですよ、と。

 それにしても「じつを言うと」っていうのはスゴイ表現だよなあ。自分は立場上知っていたけど、読者の皆さんにはだまってました、隠してましたってことでしょう。バカにしていると言うか、ほとんど偽証だよね、これ。それを新型を持ち上げるためには臆面もなく平気で書いちゃうんだもんなあ。

 この他、ゼロクラウンからたった4年、しかもベースはキャリーオーバーでのモデルチェンジが必要?という疑問には、同じシャシーでマークX、レクサスISと進化したノウハウがあるというトヨタの説明に、自分だけじゃなく読者も納得だ、なんて勝手なことを書いている。無理やり肯定パターンだ。

 いやね、保守本流のクルマに対してこういう伝統的な紹介記事っていう組み合わせが面白くてね。べつに意識して書いたんじゃないだろうけど、何だかピッタリでしょう。

 あ、クラウンの話は近々書きます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クルマ散策:メルマガコラム

 先日も掲載しましたが、自動車ニュース&コラムと言うメルマガに不定期でスポットコラムを載せていただいています。で、昨日配信分に久々に載りましたので、下記サイトでお読みいただければと思います。ニュースの最後にあります。

 http://archive.mag2.com/0000000772/index.html

 あ、それから来月上旬に、これも久々に雑誌での記事が出ることになりました。発売したらお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマの他:バート・バカラック

Bb_2   実に久々の”クルマの他”

 今日、東京マラソンの中、有楽町の国際フォーラムへバート・バカラック・コンサートに行って来た。

 バート・バカラック、知らない人いるかな? 彼を知らなくても、カーペンターズの「遥かなる影」とか、映画”明日に向かって撃て”の「雨にぬれても」、あるいは「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」だったら知っているんじゃないかな。その作曲者ね。

 彼の音楽は中・高生時代に聞いていたので、今回コンサートがあると知って「一体何歳?」と思ったら、何と80歳! 事実上最後の日本ツアーという話だったので迷わずチケットを購入したと。

 で、実を言うと、そんなお歳ということで、時々ステージに出てきて指揮したり挨拶したり、演奏的には、まあ懐かしい曲でも聴いて帰ろうくらいのつもりだったんだけど、これがまったく違ったんである。

 時々どころか最後までオケの前のピアノを演奏し、恐らく自分で編曲した演奏の指揮も兼ね、ついには自身で歌ってしまうという展開だった。さらに、懐かしい曲どころか、世界中の子供たちに向けたという新曲も披露してしまったんである。ツアーメンバーのコーラス兼ヴォーカル3人も素晴らしい歌唱力だったし、リズム隊もバリバリの現役、東京シティフィルの演奏もまとまっていた。

 パンフレットには松任谷正隆、大貫妙子、矢野顕子、細野晴臣といった豪華陣のコメントが載っていたけれど、彼らが受けた影響力は本当に大きかったんだろう。緩急巧みなリズムや、独特の転調はいまでも健在だ。

 それにしても、適当に懐かしい曲を聴きに行こうなんていう自分の発想が恥ずかしかった。天才は当たり前のように現役で、だから自らツアーにやって来たんである。昔のヒット曲でお茶を濁すような気などさらさらなかった。実に大人なステージだった。

 音楽も、そしてクルマも、天才の技を見るのは実に気持ちがいい。そして、やっぱり「本物」じゃなくちゃね。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ散策:旧車乗り

Lourel  家人の知人で旧いクルマに乗っている方がいるのだけど、先日ようやくその旧車を拝見することができた。

 日産ローレル。1970年式の4ドアでグレードはGL。この世代はクーペが有名だけど、セダンはなかなかお目にかかれない希少車である。

 まあ、何がスゴイって、38年前のこのクルマ、ほとんど手入れらしいことは何もしていないんだそう。我がジェミニは22歳で結構な手間を掛けているけど、どうしようもない故障以外は”放ってある”らしい。

 たしかに塗装には痛みがあるし、室内も年式なりの劣化がある。でも、38年そのままだと思えば信じられないくらい程度がいい。この日も数十キロ離れたご自宅から我が町まで普通に運転して来たんである。

 ちょっと運転させてもらったけれど、4速MTは意外にもすんなり操作できるし、プリンス由来のG18エンジンはまるでディーゼルのようにトルクが太い。シュルーんという伸びは期待できないけれど、逆にエンストするような神経質さもない。

 僕よりひと回り上のオーナーさんは、ここ国立にある鉄道の研究所に勤められていた研究者で、いまは大学教授の職に就いている。それらしいのは、日産は最後のサニー以降はまったくイケナイという意見だ。このローレルやブルーバード、そしてサニーなど、質実剛健で真面目、壊れないし燃費もいい。けれどもいまの日産は・・・という具合だ。

 ま、いまの日産がどうかはともかく、クルマを道具として徹底的に使いたいというオーダーに応えられる商品は少なくなったのかもしれない。もちろん、品質や耐久性は向上しているのだけど、それを表現できているクルマが少ない。マーケティングの細分化によるニッチ狙いの結果だ。

 最近のVWのコンセプトカー「up」は失敗した高級化路線からの原点回帰らしいけれど、シンプルでも魅力あるクルマは一番難しいところなんだろうと思う。「クルマは道具でいい」という人が選んだクルマが、実はもっとも完成度の高いデザインでありパッケージングであればいいと思う。

 そういうことを思った一日だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Drive My Car:車検、22年目の。

Shaken  22年目の車検が終わりました。

 本当は内外装パーツの交換をメインにしようなんて思っていたら、車検予定日の3日前に突如フューエルポンプがやられてしまい、レッカー移動、そのまま入院に。

 ポンプは案の定在庫がなく、とりあえずオーダー入れ。よく20年も持ちましたねえ・・・とはロードサービスマンと工場の方の言葉。まったくです。

 そういうえばまだ交換していないオルタネーターもこの際ということで依頼。とにかく心配の種はなくしておかなくちゃ。 Shaken2

 で、ポンプは運よく10日程で納品。オルタネーターはリビルド品がなかったということでOHとなりました。あとはいまのところ手に入る内外装パーツと思い、「サイドマーカー」「ウォッシャーノズル」「リアドア・ウエザーストリップ」「トランク内リアランプカバー」を交換。

 車検整備的にはフロントディスクブレーキパッドの交換のみでしたが、まあポンプとオルタネーターが高くついてしまいましたね。残業代がパアかな。

 サービスの方曰く、これでまた7、8年は乗れますよ、とのこと。たしかに大物の交換は終わったけど、きっと予想外のことが起きるんだろうな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新車心象風景:スズキ・パレット

Paletto_3  話としちゃあライバル会社のパクリだということなんだけど、それを言うならワゴンRをパクッたのはどこよ、ということだろう。

 だから、そういうどっちもどっちの結果はさておき、個人的な興味の先はその経緯なんである。

 何しろタントのヒットは当のダイハツすら予想もしないことで、スズキにとっちゃあ完全にやられた感じだ。ええい、ここでワゴンRの仇をとってやろうかいと普通は思うわけである。

 けれども、当然社内じゃあ「そういうことはヤメとこうよ」という良識派もいるだろうから、ここで「そんなキレイごとを言ってる場合じゃねぇ!」という現実派と衝突するわけだ。こういう場合ってどうやって話をまとめるのか、何がどうしてGOサインが出たんだろう、と。

 つまり、商品は出たわけだから「これ」という理由があるわけで、その「これ」が知りたい。企画会議でパレット案を通した”建前”って一体?

 両側スライドドアっていう特徴があるからとか、のほほん系じゃなくてシャキっとキリリ系の顔だからとか、そういう方向の話で解決したのか。もうどうにもこうにも、同じコンセプトならこっちの方がすごいゼ、という開き直り方向なのか。

 自動車会社みたいな巨大企業でそういう意見がどう飛び交ったのか、実に興味深いんである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クルマ散策:TV局訪問

Tbs   今日、赤坂のTBSに行って来た。

 先日、筑紫哲也の「ニュース23」で、国土交通省所管のある財団が特定財源を使ってムダな駐車場を作っている、という取材があったんだけど、僕が3年ほど前、マガジンXへ寄稿した最初の記事がこの財団だったんである。

 で、「そういう天下り財団なら他にも色々ありますよ」という手紙を書いたところ、記者の方からちょっと話を聞かせて欲しいと。

 記者というので”裏方さん”かなあと思っていたら、番組で現地取材のときに毎回出ている三澤肇氏だったのでチョット驚き。こんな忙しい人が、どこの誰だか分からないライターの話を直接聞くなんてねえ。やっぱり、大きな番組であっても実際に取材を重ねている記者は限られているようで、なかなか現場は大変ということらしい。

 まあ、30分くらいパタパタと話して帰ろうかと思っていたら、何だかんだで2時間ほど話しこんでしまった。中心は旬の特定財源ということで話題は尽きないんである。一応自分が知っている財源絡みの話はしたけれど、その中でTV的に絵になる話題が見つかればやってみるということなんだと思う。情報提供者ということで10秒でもいいからコメントでもしたいところだけど、そんなに簡単な話じゃないよね、きっと。

 それにしても、氏は自分と同じジェミニに乗っていたそうで、これも意外というか偶然というか。しかもイルムシャーというんだから世の中狭いよなあ。いまは2代目のレンジローバーだそうで、かなりのクルマ好きみたい。非常に感じの良い方でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »