« クルマ散策:草思社倒産? | トップページ | 新車心象風景:スバル・フォレスター »

雑誌ナナメ読み:GT-Rをチューンする

Gtr  「ベストカー」のGT-R特集で、街のチューニングショップへのインタビューがあって、これが面白かった。

 まあ、色々な意見があるんだけど、今度のGT-Rは市販状態で絶妙のバランスが取れている、だからイジったら保証しない、触れば記録が残る、みたいなメーカーのモノ言いが気に入らん、という声を載せているんである。

 彼らの意見としては「街のショップをナメるな」ということらしい。自分達の技術はメーカーには負けん、それを最初から信用してないのはケシカラン、いまに見ておれ~、と。

 ま、実際街のショップがメーカーと同じ技術を持っているのかどうかは知らないけど、ヒョヒョイとチューンして筑波が1秒速くなっちゃうんだったら苦労ないよなあ。そういうことやったら他に影響が出て来るって話でしょ、今回は。影響ないならメーカーに雇ってもらった方がいいよね、名工として。

 そもそも、今回は800万円の高級車としてそっち系の世界から踏み出そうっていう考えでしょ。R32はほぼ全てが改造車だけど、もうそういうクルマじゃないんですよ、Mとかポルシェとかフェラーリとか、向こう側に行っちゃったんですよと。

 そのために組織壊してまで新次元のクルマを作ったんだから、それを認めるのもひとつの見識なんじゃないかなあと思う。だって他にチューニングするクルマはいくらでもあるわけで、いいじゃん、対象外のクルマが1台くらいあったって。

 それを日産はダメになっただの裏切っただの、何だかなあと思う。そんなこと言ってるからナメられるんじゃないのかなあ?

|

« クルマ散策:草思社倒産? | トップページ | 新車心象風景:スバル・フォレスター »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

食い扶持減っちゃうから僻んでるだけですな、アホらし(苦笑)
車いじりに興味持ち始めたような層を言葉巧みにその気にさせて、分相応とはとても言えないクソ高い商品をローン組ませてまで売りつけるのがあの手の店の常套手段でしょ。

で、そんな店でメチャクチャにされた車がほとんど泣き寝入りの状態で最後に辿り着くのが、ディーラー。持って来られた方はたまったもんじゃない。知らんがな、一体どないせえと。

もちろん全部の店がそうだとは口が裂けても言いませんが、よく耳にしますよ、こんな話。基本的にあの手の商売なんて本当は全然儲かるもんじゃないと思いますけど。きっちり仕事したら従業員の苦労がトンでも無いはずですし。でも、物凄い豪華な店舗構えてる所ありますよねぇ。なんででしょね。

メーカー縛りはいいんじゃないですかね。今までディーラーが尻拭いさせられてたんですから。丁度良い意趣返しじゃないですか?(笑)
あと、試乗も誰にでもOKする方針じゃないそうですね。大賛成です。試乗させるにしても補償金なりお金取るべきでしょう。

投稿: なおすけ | 2008年1月16日 (水) 15時57分

昔はともかく現在は、メーカーの作りこみというのはものすごくて、徹底した限界設計と品質管理を行っていますからね。
GTRクラスでなくてもいじれる部分は少ないと思います。

一番難しいのはやはりバランスで、あちらを強化すればこちらに弊害が出るといったところでしょうか。
普通のクルマでもタワーバーなどを安易に入れて剛性が高まったなどと喜んでいると、とんでもないところに荷重集中が起きて変形してアライメントが狂ったりします。
ショップでいじるのが楽しい人たちもいるでしょうが、GTRはやはり難しいでしょうね。

投稿: ゴッシーノ | 2008年1月16日 (水) 21時36分

GT-Rの記事はイロイロと雑誌で読むと、見た目は置いといて、凄いところだらけですね。 遅れましたが、今年もよろしくお願いします。 
 私は計装設備の保守をやっているのですが、装置の中にはGT-Rのように、『メーカー以外が触っちゃイカン、触るとその後の事は知りませんよ』と言うのがざらに有ります。時々ムッと来ますが。 
逆に私たちが何らかのシステムなりプログラムなりを作ることもあり、その立場に立つと『何を勝手なことをしてくれとるんだ、勝手に弄っておいて調子が悪い? 当たり前です、すべてを解かってないのに触ったらバランス崩れて当たり前でしょうが』と成るわけです。 
アフターとして触ろうとする皆がダメって事はないとは思いますが、作った立場としては良い状態を保って末永く使って欲しかったり、車輌が原因で起こる万一の事態は避けたいと思うはず。

もう少し格好が何とか成ればいいのにと思いますが・・・ 買えませんが。

投稿: 嶋次郎 | 2008年1月16日 (水) 22時33分

>なおすけさん
そんなことになってるんですか、世間は。ディーラーが尻拭いというのは何ともはや・・・子供のいたずらの後始末をする教師のようですね。

>ゴッシーノさん
ブログお初でしたか? コメントありがとうございます。
バランスが崩れるのは従来もそうだったんでしょうけど、今回は従来と比較にならない高速域を含んだ話ですから同じには扱えないということなんでしょうね。

>嶋次郎さん
なるほど、実経験の話は説得力がありますね。ゴッシーノさんと同じですが、その勝手な改造が相当な危険を伴う次元だったり、相当高額なツケを払う可能性がある。メーカーはそれを訴えているわけで、ある意味説明責任を果たしているとも言えると思いますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月16日 (水) 23時56分

GT-Rの販売・サービス方法、基本的に賛成ですが、それであれば販売・サービスを専門的に行う「日産ハイパフォーマンスセンター」をきちんと独立した専売店にしないといけないでしょう。あまりにも一般のディーラーと違いはないし、急場しのぎ的。販売台数が月200台くらいであれば、なにも160店舗もセンターの指定をせず、50店舗程度の専売店を立ち上げて、展示車輌一台と試乗車を一台設けて、上げたほうがいいと思いますね。高級スポーツカー層をターゲットにするのであればきちんと店舗での対応をしてあげないと。そういう意味ではインフィニティのような高級車専売店を必要になってくると思いますが…
CVE/CPSの理想と情熱はわかりますが、あまりにも極秘開発にしすぎて、販売サイドへの準備不足は否めませんね。
あと某I社から日産へ移籍した方にGT-Rのことを聞いたところ、組織を横断して(ある意味壊して)やらないとGT-Rのような密度の濃い開発は難しいと言っていました。ちなみにその方は某I社で我がVを開発した方で、開発方法はまんまVの開発と同じゃないか!と言っていました。台数が少なくて、特殊なクルマには最適な開発方法なんでしょうね。

投稿: アクシオム | 2008年1月17日 (木) 11時28分

辛口の評論、いつも楽しく拝見しております。

私はそれなりに改造賛成派です。個人所有の持ち物を、個人の責任において行っている分には。
今回の日産の対応は賛成ですね。いじりたい人は、こんなこと関係なしにいじりますよ。もちろん、リスク(保証を受けられないこと)を理解して。

過去32R-34Rでは、自己責任でいじり壊したものを人(メーカー)の責任に擦り付けて無償保証を受けたユーザーがたくさんいました。実は、このツケを払わせられるのは、一般のユーザーです。今回の対応は「保証の条件」を明確にしただけですから誰からもも文句をいわれる筋合いはないでしょ。

800万円もする高額車を買う余裕があるんですから、自分の責任で壊したのなら、素直にお金出して直してもらいましょ。

チューニングする側も、「俺がいじった車はすべて責任取る!」くらいの責任感がほしいですね。

投稿: ぷくちゃん | 2008年1月17日 (木) 12時39分

個人の趣味にあれこれいうつもりはございません。しかし改造車を公道で乗り回して事故を起こし、その原因が改造だったとしたら…戦慄します。市販車はメーカーに責任を問えますが、改造車なら?事故時に自賠責や任意保険は適用できるの?万が一のために、改造車を公道で乗り回すのは、周辺が危険、と言っておきましょう。改造した本人は自己責任ですから、どうぞご自由に「お逝きなさい」(古いか)というところですが、車の本質の一端は「走る凶器」である、ということを忘れてはなりません。
数年前、一旦停止を見逃したバカ運転手の車に接触されて、骨折しました。入院した翌日、保険会社の男がやってきて開口一番「健康保険の適用をしてくれ」。俺はキレたね。それよりも謝罪というか、陳謝の言葉が先じゃないのか、と。
この時は改造車にやられた訳じゃないけど、被害者の気持ちがわかっていない保険会社は「逝ってよし」。

投稿: 優路 | 2008年1月17日 (木) 14時48分

私も過去にはかなりの弄り倒しをしてきただけに耳が痛いです・・・

皆さん仰る様に、一部だけ弄ってどうにか成るもんじゃない、全体のバランスが大事。っテ事を自分で弄ると痛感できました。
ショップお任せでは解からないことだらけだと思います。 

とあるお店では、お客の車を弄るためにはその車を知らなければ! と言うことで一台買って、研究して初めてお客の車に手を付けるところもありますが、そんな所は一握りだと思います。 

尻拭いするディーラーはホンとに可愛そうです。 マツダのロータリーが解かりやすい例ですね。 散々変な弄りをやって、燃費悪いとか、直ぐ壊れるとか・・・ ディーラーでマニュアルに沿った調整が出来れていれさえすれば、よく走り燃費も良く壊れないのがロータリーなのに。 
太く短く! がモットーなら仕方ないでしょうが、その短さが哀れな事故でない事を祈るばかりです。

しかし、話題は尽きないようですね。

ローターとパッドはアッセン交換(100諭吉)らしいですね、ホンとなんでしょうか。
とても維持できません。
その前に買えませんが(笑)

投稿: 嶋次郎 | 2008年1月17日 (木) 21時37分

>アクシオムさん
整備拠点は少なくても文句が出るでしょうし難しいところですね。個人的にインフィニティ日本導入には反対ですし(アキュラもです)。

>ぷくちゃんさん
そうですね、チューナー自ら責任宣言するのはいい考えですね。高額車だし、実際に宣言できるところはあるんでしょうか?

>優路さん
改造と事故の問題はGT-Rだけのことではないでしょうけど、性能が飛び切り高いクルマなので危険の度合いも比例するんでしょうね。単独事故なら自己責任ですが・・・。

>嶋次郎さん
ロータリーは色々あるんですね、改造が。
100万円問題ですが、今回のGT-Rはもう高額所得者向けになってしまったのに、そうじゃない人があれこれ話題にするところが特有の状況ですよね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月20日 (日) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/9906639

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:GT-Rをチューンする:

« クルマ散策:草思社倒産? | トップページ | 新車心象風景:スバル・フォレスター »