« 雑誌ナナメ読み:GT-Rをチューンする | トップページ | クルマ散策:女性による女性のクルマ »

新車心象風景:スバル・フォレスター

Forester  独特のクロスカントリー風スタイルからいまどきのSUVっぽくなっちゃったなあ、という感想はさておき、気になるのはこの顔なんである。

 Rシリーズやまだ来ぬトライベッカで展開されたスプレッドウィングは失敗の烙印を押されたとして大幅修正され、先代インプレッサの最終モデルから適用された新しい「鷹の目」版がフォレスターにも採用された。

 始めに言ってしまうと、僕は当初のSWグリルは結構好きだった。「アルファみたい」と陰口を叩かれたけど、全車統一グリルをやるんだったら悪い素材とは思わなかった。

 Rシリーズはクルマ自体がアルファみたいで、それだけでも保守的日本人は引いたところに、あの新しい提案で過剰反応だったんだろうと思う。それに、バンパーを含めたフロントが煩雑過ぎたのは確かだし。トライベッカについてはどこがいけないのかいまだに分からないけれど。

 鷹の目版はその目尻までを含めて「翼」なのはよく分かるけれど、じゃあ今後これでずっとやるの? と考えるといささか造形上のテーマが弱いんじゃないかと思う。それは新しいインプレッサみたいにフロント全体が負けちゃってるという意味もあるし、継続性という点からもそうで、いつまでも目の下を湾曲させた「鷹」じゃ持たないんじゃないかと。

 これだったら僕は当初のグリルを磨いた方がいいと思う。要はまとめ方である。中央の丸いグリルと両端の羽グリルで3つの穴が開くわけだから、その他のフロント部分はシンプルにした方がいいだろうし、軽とレガシィでは展開を変えるような配慮は要るだろうけれど。

 少し前に雑誌NAVIで、元オペルデザイナーの児玉氏が同じような話をコラムに書いていて、恐らく数分でサクっと描いただろう「提案」が素晴らしくよかったのを思い出す。当初SWを元に、ヘッドライトをシャープにしたそれは日本車離れした雰囲気を醸し出していて、まあ結局は”展開力”なんだなあということを改めて知らされたんである。

  

 

|

« 雑誌ナナメ読み:GT-Rをチューンする | トップページ | クルマ散策:女性による女性のクルマ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ボクもスプレッドウィング賛同者で、自社のルーツに飛行機メーカーであったことを伺わせるデザインで、日本のメーカーとしては稀な自社の伝統をわきまえていると関心していたのですが…こういうデザインが浸透しないところに、いつまでたっても日本の自動車メーカーに歴史と伝統が伴わない面を感じますね。
やはりスバルの最量販車であるレガシィに採用できないデザインは、ダメなんでしょうね。SWをもう少しレガシィにも展開できるようデザインして、継続してくれればよかったんですが…

投稿: アクシオム | 2008年1月22日 (火) 10時13分

アクシオムさん
いやあ、初期SWに賛同派の方がいらしたなんて意外ですよ。昔から個性の強いデザインは敬遠されてきましたけど、いまだにあの程度で賛否があるとは・・・ですね。
僕はレガシィもあれで行けると思ってますよ。要はアレンジ次第なので。でも、現実に来年の新型はもうすでに想像できちゃいますよね、レガシィ。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月24日 (木) 20時42分

フォレスターの名前から察するに、アウトドアを極める車として登場したように思います。がいまやカップルのための車ですか。CMを観た限りではそうとしか思えません。バットマンとサンダーバードとウルトラセブン(ウルトラホーク3号の発進)をリスペクト?オマージュ?パクった?CMはきっと、おじさんたちには「ああ!」と好評なんだろと思います。「ネタ元」を知らない子ども(10歳未満)が観ても「かっこいい」と好評でした、このCM。車そのものには興味がわかないが、CMは良かった。きっとコワい顔のカズが出てくるものよりも。

投稿: 優路 | 2008年1月26日 (土) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/10002987

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スバル・フォレスター:

« 雑誌ナナメ読み:GT-Rをチューンする | トップページ | クルマ散策:女性による女性のクルマ »