« 新車心象風景:スバル・フォレスター | トップページ | 雑誌ナナメ読み:ケンカ結構 »

クルマ散策:女性による女性のクルマ

I  前にも書いたことがあるけれど、女性向けグレード、女性仕様車っていうのはこういうのでいいのかなあ? と思う。

 ピンクのボディに日焼け防止ガラス、バニティミラーにカラフルなインテリア素材、なぜか親水機能付きドアミラー。三菱アイのブルーム・エディションは女性チームが考えた真の女性仕様車らしい。

 むかーしの女性仕様車は「こりゃ男が考えたな」っていう赤いボディにピンクのシート、なんて世界だったけれど、何てことはない、いまどきの女性チームが考えた自分達仕様も基本的に同じなんである。アロマ機能とか。

 いいのかなあ、と思う。これを女性と言うのなら、結局自分達は可愛い色とお洒落な素材、それにお肌に優しければOKってことでしょう。あー、そういうので満足しちゃうんだあ、って男に思われちゃってもいいのかなあ?

 いや、たとえば絶対的に体格に差があることが多いんだから、よりアシストの大きいステアリングとか、ブレーキサーボとか。シート調整幅の拡大とか、軽いテンパータイヤの開発とか、そういう方向は必要ないのかな。

 あと、毎日のように女性が狙われるこの物騒な世の中で、犯罪防止用の緊急連絡システムとか警報ブザーとか、そういうのは要らないのかなあ?

 たとえば室内真っ黒にして”男性仕様”みたいな風潮に僕は大反対なんだけど、こういうステレオタイプな発想を女性自身がやっちゃうのはどうなの、と思う。

 

|

« 新車心象風景:スバル・フォレスター | トップページ | 雑誌ナナメ読み:ケンカ結構 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

国産に乗らない個人的な理由の一つとして、テンパータイヤの存在がありました。輸入車はフルサイズが乗ってるのに、国産はしみってれてるな、と。このごろは修理キットがタイヤのかわりになっているようで、慶賀すべき事だと思っています。
このごろはボディーの色にピンクが流行。いいんじゃないかと思います。かつて成人式に出たとき、私より背の高い女性がたくさんいて、前が見えなかった、なんてこともありました。女性=背が低いというのもだんだん偏見に近くなっているような感じもします。性別で区切るのはトイレと風呂ぐらいになってくるのでは…。車に女性仕様なるものが本当に必要なのか、私にも疑問ですが。

投稿: 優路 | 2008年1月26日 (土) 16時17分

こんばんわ。
「ピンクのボディに日焼け防止ガラス、バニティミラーにカラフルなインテリア素材」ってピンク=女性らしい、という通り一遍なジェンダー意識が表れていて女性差別的ですよね。女はいつまでもキティちゃんみたいなファンシーグッズみたいなの身につけてればいいってことかな。

同時にこういう風な企画をするのって男性差別でもあるでしょう。男だって日焼けしたり肌が荒れるのはいやだし、華奢で非力な人もいる。iPodとかハイテクAV製品とかPCは男女どちらが使っても様になるユニセックスなデザインが当たり前なのに車だけは家電製品以上に意識が遅れてるのですね。

投稿: 北狐@茅原実里親衛隊 | 2008年1月27日 (日) 22時13分

>優路さん
クルマに女性仕様が必要かと言えば、僕は要らないと思いますよ。やるならこうじゃないの、とは書きましたけど。それより、女性自身がこういうことやっちゃうのがどうかなと思いますね、男性として。ちなみに僕もピンク大好きで、いま一番のお気に入りはマーチのサクラ色です。あれ、欲しいですね。

>北狐さん
ユーザーの意識もあるかもしれないですね、クルマの場合。先日同僚と話していて、インプレッサのビームズコレクションいいよねって言ったら、あんなオレンジ色恥ずかしいとか、かっこ悪いとか散々でした。やっぱり白か紺だよねえって・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月27日 (日) 23時52分

iをはじめとする軽自動車やコンパクトカーって、カラーバリエーションが豊富だし、このような特別仕様ができるだけうらやましい面がありますね。
ボクも性別を意識したクルマつくりって好きではないです。本来は誰が乗ってもいいようにつくられるのが基本で、あくまでもクルマの性格付けとして対象とする層を絞るのがスジかと思いますが…
それにしても国産のボディカラーやトリムのバリエーションって、高級になればなるほど少なくなってしまうのが惜しいですね。それも押し着せのようにシルバー、ブラック、ホワイトが基本で、そこからあまり変わらない色ばかり。新車発表のたびに消費者の多様化するニーズに応えてというわりに、あらかじめ売れ線の色を押さえておいて、申し訳程度に特異なカラーを用意しておいて一部改良やマイナーチェンジで落とすパターン。
それなら、いっそのことオプション価格を頂いてでも、ホンダのS2000などで試みられたカスタムオーダーシステムで可能な限り好きなように選ばせてくれるといいのですが。
デザイナーセンスや、メーカーの言うマーケットリサーチなんてものは、案外狭いもので、もう少しユーザーが選べる選択の余地を広げてほしいものです。

投稿: アクシオム | 2008年1月28日 (月) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/10076372

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:女性による女性のクルマ:

« 新車心象風景:スバル・フォレスター | トップページ | 雑誌ナナメ読み:ケンカ結構 »