« クルマ散策:女性による女性のクルマ | トップページ | 新車心象風景:マツダ・アテンザ »

雑誌ナナメ読み:ケンカ結構

 基本的に内輪ウケに終始することが多い自動車評論家の活動だから、誌上で衝突が展開されることなんてかなり珍しいと思う。

 「AUTOCAR」の3月号なんだけど、フィットとポロのどっちがいいかという連載での話。革新パッケージだけでもフィットを賞賛とする側と、やっぱり骨太なドイツ車とする側が対立、真面目に険悪な雰囲気になっちゃったらしくて、その様子が誌面からも生々しく伝わって来る。

 これを読んで感じたことがふたつあった。

 ひとつは評価軸。この雑誌はイギリスのものなんで、向こうらしくクルマは「乗ってナンボ」が徹底している。もう毎号比較検討記事に溢れていて、ナンバーワンはどれかみたいなことがメイン。もちろん、我が国のインプVSランエボみたいなお約束対決ばっかりじゃなくて、あらゆるセグメントでやってみせるのがウリ。フィットの理想主義擁護は個人的に理解できるけれど、それがこの雑誌の方向性と少々ズレているというか、何だかいつもと違うけどいいのかなあと。

 もうひとつはその険悪な場面をそのまま載せたのは良かったなあと。いや、大の大人がクルマの比較検討くらいで喧嘩するなよというご意見もあるでしょう。あるいは、商業雑誌として編集の段階できれいにしちゃえよとか。でも、それはちょっと違うかも。

 僕らユーザーや読者が「どうせメーカーの提灯記事だから」とか「広告もらってるんだから」なんて物分りのいいことを言うからか、自動車評論、とくにインプレッションってやつはどれもこれも似たような構成に似たような言葉で、ハッキリ言って書き物としちゃあ最低のものが横行してる。

 でも、これって考えてみれば仕事なわけで、そこで手を抜いているわけでしょ。たとえば、僕は勉強していない医者に診てもらうのはイヤだし、練習しない選手のスポーツは見たくないし、下手な役者のドラマは観たくないし、サービスの悪いホテルや旅館に泊まるのはイヤ。じゃあ実際にはどうしているかと言うと、その逆に精進して頑張っているところにお金払ってると。

 まあ、どの分野にしたって「ま、そこそこでいいじゃん」って話はあるんだろうけど、自動車評論はその幅が広いんじゃないかなあ。普通の商売だったらとっくに潰れるような中身でも、メーカーの傘の下でぬるま湯生活OKみたいな。

 そう考えると、険悪になるくらい熱く討論するのなんてきっと当たり前のことなんじゃないかな、本来。だって評論家でしょ。主張のぶつかり合いでしょ。お前、なにフザけたこと言ってんだよって世界だよね。いや、本気なら・・・。

 ま、最初は何だコレって思ったけれど、いいんじゃないかな、こういうのは。

|

« クルマ散策:女性による女性のクルマ | トップページ | 新車心象風景:マツダ・アテンザ »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

AUTOCAR JAPANはいま最もジャーナリスティックな雑誌だと思って愛読しています。

中には個人的な感情だけで書いた記事があって「???」と思うものもありますが、ダメなものをダメとはっきり書く姿勢には好感が持てます。

よくあるインプレ記事なんて、乗らなくてもカタログ見れば書けるようなものばかり。それならボクに書かせてくれよ、といつも思います(笑)

投稿: LANDY | 2008年1月28日 (月) 16時00分

>LANDYさん
自分に書かせろ・・・そのお気持ちとてもよく分かります(笑)
AUTOCARは元NAVIスタッフなど、比較的良心的な評論家が加わっていることもあるでしょうし、元の英国版の趣旨がしっかりしているのが大きいですね。英国版のインプレッションを読んでいると、否定部分に違和感がないですね。ダメなものは普通にダメというだけで、こういう内容が読者に支持されるのでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月29日 (火) 21時10分

最近、車関係の雑誌を買うのはご無沙汰なんですが記事を見てたまに買う唯一の雑誌がAUTOCARだったりします。理由は単純。記事が面白いからです。随分前ですが、新MINIに対してクリス・ハリス氏が「後席狭すぎ、フザケンナ!」と書きなぐったのには思わず笑いましたね。

今回の記事も目を通しましたが、いやぁ「忌憚の無い」と言うのはこーいうもんだな、と。ちゃんと乗って素直な感想を記事にしてくれてるな、と思いますもん。フィットを「中で浮いたような感じ」とか「いじり壊した」とか、自分もそう感じましたし。なんというか、読者と目線が近いような感じがしますよね。でも、そんな感情むき出しの記事を書きながらもちゃんと多角的に車を見て評価して、記事としてまとまってますし、その辺がモノ書きさんだなぁと感心したり。

要するに、車馬鹿の書いた記事なんだなぁと思うわけです。
それに比べて馬鹿の車好きが書いたような記事がどれだけ多いか・・・
カタログ見ただけで書いてんじゃないの?それ乗ったの?その仕組み分かった上で書いてんの?
もうね、漫才かと。そんなんばっかで読む方が疲れる(苦笑)
それでも、昔は熱心に雑誌買いあさって読んでたんですけどね。年取ったなぁと感じてしまう今日この頃です。

投稿: なおすけ | 2008年1月30日 (水) 12時17分

>なおすけさん
車バカとバカの車好き、鋭い表現ですね。面白いなあ。AUTOCARは比較的当たり前のことをそのまま書いていますけど、これが本来の「普通」なんですよね。いま、雑誌が本当にマズイ状況らしいですけど、それは自ら蒔いた種なんです。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月31日 (木) 08時38分

MAG-X読みました。2日で捨ててしまいましたが。
オートカーがご立派な雑誌だとは承知しております(むかし読者の声に載せてくれた=笑)が結局はイギリス仕様の対決なのでは? 日本メーカーの製品でも日本のものとは違うし(例えば後席バックレストは日本2でも欧州仕様は3)、イギリスでの「軍配」を無批判に日本に当てはめてよいのか、という疑問も残ります。議論はもちろん大切ですが、それが車作りによい影響を与えるために議論の中身、そしてよりよい結果への方向付けをしなければ、と思います。保守的でよいことはありますが、替えなければならないときにはスパッと変革する勇気も必要。結果責任ですが。変革の年になるのか2008年。まずはすったもんだで振り出しに戻ったガソリンの税金に注目。

投稿: 優路 | 2008年1月31日 (木) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/10108242

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:ケンカ結構:

« クルマ散策:女性による女性のクルマ | トップページ | 新車心象風景:マツダ・アテンザ »