« クルマ散策:今年もお世話になりました | トップページ | クルマ散策:メルマガコラム »

クルマ散策:スバル産トヨタ車

  一度ここで書いたけど、トヨタ・スバルのスポーツカー開発が本決まりになったらしい。うーん、個人的にはどうなかあ、と思う。

 トヨタはパッソ・ブーンなんかをすでにダイハツに委託して作ってもらっているけれど、今回は少々話が違うんじゃないかなと。AWDはまだ分からないけれど、水平対向エンジンを持ち出しちゃって、しかもトヨタブランドだけで売るって話だもんね。

 で、その見返りがダイハツ主導開発車のOEMだっていうから、それこそパッソ・ブーンとか、ヘタしたらbBとかをスバルディーラーに並べるって話でしょ。いやー、それもまた厳しい話だよなあ。

 これって、たとえばだけどマツダにロータリースポーツ委託してトヨタブランドで売るような話でしょう? ま、マツダは自前でやるからそういうのはないだろうけどさ。端的に行って、小さなメーカーが自社のシンボル的技術をよそにあげちゃったら命取りなんじゃないのかな?

 もしかしたらトヨタでドカーンと売ることによる水平対向の宣伝とか、あるいはエンジンの量産効果とか、そういうの期待しているのかもしれないけど、200万円以下の若者向けFRスポーツなんていうピンポイント車じゃあ、ちょっとね。

 僕としては、今回の業務提携は合理的な生産技術とか、ミッションとかの開発技術とか、あるいはある種のマーケティングのノウハウとか、そういうレベルがいいなあと思っていた。お金に困っている分はカムリみたいな生産委託とか、あるいはダイハツみたいにトヨタ企画車の開発・生産委託とか。そうやってスバルが独自に歩むための基盤を作り込むと。それも無理なら、せめてそれこそパッソ・ブーンみたいなOEMにするとか。結果的にトヨタの方が売れたとしても、やっぱ自社ブランドで持ってないといくらなんでもさあ。

 まあ、トヨタがハチロクみたいなクルマで若者を振り向かせたいみたいな話は前々からあったけど、まさかこんなカタチでまとまるとはねえ。自分で作れないんだったらヤマハに頼めばよかったのに。

 あ、それからメディア、評論家的にはこの話ってどう扱われるんだろう? ちょっと注意してみようかな。

 

|

« クルマ散策:今年もお世話になりました | トップページ | クルマ散策:メルマガコラム »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。以前地元紙でこのことが報道された時はガセかと思ったのですが本決まりなんですか。
ああいうジャンルの車が本当に貴重なんで個人的にはまぁ歓迎したいかと。
ただ問題は、せっかくいい車を作ってもマーケティングや売り方でこけて早々と消えていかないか心配です。新聞報道では<若者向け>スポーツカーという方向で作るらしいですが一歩間違えばオタッキーな飛ばし屋グルマというイメージが付いてしまいかねなくて心配です。アルテッツァも国外ではレクサスISなのに日本仕様では正反対の味付けにして売れなかったのでは。MR-Sもまたしかり。イニDとかの漫画やゲームが好きな若者、特に学生はそもそも車を買うお金がないしああいうことをリアルでやってる人も中古しか買わないのです。(スポーツカー新車市場が壊滅しかかっていますが中古市場だけは健在です)。こういうジャンルは「若者向け」というイメージが強くメーカーもそういう線で車を作りますがむしろ可処分所得と人生経験がある目の肥えた大人に気に入られて買ってもらえるような車づくりを心がけるべきでは。素敵な大人が買って乗ってるのを若者も憧れ、幅広い世代にまんべんなく支持される・・・というふうにしないとスポーツモデルは持続的に売れず、生き残れないでしょう。(アルテが売れなかった一方で同時期のレガシィB4は堅実に売れてましたしね。今だとコペンもそうか)

投稿: 北狐 | 2008年1月 7日 (月) 20時11分

北狐さん

今年もよろしくお願いします。
僕もまったく同意見です。まあメディアがそれを煽っているのも大きいですけどね。
今回、本当に若者向け、なんて思っているなら厳しいんじゃないですかね。そもそも若者向け、年配者向けという発想がおかしいです。いいクルマを作れば、年齢には関係なく売れるものですからね。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月 7日 (月) 21時36分

スバルへのスポーツ車の開発・生産委託の件ですが、現在のトヨタの開発ってとにかく余裕がなくて手が回らようですね。それで頼んだのでしょうかね?
クルマの根源的な魅力を持つスポーツモデルをやすやすと任せるトヨタって少々安易すぎる気がしますが…
それとスバル自体、もともとスポーツモデルが得意なわけではなく、スポーツモデルに必要な技術が特殊的であるわけで、デザインなんかスバルから付き合いのあるポルシェデザインやイタルデザインなどに任せないとあまりいいデザインは期待できないように思います。
こうなったら日本へ復帰した奥山清行氏に頼んでみるのも手ですね。

そういえばスバルのアメリカ工場であるSIAではカムリが生産されているようですね。
元々スバルといすゞの合弁工場で、我がアクシオムが生産された工場でもあります。いずれトヨタのインディア工場になってしまうんでしょうかね。奇しくもスバルといすゞはGMからトヨタ陣営に移りましたが…

投稿: アクシオム | 2008年1月 8日 (火) 15時05分

あけましておめでとうございます。
さてトヨタがスバルを手に入れた訳ですが、最終的にはレガシーが欲しい、ということなのではないかと思っています。その地ならしとして「若者向けスポーティーカー」を売ってみるとしたのではないでしょうか。他社の車を売ることはトヨタでも少なからずありましたが、結局売れませんでしたね。VOLTSとかキャバリエとか。若者がトヨタに振り向くか、ということもありますが。最終的にはスバルを解体してトヨタのスバル部門にしてしまうか、あるいはレガシーブランドだけ抜き取って、ほかを他社に売り払ってしまうか、なども近い将来、考えられるでしょう。水平対向エンジン、なんてものは車の中に隠れていて、一般消費者には見えない。ロータリーも同じですが。国内市場がシュリンクして行く中、活路はどうしても海外になってしまう。そんな中で似たような車を作ってるメーカーがたくさんあっては効率が悪い。アメリカでもたった3社。じゃあ日本は…というお話になってしまうかも知れません。昔から自動車業界は「サバイバル」でしたが2008年は第2次サバイバル元年として記憶に残るかもしれませんね。
本年もどうかよろしく。

投稿: 優路 | 2008年1月 8日 (火) 15時37分

アクシオムさん

手が足りないっていうのはあると思いますよ。でも、もう世界一も取ったことだし、足りないくらいならチョット休めばいいのにとは思いますね。
奥山氏に依頼するっていうのは面白いですね。氏はジュネーブに何か出すらしく、まだクルマをやるみたいですから、これからの活躍が楽しみですしね。

優路さん

明けましておめでとうございます。
レガシィが欲しいってスゴイ発想ですね。ただ、こんな企画をやってしまうくらいなら、本当に資本提携まで踏み込んで、トヨタ傘下でスバルブランドをやったほうが分かり易くていいとは思いますけど。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月 8日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/9736621

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:スバル産トヨタ車:

« クルマ散策:今年もお世話になりました | トップページ | クルマ散策:メルマガコラム »