« 雑誌ナナメ読み:ケンカ結構 | トップページ | クルマ散策:TV局訪問 »

新車心象風景:マツダ・アテンザ

Atenza   巨匠ジウジアーロも絶賛し、欧米メーカーのスタジオに見本として並べられたというユーノス500は、少なくとも日本市場には早すぎた登場たっだけれど、ここに来て色々なタイミングが合い始めている気がするんである。

 たとえば五角形のグリルや切れ長のライト、張り出したホイールアーチなど、造形上の統一イメージをことさら声高にアナウンスすることなく各車に取り入れ、しかも各車それぞれの特徴を出している点は素直に見事かと思う。それで退屈だったら意味ないけど、どれもスタイリッシュなんだからなおさらに。

 それで考えるのはまずレクサス。L-フィネスなんてフィロソフィを高くたかく掲げて、その高尚なコンセプトの実現に躍起になって試行錯誤しているけど、そんな大騒ぎなしでやっているマツダの方がよっぽど結果を出しているのが皮肉な感じ。造形上のテーマは必要なんだろうけど、言葉が先に行っちゃうのはチョットね。

 あとスバル。少ない車種で特徴を出して行こうという点では共通のメーカーだと思うんだけど、何だか展開は両極端になっちゃったなあと。プレオや初代のインプレッサ、レガシィの頃は、個人的にスバルが日本のBMW(スタイリングの話)になるんだろうなあと思っていたんだけど、まさかこんなに迷走するとはね。もちろん外野の声に惑わされたこともあるけれど。

 造形上のテーマがブレず、先代のイメージを素直に引き継いでブラッシュアップし、中身は日進月歩の技術的向上を取り込むモデルチェンジは欧州メーカーの手法。その欧州を主戦場とするマツダがこれを実現しているのはたぶん偶然じゃないと思う。

 まあ、日本じゃマツダ地獄とか、値引きのマツダとか、新古車がどうのこうのとか、商品とは別のところで色々言われちゃうマツダだけど、欧州カーオブザイヤー2位の実力が正当に認められる時期なんじゃないかなあ、と思う。

|

« 雑誌ナナメ読み:ケンカ結構 | トップページ | クルマ散策:TV局訪問 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

最近のマツダデザインは、クリーンでスタイリッシュでしかも高品質に仕上げてきていますね。デミオほどの大きなデザインチェンジではなかったですが、ヨーロッパを主力とするミディアムクラスのモデルとしては真っ当なものだと思います。それに最近マツダのコンセプトカー見られる流れをテーマにしたデザインモチーフも、ヘッドランプの木の葉のようなデザインなど随所に見られますね。とにかくデザインコンセプトに一貫性があってよいです。逆に日産は当初3C(クリア、クリエイティブ、コンシステンス)を謳い、デザインの一貫性を主張していたわりに、すごくマーケットでの不評を買ったのかそれに惑わされてへんてこりんなマイナーチェンジが相次いでいますね。
それにしても今度のアテンザは少々大きすぎる気が…アルファが156から159になった時のように洗練はされていても、サイズアップで156が持っていたスタイリッシュさが失われてしまったようなことがなければいいのですが。近々試乗をしてみたいと思います。

投稿: アクシオム | 2008年1月31日 (木) 10時03分

アテンザ、いいと思います。
RX-8、アクセラ、デミオ、アテンザの流れが明確に見えます。
個人的にはRX-8のスタイリングはクネクネと抑揚がありすぎて好きではなかったのですが、アテンザでようやく板に付いたという感じですかね。
ただ、インテリアはまだまだ。味気ないプレーンな革内装はどうでしょうか。革にすれば高級なんでしょうか?

これはマツダに限ったことじゃないけど、日本車はスタイリングに関してかなり良くなってきたのにインテリアに関しては全く見るべきものがありません。日産キューブとティアナで期待したのですが、それ以降の日産は元の黙阿弥です。

自動車雑誌でよく言われている、「質感」にばかり気を取られていて、基本的な造形はどれも同じ。良くできた「皮革風」「木目風」「チリが合っていること」に全勢力を注いで、造形やカラーリングはそっちのけ。黒かグレー一色のクルマばかり。
造形がよければプラスチック然としていても良いと思うのですが。かつてのフランス車あたりがそうだった。センスの無いジャーナリストが素晴らしい造形とカラーリングを認めず、プラスチッキーだとこき下ろす。この伝統は未だに受け継がれており、大変残念に思います。

レクサスだって外観はBMWに負けないぐらい質の高いものになりつつありますが、インテリアは相変わらずトヨタそのものですからね。

投稿: F105L | 2008年1月31日 (木) 14時23分

個人的にはデミオの内装はチープスタイリッシュでイイと思ってるんですけど、評判は散々ですね。

木目と革になっちゃうのは
結局userの評価ですからしかたないのかも

あえて木目調を使わないベリーサなんかも意識的にはがんばってるんだけどなあ。 

日本はプラスチックそのものの質感がorz

投稿: mazda san | 2008年1月31日 (木) 23時13分

皆さんがおっしゃるとおり、ここ近年
のマツダデザインはクリーンでスタイ
リッシュに纏まっているので、見てい
て清々しいですね。

その手のデザインが本来得意なはず
だったホンダについては、どうもトヨ
タっぽさが目につきますし、近年では
日産に期待しておりましたが、マイ
ナーチェンジを経て以降、以前に逆戻
りしている感がありありです。

スバルについては、Spread-Wingにて
グリル統一を図ろうとするも、どうも
ウケが悪かったのか、また新たな形状
のグリルを試してるようですし・・・

レクサス・・・Lフィネス云々言う前
に、海外で勝負する高級車メーカー
にしては、随分無味乾燥なデザインの
モデルしか出ていないのはどういう訳
なんですかね?

LSやGS若しくはISがトヨタブランドの
クラウン、アリスト、マークⅡあたり
で出していたら、また評価が違ってく
るんでしょうけど。

こうなったら、かなり暴論なんですけ
ど、中村史郎さんとか奥山清行さんあ
たりのほっぺたを札束で殴って連れて
来た方が良いのかも知れませんね。

マツダの話に戻せば、フォード傘下に
収まったことが結果的に良い方に作用
している感じですね。

ジャガーやランドローバーなどと同じ
く、各メーカー毎の独自性をある程度
認めている風に見えますし。

雑文、乱文失礼しました。

投稿: ぽち | 2008年2月 1日 (金) 10時26分

>アクシオムさん
ライト類のひし形反復はとても独創的で魅力的だと思います。今回は日本の美意識を表現したというコトですが、巧いですね。
日産は出来不出来の差が大きいのが気になりますね。何で上の方で安定できないのか、実に不思議です。

>F105Lさん
同感です。個人的にはコストの制約がインテリアに集中しているような気がします。あのデミオでさえ、黒以外は真っ白しかないというのも?ですね。
インテリアではマーチが面白いですね。インパネやシートの色数が豊富で、柄も選べます。コンランとのコラボも良かった。でも何でマーチだけ?

>mazda sanさん
デミオのインテリアは造形的に頑張っていると思います。ただ、高級素材じゃなくていいので、もっと色が欲しいです。乗っていて楽しくなるような色が。まあ、今後色々計画があるんでしょうね。

>ぽちさん
トヨタやその傘下のダイハツはデザイナーの「スター」を作らないというのが会社の方針だそうです。皆で作ったということにしたいそうです。それがいい時もあるんでしょうけど、逆もありますよね。トヨタだってスバルだって才能のある人はいる筈ですから。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年2月 1日 (金) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/10166672

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・アテンザ:

« 雑誌ナナメ読み:ケンカ結構 | トップページ | クルマ散策:TV局訪問 »