« クルマ散策:メルマガコラム | トップページ | 雑誌ナナメ読み:GT-Rをチューンする »

クルマ散策:草思社倒産?

 「間違えだらけ」の出版で知られる草思社が、再生法申請との新聞記事が出た。

 連載していたマガジンXで、06年の春頃、巨匠へ取材をしたことを思い出したんである。その頃に「間違えだらけ」の最終版が出るという話があって、じゃあ、その終刊について話を聞きに行こうとなったわけである。

 ところが取材開始早々「止めたんじゃなくて出版社を変えるだけだ」という回答があって、もう頭が真っ白に。だって、その時点で取材の意味がほとんどなくなってしまったわけだもんね。いやあ、あの日はキツかったなあ・・・。

 同社が負債を抱えたのは、この本が終わったからというより、流行の新書を設けないなど経営方針に無理が生じたらしい。だいたい、僕が最後に出版した7年前にはすでに出版不況なんて言われていて、純文学なんかだと超有名な作家でも初版数千部、しかも返品率が平気で30~40%だっていうから大変なんである。

 こんなんだから文学賞を若くて可愛い娘へあげちゃったりとか、誰でも飛びつきそうな自己分析本とか出しちゃうし、ついには実話と偽ったデタラメなケータイ小説なんてものまでが本になっちゃう。

 自動車雑誌も厳しいのは同じで、そろそろ勝ち組と負け組が明らかになりそう。もちろん、雑誌数が増え過ぎたのもあるけど、やっぱり中身なのかなあ。売れなくなるとモディファイや改造みたいな安易な方向へ逃げちゃう。

 で、新しい「間違えだらけ」は一体どうなるのかな?

|

« クルマ散策:メルマガコラム | トップページ | 雑誌ナナメ読み:GT-Rをチューンする »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

どうもです。
草思社はとりあえず民事再生でどこかの出版社が救済するようですね。間違いだらけ~をはじめもともといい企画を出す出版社だからかもしれませんね。クルマ以外にも鉄道に興味のある自分にとっては、川島令三氏の「全国鉄道事情大研究」シリーズなんかもマニアックでありながらわかりやすい本で好きでしたね。
正月にとあるミーティングで巨匠を知る関係者に会ったところ、最近ではそれほど外へは出られないみたいとのこと。やはり年齢と大病のせいかもしれませんね。
その間違いだらけ~の新刊は、ベストカーの出版元から出るようなことが言われていましたが、その気配もないですね。
この間違いだらけ~で唯一残念に思うのは、98年版で97年に発売された我がビークロスが新車であるにも関わらず掲載されなかったこと。まぁその年のNAVIの年末恒例企画「97年の○と×」では、巨匠にデザインを除いて散々な評価をされたので掲載されなくてよかったのかもしれません。

投稿: アクシオム | 2008年1月14日 (月) 16時32分

アクシオムさん

ヴィークロス未掲載は気がつきませんでした。

巨匠はやはり体調が万全ではないようですね。足がかなりキツイのだと思います。新しい「間違えだらけ」は、そのNAVIに近いところから出るって話ですよ。

投稿: すぎもとたかよし | 2008年1月14日 (月) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/9856712

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:草思社倒産?:

« クルマ散策:メルマガコラム | トップページ | 雑誌ナナメ読み:GT-Rをチューンする »