« 新車心象風景:ダイハツ・タント | トップページ | クルマ散策:今年もお世話になりました »

新車心象風景:ホンダ・インスパイア

Inspire  何だか北米用セダンとワケが分からない感じになっているけれど、今度もまたあちらのアコードがベースなんだそう。

 それにしてもインスパイア。この名前が悪い冗談としか思えないほど影の薄い存在なんである。たしかに初代がアコードから分身した頃は、そのアコードに結構存在感があったから、その高級版たる同車もそれ相応の存在感や威厳があった。でも、いまやその両車ともが共倒れ状態なんである。

 北米はいざ知らず、日本じゃあクラウンやフーガなんて強豪がいる。「面白創造会社」のホンダがそこで大きなセダンを売るなら、やっぱり飛び道具は必須だろう。それはちょっとインテリジェントなドライブ支援装置や、片側休止のV型エンジンなんて程度じゃもうお話にならない程の。

 それがないなら、ビュンとすっ飛んだスタイリングくらい用意しないといけない。基本形は平凡なクセに、ディテールをちょっと角張らせてみたり、サイドに切り込み線を入れたくらいじゃもうお話にならない程の。

 それもないなら、ホンダが大きなセダンを売ったって誰も振り向かないし、買わない。買う理由がない。

 それにしても、どうしたんだホンダ・デザイン。一時的に迷路に入り込むのはどこのメーカーにもあるけど、ちょっとトンネルが長過ぎやしないか。フィット程度で全力投球じゃ悲しいじゃないか

|

« 新車心象風景:ダイハツ・タント | トップページ | クルマ散策:今年もお世話になりました »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ホンダのセダン、というか、ホンダに限らずセダンは法人かおっさんの乗り物になっちゃった、という気がします。売れなくてもいいのでしょう。ホンダのラインナップには、こんな車もございます、ま、ご参考までに並べています、と言っているような感じ。いろいろ先進装備も盛ってます、と。ホンダはフィットが売れてるし、飛行機や太陽電池もこれから売るし、今と近未来に問題はないでしょう、福井さん。F1でもモトGPでも勝てない以外は。来年もF1オーストラリアGP当日は、青山で観戦するのも悪くないか。F1に飽きたら、神宮でオープン戦を観たり。

投稿: 優路 | 2007年12月26日 (水) 13時46分

インスパイアって兄貴分であるレジェンドより立派になった印象を受けますね。逆にレジェンドのデザインの方が、アコードのプラットフォームをベースにしたおかげでホイールベースが短すぎて寸詰まりすぎにも感じますが…
ホンダも日本国内でアキュラが当初の予定通り導入されるのであれば、北米アコードをインスパイアとして売らずに済んだと思いますが、それでもこのインスパイアを北米と同じようにアコードとして売るには大きすぎますね。
ホンダはデザインも迷走していますが、商品構成の方がさらに迷走していて深みにはまっていますね。
ホンダってトヨタや日産のようにヒエラルキーに捉われない商品構成に魅力がありましたが、いつの間にかそれに捉われてしまったような気がします。
こうなったらASIOM君がデュアリスのCMを逆にしたようにクルマに変身するくらいの飛び道具的なクルマが必要かも…
これからのホンダにとってはクルマも動く商品の一つでしかないのかもしれません。ゆえに日本で北米アコードをインスパイアとして売ることでガタガタ言っている場合じゃないのかもしれませんね。

投稿: アクシオム | 2007年12月26日 (水) 14時43分

このインスパイア、サイドビューはまるっきりBMW3シリーズです。ホイールキャップまで似てる。
水素カーのFCXや欧州向けシビックはホンダらしくてなかなかのデザインだと思ったのに、このインスパイアはそれとは全く関連性の無い、無国籍デザイン。ホンダは日本国民をなめてますね。欧州向けのクルマなら絶対にこういうの出さないでしょうから。
いまどき、BMWに似ているなんて言われること自体避けなければならないでしょう〜、日本車は!中国のこと笑えません。

投稿: DueLancia | 2007年12月27日 (木) 01時35分

>優路さん
もういいって感じですか、セダンは。まあ、評判のいい欧州仕様のシビックを入れなかったり、何かあるんでしょうね、考えが。
F1はロズ・ブラウン氏招いたくらいですから勝ちたいんでしょう?

>アクシオムさん
商品構成ですか。そうかもしれません。以前はいい意味で色々ありましたけど、いまはつまらないものが増えて行くだけって感じですね。アキュラは2年後でも止めた方がいいと思います。

>DueLanchiaさん
はー、3ですか。気がつかなかったけど、サイドウインドウのグラフィックなんかそっくりですね。無国籍は同感です。このフロントグリルはクロスロードと同じ趣向ですけど、一体何を考えているのかがサッパリで。何を訴えたいのかなあ、この顔。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年12月28日 (金) 00時24分

はじめまして

タイトルには「日本の自動車評論を斬る!」とありますが、自動車評論を斬る。わけではないのですか?
案外普通に主観的な評論されてますね。
評論自体はスポンサーに気を使う必要などが無い分は、ズバッと言いたい放題だとは感じましたが。
しかしタイトルから察して「ミクロ視点の個人的見解レベルでの評論」を目指しているわけではないですよね?

良い評論は主観でも構わないとは思いますが、読む人に新しい切り口で物事を見るキッカケを提供できるものだと思います。
そのためには広い見識と洞察、深い考察がなくてはならないと思います。
また、そのモノをクリエイトした側も気がついていないような鋭い見方を示せれば、つくり手側への(良い)影響も期待できるでしょう。
それは、良い未来の世の中へつながっていくと思います。
評論する事は有名無名を問わず自由なのでしょう。ですが、上から視点の(しかも視野の狭い、思い込み)批評は読んでいても楽しくありません。
例えば、すぎもとさんはホンダの開発陣が「ビュンとすっとんだスタイリング」を検討していないとでも本気で考えていらっしゃいますか?
今回このINSPIREの記事では、実車にも触れず、見る事もせずに書いてる事は伝わってきました。考察以前に洞察が無さ過ぎと感じます。
これは、インターネット時代の大きな落とし穴だと思います。
ぜひ、もう一度実車を深く観察した後に、ホンダの開発陣に届くような鋭い評論をお願いいたします。

投稿: dai | 2007年12月28日 (金) 16時31分

>daiさん
はじめまして。ご指摘ありがとうございます。
メディアの自動車評論を斬ることは、媒体の性格上比較的淡白なこのブログでも書いていますので、少々遡ってみてください。最近は書いてないので・・・。
新車については、ここで完璧な評論はしていません。というか、簡単に読めるような文字数でそれは無理なので”心象風景”という括りでニュアンス、エッセンスだけを出すようにしています。
書籍、雑誌、メルマガ等のメディアでは車社会についてそこそこ突っ込んだことを書かせていただいていますが、いまだデザインについてはその機会が得られず、まとまったことが書けていないところです。ぶっちゃけ、ページがもらえないんですね。
そういう意味では今回のご指摘はごもっともで、今後の表現活動に反映させてただきたいと思います。ありがとうございました。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年12月28日 (金) 19時14分

>それもないなら、ホンダが大きなセダンを売ったって誰も振り向かないし、買わない。買う理由がない。
>ホンダに限らずセダンは法人かおっさんの乗り物になっちゃった、という気がします。売れなくてもいいのでしょう。

嘘は止めてください。北米でロングベストセラーカーですよ?

投稿: llll | 2012年7月12日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/9571636

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・インスパイア:

« 新車心象風景:ダイハツ・タント | トップページ | クルマ散策:今年もお世話になりました »