« 雑誌記事:マガジンX1月号 | トップページ | クルマ散策:暫定税率延長 »

新車心象風景:日産・ムラーノ

Murano 発売してないけど、ちょっと先取りということで。

 LAショーに出品というかたちで 発表された新型ムラーノ。パッと見て、ああ、ムラーノまでこうなっちゃったか、というのが第一印象なんである。

 何がこうなっちゃったかというと、デザインテーマの喪失、あるいは希薄化ということだど思う。デザインをシフトした現行は、寸法はだいぶ違うけどマーチとの近似性を感じさせる上下二分のテーマがハッキリしていた。ヘッドライトから明確なショルダーラインをつけ、リアランプからバンパーに落ちてゆく下モノと、そこに載った優雅な上モノ。全体の造形が明快で分かり易く、かつアメリカンサイズのSUVには極めて新鮮な印象を与えた力作なんである。

 新型はたとえばヘッドライト周りやボンネット、リアランプ周辺なんかに凝った細工がしてあるんだけど、全体はヌボーっとしてつかみどころがない。つまり造形上のテーマが見えない。リアあたりはデュアリスとの共通性を持たせているみたいだけど、カタチとして必然性が見当たらないし。

 ああ、と思ったのは、これって今度のスカイライン・クーペも同じことになっているんだよね。ウソかホントかポルシェデザイン社が絡んだという先代は、明快な弾丸シェイプの大きな塊にアーチを載せて見事にまとまっていた。一方、新型はウネウネと抑揚は強くなったけれど、溶けたチーズみたいで造形の収束感がまったくなくなってしまった。

 実はこの手のモデルチェンジはトヨタのハリアーやエスティマも同じで、手元のチマチマした小細工に執心して全体のまとまりを失くすという、何ともありがちな発想だ。一見新しく未来的になったイメージは与えるものの、テーマ性がないから後に印象を残せないスタイルである。

 ま、ありがちとは言え、何たってムラーノはデザインをシフトしなくちゃいけないわけだから、これはちょっと見過ごせないなと。でも、ポンポンと優れたデザインが出た後にどうしてこういうことが起きるんだろう?

|

« 雑誌記事:マガジンX1月号 | トップページ | クルマ散策:暫定税率延長 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

やはり新型ムラーノのデザインに対する評価が散々ですね。
新型ムラーノのテールゲートは、さましくデュアリス、ローグとの関連性を持たせていますが、そのおかげで現行ムラーノが持っていた日本車にはないグラマラスな造形がごっそり抜けて魅力がなくなりましたね。
これもデザイントップのN常務が推し進めるブランドアイデンティティ戦略なんでしょうが、基本となるデザインがよくないのにそれを推し進めてどうするんだと…
ゴーンさんの去就もさることながら、N常務の去就もそろそろかもしれませんね。

ちなみにこの前の日曜日いすゞヒストリックミーティングに参加して来ました。
117クーペのハンドメイドモデルやべレットなんかも拝めてよかったです。
この会場でも日産に移籍されたN常務の話題が出て、散々な話に…なんだか日産が気の毒だし、いすゞの乗用車が撤退した要因ってまさか…という話にもなりました。
このイベントの模様はブログにのせていますのでご覧下さい。では!

投稿: アクシオム | 2007年12月 4日 (火) 11時48分

いつも思わず頷いてしまう記事ばかりで、毎回コメントしたいくらいなのですが、ついつい現在のカーデザイン批判ばかりになってしまうので、控えるようにしています。しかし今回はあまりに私の思っていることと近くて、コメントせずにはいられません。
現行ムラーノはBMWやボルボ、ポルシェにだってちっとも負けていない、いやそれどころか上回る、美しいデザインだと思います(方向性が違いすぎですが)。それだけに新型には、私も心底がっかりしました。スカイラインクーペも、デザイン的には先代から後退しているとしか思えず、全く退屈です。後世に見たら、どっちがより新しい型か間違えそう。
現行マーチやキューブ、ムラーノ、Z、旧スカイラインクーペあたりは非常に良かったのに、ここ数年の日産デザインはつまらないですね。初めは何故?でしたが、最近はそれが意図的なものであると確信するに至りました。仰るようにあえてトヨタ的手法で、売れ線狙いで平凡にしているのでしょう。そう思わないと理解できません。悲しいことです…。

投稿: yad | 2007年12月 4日 (火) 14時11分

>アクシオムさん
あ、新型の評価はそんなに散々なんですか。チョット見は未来っぽいので、結構評判よかったりするのかと思ってました。まあ、これがデザイン担当役員ひとりの責任なのかどうかは?ですけどね。
ブログ拝見しました。いやあ、目の保養になりましたよ。

>yadさん
そんなに賛同していただけるとホント嬉しいですね。そうなんです、数年前までの日産車は、もうそこら辺の日本車とは次元が違うところまで行ってしまったと思うくらいレベルが高いクルマがあったんですけど、どうも雲行きがね・・・。
どうしてもこうしたいと思ったんなら仕方ないけど、でもその理由は聞いてみたいもんですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年12月 5日 (水) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/9241576

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・ムラーノ:

« 雑誌記事:マガジンX1月号 | トップページ | クルマ散策:暫定税率延長 »