« 新車心象風景:日産・ムラーノ | トップページ | クルマの他:音楽の週末 »

クルマ散策:暫定税率延長

 道路特定財源の暫定税率が今後10年間据え置かれるという法案が通りそうな気配なんである。

 ちょっと前まで一般財源化の可否やら、暫定税率の廃止云々なんて論議がされていたと思ったら、いつの間にやらこんなことになっていた。建前とはいえ、これまで5年間ごとの見直しがされていたものが倍の10年である。ナメてるのか?

 マスコミもどうかと思う。こういう話になると「まだ道路は必要なのか否か」みたいなステレオタイプの論調に持ってゆくけれど、財源そのものの有無を論議しているわけじゃない。別に暫定税率を廃止したって特定財源の大半は残るわけで、道路の新設も補修もできるんである。ホントTVの報道は劣化の一途だ。

 けれども、僕は今回のA級戦犯は自工会やJAF、そして自動車メディアだと思っている。

 自工会やJAFは以前から一般財源化反対運動やってますというポーズだけど、どこで集めたのかわからない署名や、モーターショウ内でのイベントなど、どうにもこうにも中途半端で、真剣じゃないのがアリアリなんである。本当に反対だったら与党に圧力かけるくらいのことだってできるだろうし、それこそTVなどのメディアで大々的に 扱ってもらえばいい。ガソリン税の存在すら知らない人が多い中、それをやらないのは何故?

 それに自動車メディアだ。ユーザー、ドライバーにとってこれ程重要な案件はないだろうに、一体何をやってるのか? GT-Rが高いとか安いとかより、もっと大切なお金の話があるでしょうに。

 やっぱり無駄な道路はないとか、高速道路料金を10%引き下げるとか、実に適当で場当たり的なことをズラズラと並べて既得権を確保する。役人や政治家なんて昔からこんなもんだけど、せめて自分達のフィールドに入ってきたときくらい、真面目に取り組んでみたらどうなの?

|

« 新車心象風景:日産・ムラーノ | トップページ | クルマの他:音楽の週末 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

うーん。「不都合なことはみんなマスコミが悪いのよ」という、典型的な論考ですか。本当にそうなんでしょうか。マスコミのせいにしておけば、マスコミ以外は誰も傷つかず、めでたし、めでたし、と。佐藤優などはマスコミに対して「ただの媒体」として何の期待もしていない。「外務省のラスプーチン」などと叩かれた後も、平気で出演/執筆している。別にエライとは思わないけど。あまたあるメディアをマスコミとひとくくりにしてしまうのも、どうかと思うんだけど。たとえば大連立の仕掛人ナベツネ=マスコミかと言われると、素直にうなずけない。別の言い方をすれば、例えば「最近の車が良くないのは、自動車評論家がだらしないからだ。自動車評論なんて劣化の一途」とか十把一からげに根拠も示さずに言われたら、世のモータージャーナリスト諸氏はどんなリアクションをされるのでしょう。そもそも他人のふんどしで相撲を取る=メーカーから広報車を借りる=時点で「負け」だと思う。ほかのやり方はないのかな。JAFや自工会が税金についてポーズだけなのは、彼らの出自を見れば分かる。天下り団体とメーカーの集まりが、お上に楯突く訳がないでしょう。ないものねだりはもう、止めませんか。テレビや雑誌は広告が入らなくなると餓死。部数の伸びない新聞も広告が減ってるので増やしたい。世のメディアの中で、インディペンデントに発言・報道しているところは本当に少ないと思う。利害関係のあるところに、的確な報道はない。だからメーカーから広告をもらわない雑誌には期待してたんだけど。ま、利害関係はないけど「悪意」のみで成り立っているものもあるので、気をつけなければならないけれど。「商業ジャーナリズム」の現状を、すぎもとさんもご存知なんでしょう? 自動車雑誌を「ジャーナリズム」と、また、あご足付きで海外に出かけて「インプレ」と称するものを書く人を「ジャーナリスト」と私は呼びたくない。

投稿: 優路 | 2007年12月11日 (火) 05時08分

>優路さん
ご指摘ありがとうございます。いつも肯定的コメントが多いのですが、こういうご意見も自分としてはありがたいと思います。
ただ、世の中こういうものだから仕方がないという発想は自分にはありません。それを受け手=ユーザーが口にしてしまっては本当に終わりだと思うからです。たとえば最近のクルマはつまらない、イヤー・カーがおかしい、税金が妙なことになっている、道路行政がなってない、と思えるとしたら、では一体どうしましょう?
僕は広告を得ている雑誌や、そこで執筆する評論家が何も出来ないなどとは考えていません。ご存知かと思いますが、国産車のサイドインパクトバーについてTVで大々的に告発したのは一部の評論家とメディア関係者でした。まあそこには色々いきさつがあったようですが、とにかくやろうと思えばかなりのことが出来るということです。それをやらないのはどうかということです。
ただ、評論家や自動車メディアについて苦言を呈するというのはあくまで僕のやり方です。僕はユーザーとしてこういうやりかたをするべきだと思っているということです。つまり、先述のような疑問に対してはもっと他に色々なアプローチがあるだろうとも思っています。
じゃあ、たとえば優路さんはどうされますか? いえ、どうしたらいいと思われますか? もしかしたらもう何かをされていますか? 是非それをお聞きしたいです。
たしかに僕のやり方は正論ばかりで工夫がありません。ですから、もし他のやり方があったらお聞きしたいですね。そういう意見が色々集まったらもっと建設的になるかもしれません。やり方はたくさんあった方がいいに決まってますしね。もちろん、何かをしなくてはいけない、ということでもないでしょうけど。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年12月12日 (水) 00時42分

すぎもとさん、長いお返事ありがとうございます。私は拙文ですぎもとさんを責めているつもりは全くありません。ただ現状の責任を「他」に求める部分には、違和感を感じております。すぎもとさんの論考がいつも「正論」だとも思っておりません。そもそも正論って何?という感じです。正義とは何か、の結論すら現状、出ていないのですから。サイドインパクトドアビームについては、たしかNHKの番組が火をつけたように記憶しております。巷間言われることですが、日本車の日本仕様と欧州仕様に大きな違いがあると。この辺をもっと的確に比べてみる媒体があればいいのに、と思います。物事が説得力を持つためには、「形(フォーム)」と「中身(コンテンツ)」が整ってなければならない、と思うのが私の考えです。どちらが大事かといえばもちろんコンテンツなのですが、フォームを伴わないと、そのコンテンツは信用できないと思われ、ご立派なコンテンツもなきに等しい、とされかねません。たとえば某ジャーナリストが欧州に出掛けて、素晴らしいインプレッッション記事を書いたとしましょうか。中身は手放しで素晴らしい。だが彼の欧州への往復旅費や滞在費はメーカー丸抱えでした。さてそのインプレッションは信用できるか?私は信用できない方に1票入れます。メーカーにおカネ出してもらって、はたして本当のことが書けるのか私自身では判断できないからです。委託されて(ひらたく言えばおカネもらって)宗教機関誌を刷りながら、自分たちの紙面では「不偏不党」を声高に言叫ぶ某新聞の主張を信用できるか?私は信用しにくいなあ。
私は個人的に何をどうこうしよう、という明確な意志はありません。ただ気になったこと、気のついたことは相手が誰であれどんな組織であれ、言うということにしております。某製菓会社のCMでぬいぐるみ同士が殴り合うものがあり、見るに耐えないし子どもに見せたくないので、会社に対して苦情を申しあげました。かつてNHKBS1とBS2で正午前同じ時刻に天気予報をやってましたが、それぞれ別の人、別のセットを使ってやっていたので「天気予報はだれが伝えても同じはず。同じことを伝えるのに2倍の人数とカネを掛けてやるのは無駄」と指摘しました。いまBS1はその時刻に天気予報をするのをやめ、BS2は総合テレビの素材をそのまま同時に流しています。噴水の汚いホテルには「汚い」といい、遅い宅配便には遅い、と思った通りに申し上げています。車のメーカーやディーラーにもきちんと物申しております。あくまでも一人の個人として、ですが。車のデザインよりもこの社会がどうなるのか、を探ってほしいと思います、すぎもとさんには。頑張ってください。

投稿: 優路 | 2007年12月12日 (水) 03時24分

マスコミの偏向報道も酷いですが、政治に無関心な国民もまた、同罪だと私は考えています。
政治家は国民によって選ばれており、その選ばれた人が10年と言うのであれば、それは国民の声です。(反映されていようが、いまいが。)
ただ国民の声が反映されていない と言う点については、今回の暫定税率延長は国民の意見を無視しているものと私は感じています。 かく言う私も暫定税率については延長すべきでないと思っているからです。
ただし与党である自民党が審議している間、自動車総連がバックアップしている民主党の議員は何をしていたのでしょうか?
そう、自国の審議はほったらかしで中国訪問に行ってた訳です。
野党最大の民主党がこの有様では、暫定税率に反対なんて出来る野党がいる訳が無いではないですか。
その民主党を選んだのも国民です。
ただし民主党が議席数を伸ばした影にはマスコミの偏向報道が強く影響しており、今のねじれ国会に繋がっている訳です。
(マスコミの酷さについてはご存知だとは思いますが、平気で事実を捻じ曲げて報道しているのが実情です。)

今すぐに道路族議員の数を減らすことは不可能ですし、民主党が政権を取った所で状況が好転する事はありません。 民主党の年金公約は問題を先延ばしにするだけのリップサービスでしか無いのがすべてを物語っています。
国民が正しい情報を公平に入手する事ができる環境が整ってはじめて、今回のような暫定税率延長なんて馬鹿げた法案が通らない国会になると私は思います。

報道の自由を盾にすれば何をしても許されると考えているマスコミに、苛立ちを覚えるばかりです。

投稿: 通りすがりのさらりーまん | 2007年12月12日 (水) 21時54分

民主党が参院選に勝ったのは、仮に偏向があったとしても、マスコミの報道のせいではないと私は思います。三位一体の改革などというもので地方へのカネを減らして地方をいじめにかかったから、しっぺ返しを受けたのだと思います。「自民党のやり方(地方いじめなど)には腹が立つ。今回ばかりは自民党に入れない」という自民シンパの声をよく聞きました。民主党に投票した、というよりは、自民党に入れなかった、というのが真相ではないかと思っています。慌てて都の税収を削って地方に配分しようとしていますが、地方はもはや、飢え死にしかかっています。民主党に期待するものは何もありません。かといって自民党に期待もできません。枯死するしかないのか。自民・民主の枠を超えた再編の時代に入っているのかもしれません。

投稿: 優 路 | 2007年12月13日 (木) 01時55分

盛り上がってたんですねー(笑)
私なんて一般財源化にまわされる分をなくす為に
予算を余らせないように道路作るのに全て使いますの発表以来忘れてました(笑)

投稿: ヤン | 2007年12月15日 (土) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/9345176

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:暫定税率延長:

« 新車心象風景:日産・ムラーノ | トップページ | クルマの他:音楽の週末 »