« 雑誌記事:久々の入稿 | トップページ | クルマ散策:十人ひと色 »

雑誌ナナメ読み:値引き自慢

  「月刊自家用車」の”値引き自慢”投稿を久々に見たんである。

 いや、もうとっくに終わってるかなと思ったんだけど、いやはやパワーアップしているんでビックリである。読んだことがある方もいるかもしれないけど、要するに自分は新車をいかに値引いて買ったのかを投稿、自慢するコーナーで、その赤裸々? な内容がウリ。

 例によって複数のディーラーに訪れてはカマをかけまくって値引きを迫る。あっちはここまで引いたとか、こっちは下取りがいくらだったとか。セールスマンが困ったり上司に相談なんかすればもうしてやったり。いやいや、ここで引いては生温いとさらに無理難題をふっかける。

 モノを値引いて買うこと自体がいけないとは思わないけれど、デタラメを使って相手を苦しめてまでするのはいかがなものか。しかも、苦しんでいるのを楽しむなんていうのは論外でしょう。とくに今号はそれが如実に表れていて、購入店を決めた投稿者がセールスマンに電話して開口一番「喜んでください、そちらで買うことになりました!」だって。

 「喜んでください」っていうのは普通「喜んでください、お客さんの条件が通りました」っていうセールスマン側のセリフでしょう。つまりアレだ、”買ってやってる”という姿勢がそのまま出ちゃったってこと。さらに、こういう恥ずかしいことを夫婦揃って写真入で投稿しちゃう神経がスゴイ。

 いや、高額商品だから購入が厳しいこともあるんだろうけど、そしたら正直に「これしか出せないんですが相談に乗ってください」って話をすればいいんで、天秤にかけて楽しむ必要はコレっぽちもない筈。

 最近はTV番組の質の低下が著しいけど、これはもう消費者の質の低下なんである。こういうのを見ると、クルマ文化が根付かないなんて言われるのはべつにメーカーだけがいけないんじゃないとつくづく思ってしまう。クルマ好きの風上にも置けないというか。

 もちろん、こういうコーナーを開放するメディアもいただけない。仮にこれがある種の現実だとしても、それは違うんじゃないと示すのがメディアの役割、大人の良識ってもんじゃないのかなあ・・・。

|

« 雑誌記事:久々の入稿 | トップページ | クルマ散策:十人ひと色 »

「雑誌ナナメ読み」カテゴリの記事

コメント

いわゆるDQNな大人の典型ですね…

自分さえ良ければいい、他人に対する気遣いなど皆無な人たち。

日本人のモラルの劣化が色々なところで見受けられるなと感じました。

投稿: こるとん | 2007年11月13日 (火) 09時10分

「X氏の値引き大作戦」でしたっけ?
あの雑誌は免許取った頃の10年ほど前に購読してましたが、まだやってるんですね。

営業さんを困らせている、という印象より「よくもこんな(悪)知恵が浮かぶもんだな、必死だな」と別の意味で関心してました。いえ、実践はしていませんよ(笑)。そりゃー相手の身になったらあんな事よー言いませんわ。

自分が厄介になってるお店で聞いた事ありますけど、たまーにあの手の雑誌を鵜呑みにして値引きを迫る客はいるそうです。でも、そんなのはまず一見客だから適当に話をして帰ってもらうんだとか。いくら実績上げたい時期でも、そんなのに売ったら将来必ず別件で無茶を言ってくるからろくな事が無いそうで(そりゃそうか)。

車は買う時より買った後の方が大事なんですから、値引き交渉なんて下らん記事ばかり書かないで、アフターフォローの良い店、悪い店を真面目に検証するような記事でも書けば大いに賞賛するんですけども・・・書く側にモラルがなさそうですし、ダメか。

投稿: なおすけ | 2007年11月13日 (火) 17時24分

こんばんは。

小生も杉本様の意見に賛同いたします。

まったくあのコーナーは「浅ましい」といいますか「さもしい」といいますか・・・。

子供の教育の低下とか言いますが、大人も人格の低下というものが問題です。

もう少し品性というものを大事にしないといけないですよね。

投稿: nakayama | 2007年11月13日 (火) 18時28分

>こるとんさん
ははあ、DQNというんですね、こういう場合。ただ、DQNな大人、じゃなくて、単に子供ってことかも?

>なおすけさん
そうですね、フォローのいいお店、特徴のあるお店なんかを紹介するのは面白いですね。それこそ「大人」な、ちゃんとやっている人たちに光を当ててほしいな。

>nakayamaさん
「さもしい」がピッタリかもですね。きっとこういう人たちに限って「横綱の品格が」なんてこと言ってるんでしょうね、きっと。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年11月13日 (火) 23時50分

こんにちは。
最近の品の無い大人の事例として、

給食費を払わない理由:義務教育だから別に払わなくたっていいんでしょ。子供もまずいと言ってるし。

医療費を払わない理由:うちは家のローンとか車のローンがあって家計が厳しいから。

学校の先生に:ウチの子に掃除なんてさせないで。そんな汚いことさせたことないから。

なんてことを平気で言う親たちのことを思い出しました。ちょっと似てますね。
彼らにそのことの何が悪いのか説明しても意味が無いのでしょうね。嘆きを通り越してます。

投稿: DueLancia | 2007年11月14日 (水) 17時26分

Duelanciaさん

そんなことが起きているのですか? いやあ、すごい世の中になったものですね。
ただ、こういうのはそのわがままを認めてしまう状況があるから増殖するのかもしれません。

給食費を払わないのは結構ですけど食べられませんから、と毅然と対応すればイヤでも気がつくと思うのですが。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年11月14日 (水) 23時54分

おはようございます、はじめまして。
いつもメルマガのコラム楽しみにしています。

これは雑誌という形態を考えると仕方がないのかな、なんて思ってしまいます。(モラル云々よりも人気コーナー→雑誌の売上が上がればよし)

うがった見方をすると「これってフィクションなんちゃう?」なんて思うこともしばしば。

車を売っていた経験がある自分からすると、利益・その後の関係を考慮して「そこまでして売ろうとは思わない(思えない)」というのが正直なところでした。

ただ、

>正直に「これしか出せないんですが相談に乗ってください」

これはお客様として誠実に正直に相談にのってもらいたいと思う顕れなんでしょうが、言わない方が良いと思います。なぜなら、営業はお客の予算がわかると確実にイニシアティブが取れるので「それならこちらのグレードでないと無理です」というケースも出てきます。(本当は頑張ればなんとかなっても、それの方が利益を守れる)

業界を離れてから、車を購入する機会に恵まれた時に各ディーラーに「私は価格で決める」「他社にも相見積をとっている」「交渉は面倒なので出せる一番の好条件を」と希望して回答を貰ったのですが、その後も全社が「これだけ勉強します」と後から上乗せしてきました。

この状況に遭遇した時に、顧客として「勉強してくれるのはこの上なく嬉しいが、交渉が面倒と伝えているにも関わらず、後から小出しにしてくる営業は結局嘘つきだなぁ、出せるなら一番最初に出せ!」という印象を受けましたからね。

なので、価格交渉はお互いの人間性を守ればいくらハードでも「有り」かなと思います。(文中のケースではそれが守られていないので無しですが 苦笑)

それに、各メーカーも自動車を作るにあたっては部品納入などに厳しい価格競争を強いているわけですし、ディーラーにしても常に自社の利益を考えて業者に対しては価格競争を強いているはずですからね。お客様の立場でもそれは大いにアリかなと思います。

投稿: 曲者 | 2007年11月21日 (水) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/8892095

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌ナナメ読み:値引き自慢:

« 雑誌記事:久々の入稿 | トップページ | クルマ散策:十人ひと色 »