« 新車心象風景:トヨタ マークX・ジオ | トップページ | 新車心象風景:日産・スカイラインクーペ »

新車心象風景:三菱・ランサーエボリューションX

Evox  問題はふたつ。まずは、やっぱりあまりに「ギャラン・フォルティス」そのまんまのエクステリア。

 先代ランサーが泣かず飛ばずだったのは、もちろんベース車があまりに無個性だったことが大きいけれど、そこに来てメディアがエボばっかり取り上げる現実があったから。それは多分今回も同じで、まあフォルティスもデビューからこっち結構取り上げてもらえたけど、エボが出ちゃった今後は厳しいんじゃないか。ま、名前変えればいいってもんじゃないし。

 もうひとつはスポーツセダンの可能性。エボに関しては高出力エンジンの他、「Twin Clutch SST」なる自動マニュアルシフトとか、「S-AWC」なる統合制御装置とか、かなり力の入った新技術が採用されているけれど、これがエボだけっていうのが何とも惜しい。

 たとえばBMWのMとかアウディのRSとかが分かりやすいけど、ラリー出身の汗臭いエボとかじゃなくて、あくまでも高級スポーツ仕様として、つまり”フォルティス・スポーツ”の可能性をミスミス逃しているんじゃないか、という話。

 エボが注目されるとは言っても、所詮それはごく一部のマニアだけのこと。ベース車にそれなりの魅力があるなら、走り屋じゃない普通の大人が乗れるクルマの方が圧倒的に市場が広い筈。だったらフォルティスのスポーツ仕様として先のような新技術を盛り込めば、三菱のMやRSができたでしょう。

 いや、実はエボもその辺を考えていて、しっかり高級仕様なんかも設定したりしているんだけど、まあ何て言うかランエボはランエボなんだよね、世の中的に。あんなトランクに羽の生えたようなクルマ・・・っていう既成概念はなかなか手強いんじゃないか?

 エボは三菱にとって大切な商品だけど、だから使い方は要注意なんである。

|

« 新車心象風景:トヨタ マークX・ジオ | トップページ | 新車心象風景:日産・スカイラインクーペ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

先月、輸出仕様のエヴォを船積みするための陸送(自走移動)に出くわし、暫く何台かと並走しました。 会社の隣にモータープールがあるのでじろじろ見たのですが、車体としては誰でも入りやすそうに見えるのに羽が邪魔してる印象でした。 エヴォだからって最初から羽つけないでも十分行けると思うんですがどうでしょう、欲しい人はオプションで付ければいいのですから。 並んで走ると腰高なところが今までより印象的で好き嫌いがはっきり2分されそうな気がします。 個人的には今までのみたいにラリーっぽさ前出しぢゃないところがいいのに、あの羽が残念。
でもオヤジさんたちには好印象で評価はいいみたいです。

投稿: 嶋次郎 | 2007年10月11日 (木) 21時26分

そうですねえ。
羽を付けないとエボっぽくないし、羽を付けると族っぽいし、どうしたもんでしょう。やっぱ個人的には「エボ」という名前が元凶のような気がします。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年10月14日 (日) 00時18分

うーん。ランといえばエボ。インプレッサはノーマルも売れている感じなのに、いまのラン(ギャラン・フォルティスでしたっけ。略したらやっぱり「ラン」?)のノーマルが売れてないように感じるのは私だけでしょうか。走り屋さん特化車もいいですが、その走り屋さん自体が少子化の影響?で絶滅危惧種と化している。もうちょっと大人向きにすれば、昔の走り屋さんが帰ってくると思うのですが。たとえば「セリカXX復活」「初代ソアラがリバイバル」とかすれば、結構売れるのでは。いまごろになって岩崎良美の「タッチ」セルフカバーCDを買ってしまおうとする我が身などは「ビートが帰ってきた!」と聞けば後先考えずに予約しちゃうけど。

投稿: 優路 | 2007年10月19日 (金) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/8333960

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:三菱・ランサーエボリューションX:

« 新車心象風景:トヨタ マークX・ジオ | トップページ | 新車心象風景:日産・スカイラインクーペ »