« クルマ散策:東京モーターショウ | トップページ | クルマ散策:モーターショウへ再び »

新車心象風景:トヨタ・カローラルミオン

Lmion  2代目bBと同じ、北米のサイオンブランドをそのまんま持ってきて売っちゃえ、の第2弾。

 北米の若者の趣味がこういうものなのかどうか僕は知らないけれど、威圧的というか品がないというか、ちょっとあんまりなスタイルである。こんなクルマを日本に持ってきてどうするんだと思うし、そいつにカローラの名前を冠するなんてさらに信じ難い。

 まあ何ていうか、bBの兄貴を持ってきてどうしようかと考えるワケである。bBよりデカいからミニバンとして売ったらどうか。ああ、それならスパシオの後釜の席が空いているぞ、そうかそうか、カローラのサブネームを付ければ結構勢いで買っちゃう人間もいるんじゃないの?

 商売だから、営利目的企業だから、だからトヨタはおかしくないよと意見も多いでしょう。でもねえ、そういう話もそろそろ聞き飽きたよね、いい加減。お付き合いがあるとか広告収入がどうとか、評論化筋も相変わらずスルーパスなんだけど、でもそれだって限度があるでしょう。

 それに何度も言うようだけど、北米との商品共有化でスカイラインなんかを叩いていた人たちって、こういうのはいいワケ? ”バカにするんじゃないよ”度はこっちの方が遥かに高い気がするんだけど、僕は。

|

« クルマ散策:東京モーターショウ | トップページ | クルマ散策:モーターショウへ再び »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「カローラ」の販売台数が未だに毎月2万台ほど売れていて相変わらずナンバー1の地位を築いているというデータは前から不思議に思っていたんですが、こういう派生車も全部カウントしているからなんですよね。どう考えても「普通の」カローラなんてそんなに売れてないし、単体ではビッツとかフィットの方が多いんじゃないでしょうか?
それにしても、このデザインは酷すぎる。というか、プロがデザインしてんの?

投稿: DueLancia | 2007年10月28日 (日) 22時50分

かの伝説的車番組の司会をされていたジャーナリストの方が
「気に入らない車は買わなければいい。皆が買わなければいずれ淘汰される。」
と仰ってましたが・・・残念ながらこの企業には当てはまらないようですね。体力はあるし、実質足元を脅かす同業他社がいないものだから、これが売れなければあれ作れ、他社の人気車は気に入らねぇから徹底的に潰せと傍若無人にやりたい放題。まるで車を使い捨てるかの如き所業ですが、こんな企業がプリウス作ってエコを謳っているんですからね。客が馬鹿にされてるような気がしてなりません。

まあ、富士スピードウェイの一件で客を部品扱いしてましたから、本当に馬鹿にしてるんでしょうね。

投稿: なおすけ | 2007年10月29日 (月) 10時55分

カローラという名前を売り上げ1番に載せるために、またつまらぬ車にカローラの名を冠した、という感じですね。トヨタはいつカローラに見切りをつけるのか、いや日本に見切りをつけるのか。
モーターショー行ってきました。今度のステップワゴン・スパーダはMMC(ホンダ用語?でビッグマイナーチェンジのこと)で、オールニューは数年後。またダイハツブースの赤い軽オープンOFC-1は、市販も視野に反応を見ているところだとか。ビートに乗ってました、と話を振ると、ビートやカプチーノに比べて「技術的に新しいものはない」と残念そうに言っていました。コペンのお面違いと思って大差ないらしい。OFC-1この形でぜひ売ってくれ、と言っておきましたが。あとタントカスタムのお面はゼストそっくりで辟易。
派手なおねえさん方の陰に隠れてますが、「説明員」「技術説明員」のおっさんたちに声をかけると、いろいろ教えてくれます。田舎の現場から動員されてきたおじさんたちのようで(ホンダの人は共通語ではなかった)マスコミに対すガードも高くない。こちらがはっとするようなことをぽろっと言ったりします。
今回、個人的には「PUYO」が一押し。その場360度回転はガメラの回転にも似て(うそ)。FCXとアシモとPUYOが並んで、漠然とした明るげな未来感を感じさせてくれます。

投稿: 優路 | 2007年10月29日 (月) 11時59分

すぎもとさん、こんにちは。

カローラルミオンですね。
私も現物を東京モーターショーにて拝
見しましたが、サイオンxBをそのまん
ま持ってきてカローラ系に入れるのも
ちょっとどうかと思いました。

どうもこれは以前からの風潮ですが、
トヨタが若い人向けの車を作ろうとし
てもどこかオッサンっぽいですよね。

#この辺の車を企画させたら、ホンダ
とかマツダあたりが上手いのかもしれ
ませんね。

喩えて言うなら、50代ぐらいの人が
OL受け狙いで無理してスキマスイッチ
とかEXILEをカラオケで歌うぐらい滑
稽に見えてしまいます。

せめて、この形だったらistとして売っ
たほうがまだマシとも思います。

投稿: ぽち | 2007年10月29日 (月) 12時45分

米国仕様デザインをそのまま日本で売っちゃうんだから、ったく!!。
ニッサンのことをバカに出来ないですわ。
後席が最悪です。シートクッションが短くまともに座れたもんじゃありません。
まあそもそもフラットシートにできりゃあいいいんだからね? 台数稼ぎのカローラっていう名前、宣伝するときはあんまり言わないのが解せんなぁ。
でもまあイストよりましかもよ。

投稿: おっりょー | 2007年10月29日 (月) 22時47分

DueLanciaさん
そうですね、単体ならヴィッツ、フィットだし、全体ならワゴンRやムーヴですね。自販連も少しは自主判断すればいいのに。

なおすけさん
最近唖然とするほど劣化しているTV番組と同じ話ですね。亀田なんて話題にするのもどうかと思うけど、結局すごい数の人が観てるんだもんね。僕は以前からユーザーも賢くならないと、と書いてきましたけど、そうはならないみたいですね。

優路さん
OFC-1はこのままでは出ないみたいですね。09年にもう1回コンセプト出すと思います。「説明員」「技術説明員」はメーカーによって色々みたいですが、結構直接のデザイナーだったり開発者だったりすることもあるみたいですね。

ぽちさん
そもそも”若者向け”のクルマを企画すること自体が間違っていると思いますよ。いいクルマを作れば年配者も買うし若者も買う筈です。たとえば初代プリメーラみたいに。若い人は大人向けのクルマに憧れて買うのが普通のような気がしますね。

おっりょーさん
トヨタはユーザーをバカにしてるのか? そう言ってくれる評論家さんはいないもんですかねえ・・・?

投稿: すぎもとたかよし | 2007年10月30日 (火) 00時13分

私はこれ、旧bBの代わりの役割もあるのかな、と思ったりもしました。現行bBのデザインがやり過ぎて(面白いとは思う、好きではないけれど)イマイチ売れていないので、代わりに旧型のような四角いのを投入、って感じで。CMでもやたら四角いとか強調してますが、しかし実は大して四角くないですね。マークXジオに続いて、カローラって名前は本当に意味不明。トヨタは慢心が過ぎませんか?

投稿: yad | 2007年10月30日 (火) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/8654879

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・カローラルミオン:

« クルマ散策:東京モーターショウ | トップページ | クルマ散策:モーターショウへ再び »