« 新車心象風景:トヨタ・カローラルミオン | トップページ | Drive My Car:小諸ツーリング »

クルマ散策:モーターショウへ再び

A1_6  本日、東京モーターショウに再び行って来ました。今回はサラリーマンの方の仕事だったのですが、見学する時間が少々とれたので、前回取材で回れなかったブースを見てきました。色々あるうち、やっぱり目に付くのは興味のあるコンパクトカーです。

 アウディのA1コンセプトはミニや新しいフィアット500の対抗とか。A2の苦い記憶を打ち消すかのように、奇をてらうことなく直球勝負のカタチはなかなか凝縮感もあり。でも、ミニや500みたいなファッション性がないところで、こういうプレミアム・コンパクトって勝負できるのかな?

Up  VWのup!。VWがかつてのシンプルな”国民車”に軌道修正するためのコンセプトという話。まあたしかにシンプルこの上ないんだけど、ちょっと芸がなさすぎかも。観音開きや室内の明るい装飾は恐らく量産車では採用されないだろうから、余計に心配が。何ていうか、もっと新しい簡素さみたいな提案があればよかったのになあ。

 新型twingoは初代のような斬新さが消えちゃったというのがもっぱらのウワサ。なるほど、ホンダのtodayにも似たあの伸びやかなサイドグラフィックも、愛嬌のあった丸いランプも新型にはない。ま、実車をよく見ればヘッドライト周りもそれなりに凝っているし、リアも抑揚を効かせた造形なんだけど、何しろパッと見がねえ。ルノーって新しいラグーナもそうだけど、一時の攻撃的なデザインからちょっとコンサバに舵を切ってるよね。芸術の国でも、安定した数を売るにはこういう考え方になっちゃうのかなあ?

Twingo  それにしても、一般公開日はまだまだカメラ小僧が多いですね。もちろんお姉さま方もしっかりポーズとってるし。こういうことをしてでも入場者数を確保したいのか、あるいはクルマ離れを止めたいのか。だったら、いっそのことメイドさんを並べてアキバ系で攻めてみたらどうよ・・・なんて茶々のひとつも入れたくなりますね。

|

« 新車心象風景:トヨタ・カローラルミオン | トップページ | Drive My Car:小諸ツーリング »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

VWブース。せっかくトゥーランTSIを置いてあるのに、ドアを開けてくれません。何故でしょうか? ナレーターコンパニオンの方が、うまいとは言えないのは何故でしょうか?(誰も聴いてないようだったのできちんと聴いてあげて、終わると拍手までしてあげたのに、睨みつけられたのは何故でしょうか?) 色の真っ白な外国人のおねえさん(北欧の人?アーリア人?)がいて、私も一緒に写真に写ってもらおうかな、と一瞬思ったのは何故でしょうか(笑)。

投稿: 優路 | 2007年11月 3日 (土) 02時51分

優路さん

ドア、閉まってますね。とくに外国車ブース。プレスデイは開いてますから、よっぽど一般公開日にイヤ~なことがあったんでしょうね。

しかし、VWもコンパニオンが喋っていましたか。まあ、そこからして間違えてる気がしますね、基本的に。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年11月 3日 (土) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/8703220

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:モーターショウへ再び:

« 新車心象風景:トヨタ・カローラルミオン | トップページ | Drive My Car:小諸ツーリング »