« 新車心象風景:日産・エクストレイル | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

新車心象風景:三菱・ギャラン・フォルティス

Galan 前回の東京モーターショウでステージに並んだコンセプトカー3台では最後発のデビューなんである。

 D5はデリカになって結構アレレなカッコになってしまったけれど、アイとこのフォルティスは再現度がかなり高いと思う。特徴のある台形グリルと、シャープなヘッドライトをほぼそのままにしたのが大きかったんじゃないかな。

 それと、フロントのホイールアーチから始まる流行のキャラクターラインは、途切れることなくリアランプまでつながっていて、最近のメルセデスみたいな取って付けた感があんまりないのもいいかもしれない。DC撤退後の三菱デザインチームは仕切り直しということで結構士気が上がっているそうで、そういう勢いが出ているんじゃないかな。実はフォルティスも初期イメージはヨーロッパスタジオ案みたいだけど、ま、それはいいとしてね。

 売れるかどうかは?だけど、これもインプレッサと同じだよね。つまり、これから出るランエボも同じクルマなワケで、メディアがそっちにピンスポットを当ててばかりいるとフツーのフォルティスの影が薄くなっちゃうと。まあ、それは同じクルマに違う名前を付けるっていう三菱の勝手で強引な戦略も原因なんだけれども・・・。それに、この辺のセダンは5ナンバーにこだわるプレミオやシルフィが健闘しているのも不安要素かな。

 アイは軽にしちゃあ売れてないし、デリカもヒットじゃあない。これでフォルティスが3ケタグループに入っちゃうと、前回モーターショウのコンセプト・トリオは少なくとも販売上は残念な感じになってしまう。ま、それだけ個性的なカッコで勝負したとも言えるんだけど、やっぱ日本の市場って難しいなあと思う。きっと三菱はアイもフォルティスも欧米で回収するつもりなんだろうな。

|

« 新車心象風景:日産・エクストレイル | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

確かに最近の三菱の車は一時期に比べ
て、脂っこさが無くなってイイ感じで
すね。

すぎもとさんもおっしゃる通り、国内
での売れ行きが微妙なことは別として
も。

ただ・・・ギャラン・フォルティスっ
て別名を与えてるのはどうかと・・・

かと言ってランサー名をそのまま使うとなると、これから出るであろうエボ
にしか注目が集まらないしで難しいと
ころですねぇ。

投稿: ぽち | 2007年9月17日 (月) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/7878556

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:三菱・ギャラン・フォルティス:

« 新車心象風景:日産・エクストレイル | トップページ | 雑誌記事:今日の取材 »