« クルマ散策:トヨタ・スバル共同開発 | トップページ | クルマ散策:免許更新 »

新車心象風景:トヨタ・ブレイドマスター

Blade  デビューのときにも書いたけれど、オーリスというベース車に厚化粧しただけで”大人らしくない大人”なんて、実にデタラメなクルマなんである。それが、3.5リッターエンジンを積んだら「マスター」だって言うんだから何ともはや。

 仮想敵はゴルフのR32あたりだそうで、あちらより大きな排気量なのがまず最初の自慢だ。17インチタイヤや専用サスチューンもまたご自慢。

 なんだけど、何たって最大の自慢は上級版で320万円という価格でしょう。だって、仮想敵比で100万円も安いときてる。エンジン大きいのに。

 じゃああれだ、トヨタが言う”大人しくない大人”って、そうやって100万円安く済ませたい人なワケなんだね。ちょいワルだけど財布は固いみたいな。そのかわり、サイドブレーキやシフトゲートあたりは”金属調”のメッキで我慢しますと。

 何だかよく分からないけど、まあゴルフをライバルにしておきながら国内専用車っていうのがそもそも摩訶不思議だよね。お客さん、あんなバカ高いドイツ車買うくらいなら、同じスペックでこっちは100万安いですよ。こっちは壊れませんよ。なーんてことを国内、というかトヨタのお店内で済ましちゃえって感じかな。外に目を向けさせない作戦。

 しかしなあ、考えてみたらあのレクサスLSだって、結局はライバルよりリーズナブルっていうのが武器なんだよねえ。トヨタブランドの”プレミアム”がやっぱり価格で勝負しているのも仕方ないってことかな。

 いまのトレンドは、多少高くてもいいものなら売れるってことらしいけど、国産車にはこういのは絶対当てはまらないのかな?

|

« クルマ散策:トヨタ・スバル共同開発 | トップページ | クルマ散策:免許更新 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております、暑いですが体調崩さないように頑張りましょう。 元VW乗りの目から見ると、そもそもR32と同じ土俵に乗るのか? 天秤に乗るのか? というレベルに思えるんですよね。 これは僕だけかもしれませんが・・・。 僕の周りのゴルフ乗りの選択肢にこれまでトヨタが候補に挙がらなかったのは似た車種が無かったからとは思えませんからね。 なんか間違ってるような。 ゴルフ・エンスーではなく、無難な大衆車として初めてゴルフを選択肢にする人を対称にしているんでしょうかね。

投稿: 嶋次郎 | 2007年8月15日 (水) 22時54分

>嶋次郎さん
ホント暑いですね。僕は夏が苦手なのでかなり参ってます。
おっしゃっていることは正にそのとおりだと思います。以前TVで、外国車を買おうとしていた若い女性を、トヨタの敏腕女性営業がカローラにさせたという番組がありました。そういうクルマなんでしょうね、ブレイドって。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年8月16日 (木) 00時57分

いわゆるホットハッチ、ってやつか。たしかに今までこんなのは日本車にはなかった。トヨタはありとあらゆるものを出し尽くして、「さあほかに出すものあるか」と見回したところ、VWのホットハッチのようなものがない、と気づいたのだろうか。エンジンがでかい分。エアコンは効きそうだ。しかしガソリン高騰のおり、車については結構見栄っ張りの多い日本人が、でかいエンジン+しょぼい外観の車を誰が買うだろうか。ミニバンの顔すら下品なほど「こてこて」が喜ばれる時代なのに。
マスターって名前もいまいちだな。ポケモンマスターかガンプラのマスターグレード、バーのマスター、ぐらいにしか使われた記憶がない。エンジン製造効率とブレイド/オーリスのボディ製造効率を高める(売れないだろうからたぶん見かけ上にしかならないだろうが)ためにでっち上げられたサイボーグ車ではないか。きのうエアコン使ったら走りがしょぼくなってしまったフランス製安物車よりは、エアコン全開でもよく走りそう。320万…お金持ちの奥様の買い物車?本物の分かる方はゴルフTSIでもお買いになるだろうが。

投稿: 優路 | 2007年8月16日 (木) 01時29分

これは・・・R32が無ければ影も形も無い車でしょ、もう笑いが止まりません。あからさま過ぎる(笑)

なんというか、トヨタの偉い人がソファにふんぞり返って他社のカタログ見ながら「これウチでも欲しいぃ~」と駄々でもこねたんでしょうか(苦笑)

投稿: なおすけ | 2007年8月17日 (金) 17時30分

ブレイドって車種を出すこと自体かなり
中途半端な感じがしてなりませんが、今
回は3.5リットルのエンジンを積んで高級
な感じを出して、かつライバルであるゴル
フR32よりもお値打ちですよぉって売り方
をしているんだから、なんだかなぁって
思っちゃいます。

どうせなら、2.4リッターか3リッターのエ
ンジン+THS-2でも積んで売ればいいのに。

どうも商品としてぼけた感じがしますね。

投稿: ぽち | 2007年8月20日 (月) 15時47分

>憂路さん
結局は、同じスペックでこっちはこんなに
お安いですよ、という商売なんでしょうね。
それに乗ってくるお客さんは少なくないと
いうことでしょうか。もうユーザーの問題
ですけど、そうなると。

>なおすけさん
ゴルフの市場が欲しかったんでチャレンジ
してみたんでしょうね。そもそもは欧州向
けオーリスがその役なんでしょうけど、も
っとゴテゴテ加飾して豪華調にすれば国内
で受けるだろうと・・・。

>ぽちさん
ちゃんと分かっている人がみれば、もうボ
ケボケなクルマなんでしょうけど、これで
も評論家はホメちゃいますからねえ・・・。
ハイブリッド・・・たしかにこれはトヨタ
の良心かもしれないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年8月22日 (水) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/7540970

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・ブレイドマスター:

« クルマ散策:トヨタ・スバル共同開発 | トップページ | クルマ散策:免許更新 »