« Drive My Car:代車生活 | トップページ | クルマ散策:ガソリン高騰! »

新車心象風景:トヨタ・イスト

Ist ヴィッツをベースにした初代は、コンパクトなサイズに少し大き目のタイヤを履かせて、何となくアウトドアなイメージを与えた不思議なクルマだった。

 トヨタが主張する”プレミアム”は相当無理があったけれど、ブラックアウトさせたCピラーをはじめ、なかなかの凝縮感はあったように思う。

 それがまあ、新型は何て緊張感のないことか。フロントはムダに膨らんでいるし、上記のCピラー周りはダランとまとまりがない。そういう残念さがまずひとつ。

 もうひとつは大型化。北米のサイオンブランドに初代がどれだけ関わっていたか僕はよく知らないのだけど、今度はまずサイオンありきらしい。それが3ナンバーサイズの事情ということなんである。あ、もちろんこのワルなイメージも同じく。

 ハッキリ言って個人的にイストがどういうサイズになってもいいんだけど、でもこれで思い出されるのがスカイラインとかの話だよね。ほら、最近の日産は北米市場ばっかり見て国内を疎かにしている、っていう評論家やメディアの論調ね。

 そしたらイストもまんま同じ話なんだけど、どうもそういう意見はいまのところ出て来ないよねえ。雑誌誌面なんかじゃ”これがサイオンブランドで売られる”と解説はしているけれど、それがケシカランという話はない。何でなんだろう?

 そういえば、もう少しするとスパシオ後継車が出るらしいけど、それもどうやら同じ話らしくて、誌面じゃデカbBなんて書かれているんである。ってことは、そいつが出てからまとめてガツンと叩くつもりなのかな、評論家は。まさか日産はケシカランけど、トヨタはいいなんてことはないよね?

 ま、とにかくその疑問がもうひとつで、都合ふたつの違和感が新型イストには感じられるんである。

 

|

« Drive My Car:代車生活 | トップページ | クルマ散策:ガソリン高騰! »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

今日実車を見てきました。
いやー、これは酷い!ドラポジがまともに取れない車に久々に出くわしました。私は身長180cmで体脂肪率15%の少し大柄な体型ですが、どんだけ座面下げてもチルト調整いじっても膝にハンドル当たります。これアメリカで売るんでしょ?自分の体型に似た人はアメリカでは普通にいるでしょうし、大丈夫なんですかね・・・。あとあのメーター、滅茶苦茶見にくいです。時計じゃ有るまいし、あんな図太い針が2本も同じ所で不規則に動かれたらたまらんです。しかもタコメーター側はそれを承知してか変に隠し気味にしてるんですよね(笑)。さらに警告灯なんて点かないのを前提としたかのような感じで完璧に隅に追いやられてます。
他にも上げ底にすりゃフラットになるし大丈夫だろと安易に作られてるようなトランクとか・・・もう呆れて笑っちゃいましたね。図体はデカい癖に中身をまともに詰めてないとしか思えません。私のような普通の会社員でさえ、主査に小一時間ほど説教したくなるような車でした。雑誌はどんな風に書くんだろ・・・ニヤニヤしながら立ち読みします(苦笑)

投稿: なおすけ | 2007年8月 4日 (土) 17時37分

あああ、つまらん。
初代ISTは、比較的好きなトヨタだったけど、こりゃイカン。二重あごになって、下腹はだらり。
若いとき少しはカッコよかったのに油断して太ったオトーチャンみたいよ。
サイズを大きくするためにわざわざ膨らましたの?

投稿: DueLancia | 2007年8月 4日 (土) 18時21分

>なおすけさん
鋭い観察ですね。雑誌は・・・案の定肯定論調ですね。ま、bBすら肯定でしたから。

>DueLanciaさん
メタボ車ですか? 単に大きくなっただけじゃないのがちょっとアレですね。
それにしても、どうして北米重視って言われないのかな、トヨタは。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年8月 6日 (月) 00時08分

今度のISTは実写を見たことがありません
が、写真で見る限りですとスズキのSX4と
か兄弟車であるFIATのSEDICIのデッドコ
ピーっぽいですね。

こんな中途半端なクルマでも買う人がいる
んでしょうねぇ・・・(遠い目)

投稿: ぽち | 2007年8月20日 (月) 15時56分

いやー、最初新型をスクープで雑誌で見たときに、これ「イスト」って名付けちゃうの?って思いましたよ。
イストはコンパクトでSUV風の味のトヨタにしては珍しいカッコいいデザインの車だったのに、新型がこれじゃあね。
旧型は後席の居住性が最低でしたけど、まあここは目をつぶってもじゅうぶん魅力ある車でしたよ。
でも新型、5ナンバー枠にこだわる訳じゃあないけど、ただでかくなってカッコ悪く(特にCピラーからリヤコンビ周辺)、高くなったんじゃあ、ターゲットユーザーはいるんかなぁ?って思えちゃうんですけど。。。(後席の居住性は改善されてるけど)
でもまあトヨタですから、巧いこといわれて皆さん買うんでしょうね?

投稿: おっりょー | 2007年8月28日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/7377006

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・イスト:

» トヨタ 3代目ノアの新車値引情報 【新車値引】 のブログ!【新車値引】情報満載@現役営業マンの大暴露! [【新車値引】 のブログ!【新車値引】情報満載@現役営業マンの大暴露! ]
3代目となる新型ノア。2代目の大ヒットからのフルモデルチェンジだけにトヨタもかなり気を使ったのではないでしょうか。ヒット車のフルモデルチェンジは難しい部分がありますからね。しかし、新型ノアは抑えるところはきっちり抑えて、変えるところはズバッと...... [続きを読む]

受信: 2007年8月10日 (金) 13時59分

« Drive My Car:代車生活 | トップページ | クルマ散策:ガソリン高騰! »