« クルマ散策:新車が売れない? | トップページ | 新車心象風景:メルセデスベンツ・Cクラス »

新車心象風景:マツダ・デミオ

Demio  マツダの命運を賭けた、と社長さん自ら語った新型である。

 サイズ縮小自体は、実は日産マーチが2代続けてチャレンジしているし、そもそも先代デミオはライバルよりも大きかったので個人的にはあまり?だった。ただ、軽量化は素直に感心。

 ま、とにかくスタイルなんである。アテンザ、アクセラと、元々欧州で強いマツダがさらに評判を良くした2車に続くには、もうワゴンタイプはいかんということらしい。で、やるならトコトンやっちゃえというエクステリアはRX-8のデザイナーが担当したと。

 大きな弧を描いたフロントフェンダーと、明快なキャラクターラインはその証。ただ、ラインが上に向かって駆け上がるのはデミオの特徴で、この小さなボディに動きを与えるためにはこのくらいやらないとダメだったんだろう。個人的には現代メルセデス・ベンツの”いきなり”なラインなんかよりは自然だと思う。

 ユーノス500やランティスなど、もともとマツダには優秀なデザイナーがいたんだけれど、時代やら技術やらでなかなか噛み合わなかった歯車が、どうやらここにきてピタリと合い始めている。こうなりゃデザイナーは楽しいんだろうな。

 ところで、先述のとおりこのデミオは欧州指向。けれども「最近の日本車は外国ばかりに目が行っておる!」とお嘆きの評論化諸氏にも何だか評判がよろしい。それが単に5ナンバーに収まっているからなのかどうか知らないけれど、いい気なモンである。要はサイズじゃなくて本物志向かどうかという話なんだけどね。

|

« クルマ散策:新車が売れない? | トップページ | 新車心象風景:メルセデスベンツ・Cクラス »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

とうとう出ましたね。Newデミオ。
個人的にはこのクルマにかなり好感を持っています。
というのも実は初代のオーナーでしたし、先代も営業車として重宝しています。
デミオはコンパクトでありながら走る、曲がる、止まるを決して疎かにしていない点がとても好感が持てます。MTで乗っているとワクワクする感じさえある点が良いと思っています。
新型はなんと言っても軽量化に取り組んだ点が評価できますし、全幅が広がりましたのでワイドトレッドを得て更に切れ味の良いコーナリングをすると予想されます。久々にMTで欲しい車です。
ところで、おっしゃる通り5ナンバー枠って雑誌等で言うほどの意味がなくなっていると思います。
3ナンバーのアクセラに乗ってもワイド感は特にありません。別に5センチや10センチの違いなんてたいした事無いと思いますが・・

投稿: フクちゃん | 2007年7月 7日 (土) 07時21分

で、プジョー207とどう違うの? と言いたくなる外観。 プジョー似で 壊れにくいよ 新デミオ 燃費も良くて  なにより安い

こんな車に命運懸けますかマツダは。RX-7やRX-8は斬新だと思ったが、アクセラやアテンザは凡作だと思った。フロントグリルはホンダに似て。MPVやプレマシーはそれなりに評価できる。顔を替えてくれたら購入検討対象にもなるが。

パクリものを売って金を稼ぎ、その稼いだ金でオリジナリティーあふれるものを作るが、それはヒットしない。ああマツダ。時代が追い付いてくれるまで頑張れ。いつになるかは分からないが。

投稿: 憂路 | 2007年7月 7日 (土) 08時40分

>フクちゃんさん
そうですか、先代までのユーザーでしたか。初代はフェスティバの意を継いだ、なんて言うか国産のフランス車みたいでしたね。
今回も試乗する限りでは足腰がいいみたいですね。1.3でも1.5でもMTが選べるのもいまどき珍しいです。
>憂路さん
ボクが言うのも変ですが、なかなか手厳しいですね(笑)。RX-8(7)が厳しいのはやっぱりロータリーでしょうね。また新開発するみたいですけど、難しいと思うなあ。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年7月 8日 (日) 23時39分

コンパクトカー好きの端くれとして試乗してきました。
確かに格好いいですね。やっぱりクルマは格好が一番大事ですし、これは重要でしょう。
乗り味は悪くないですね。15インチのモデルに乗りましたが、先代同様に硬すぎず柔らかすぎず(若干微振動は気になりますが)乗りやすい。ホイールベースを広く取ってるのか、落ち着きがあってよかったと思います。他にはちょっとブレーキの初期制動が敏感かなと思いましたが、こんなものかな。今回初めてCVT載せたとの事ですが、トヨタのよりは全然いいです(オーリスに載ってるCVTは最悪でした)


ただ、車内の機能性や居住性はいたって普通のコンパクトカーかな、と。いやー、フィットに乗ってるからあの強烈な積載性とどうしても比べちゃいますね(苦笑)
ちょっと感動したのは、あの攻撃的な外装デザインなのに後席に座っても頭が天井にギリギリで当たらなかった事です(ちなみに身長180cmあります)前席では余裕でこぶし1個入りました。

他には、ハッチの開口部と荷室の段差は結構ありましたねー。後方からの衝突を考えてこうなったとか。まあ、重くて大きいものはあまり載せないだろうしこれでもいいのかな。


でも一つ、どうしても車内で気になったのがメーター類。とにかく小さい・・・
見難いまでは行きませんが、小さくまとまりすぎて寂しいですね。なんか机上の小さいアナログ時計見てるようでした。


総合的には格好が好きならアリな選択でしょう。
装備も結構付いて安いですし、マツダですから値引きも期待できそうです(笑)

投稿: なおすけ | 2007年7月 9日 (月) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/7055873

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダ・デミオ:

» ハナテン - 中古車販売 買取 修理 整備 オークション [ハナテン - 中古車販売 買取 修理 整備 オークション]
ハナテン - 中古車販売 修理 整備 オークションで有名なお店です。ハナテンは近畿圏を中心に新車・中古車の販売・買取を展開。安いだけでなくアフターサービスも良いと消費者からの信頼も厚い。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 14時36分

« クルマ散策:新車が売れない? | トップページ | 新車心象風景:メルセデスベンツ・Cクラス »