« 新車心象風景:トヨタ・ノア/ボクシー | トップページ | 新車心象風景:マツダ・デミオ »

クルマ散策:新車が売れない?

Jihan  自販連は、07年上半期の軽を除く新車販売が前年度比10%以上減、30年ぶりに180万台を割ったとの報告を行った。

 まあ、この現象自体は客観的事実なんだけど、自販連の「税制などの根本的改革がなければ増加はない」というコメントが気になってしまった。

 まず、新車が売れないのはお金だけの問題じゃないんじゃないかと。たとえば30年前のクルマに比べたら、現在のクルマの物理的寿命は比較にならないほど伸びているでしょう。だいたい、その作りの良さをウリにもしているわけだし。

 それから何といっても乱造乱売ね。同じジャンルにこれでもかというくらい何台もモデルを作ってもう飽和状態。携帯電話じゃないけど、こんなに溢れるほど作ったら逆にクルマ自体の魅力をなくしちゃうでしょ。クルマの雑貨化をメーカー自ら招いてるよね。

 もうひとつ気になる点は、こうやってクルマが売れないみたいなことになってから「税制を変える」なんて言い出すこと。だって、日本の自動車税制が過重負担になっているなんてことは、もうずっと前から指摘されてきたことで、本来こういう話とは別のところで解決しなくちゃイケナイ話でしょう。これってユーザーのことを考えているんじゃなくて、結局売れなきゃ困るっていう自分達の都合だもんね。

 ま、それでも税負担が減るなら結構なことだから、ぜひ関係各省に働きかけてみたらどうだろう。それに、例の特定財源の一般財源化についてもしっかり踏み込んでね。あとは、量より質のクルマ作りも。いくら日本は特殊な市場と言っても、そろそろ成熟した大人のクルマ作りをしてもいいんじゃない?

 

|

« 新車心象風景:トヨタ・ノア/ボクシー | トップページ | 新車心象風景:マツダ・デミオ »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

税制うんぬんは売、れないことに対する売る側のただの言い訳ですね。じゃあこれまでの税制でもそこそこ売れていたのは何故だったのか、の説明になっていません。
売れなくなったのは、車の耐久消費財化、飽和化、白物(しろもの)化ではないか、と個人的には思います。すでに家庭に行き渡ってしまって、あとは洗濯機や掃除機のように買い替え需要を待つだけになってしまった、のではないかと思います、
こだわりを持って買うべき商品ではなくなった、という点もあると思います。どれでもだいたい同じ。値段とスタイルがそこそこなら何でもいいか、と。
それを脱却するためにはだれでも考えるでしょうが、付加価値。かつても書きましたが、これからの天変地異時代に耐えうる機能を持った、地震でも家族4、5人が1週間は生き延びられるような装備を付けたミニバンを開発する。あるいは太陽電池を屋根に取り付けた家と、その生み出した電力で走るハイブリッド車やEVをセットにして売るとか、車単体で売れなきゃセットで売ることも考えたりすれば。
いまはまだ危機感薄いかもしれませんが、何年かしているうちに会社名から「自動車」の名前が消えたりするかも、よ。

投稿: 憂路 | 2007年7月 4日 (水) 02時33分

>憂路さん
仰るとおりですね。
まあ、あまりに未来的発想だとユーザーが追いつかないと思いますけど。
ゲームやら携帯やら、若者がそっちに行っちゃうという焦りが余計におかしなクルマを生んでいるのは皮肉です。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年7月 6日 (金) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/7023271

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:新車が売れない?:

« 新車心象風景:トヨタ・ノア/ボクシー | トップページ | 新車心象風景:マツダ・デミオ »