« クルマの他:今日の芝居 | トップページ | 新車心象風景:マイクラC+C »

クルマ散策:事故報道

 広島県の山陽自動車道で、トラックがマイクロバスに追突し、21人が死傷する事故があった。大きな事故ということで、今日のTVニュースではトップ扱いである。何でも、事故現場は”魔の下り坂”と呼ばれる急勾配のカーブで、以前にも死亡事故があったそうだ。

 なんだけれど、実際のニュースではトラックの運転手が女性を同乗させていたとか、マイクロバスの乗客は社員旅行中で楽しみにしていたとか、亡くなった方の近所の評判とか、そんな内容ばかりだったんである。うーん、それってどうなのよ?

 いや、画面に”魔の下り坂”なんて表示するくらい危険な道路なんであれば、その構造を検証するのが報道の役目なんじゃないのか、という話だ。それも、単に記者が車に乗って「ここが現場です」なんて言ってるだけじゃなくて、もっと科学的にその区間がどう危険なのかを点検するということ。それで、実際に何らかの問題があるなら具体的な改善策を提言するべきじゃないかと。

 今回の事故は実に痛ましいけれど、そうであればなおのこと次の事故を防がなくちゃいけないでしょう。そうしたら、感傷的でお決まりのインタビューでもってこのニュースを終わらせちゃいけない筈だよね。

 実際、本当に最近のTVニュースの質は地に落ちたと思う。報道なのに妙な効果音やBGM流したりとか、もうワイドショーと同じでしょ。報道スタッフの質が想像以上に酷いんだろうな。べつにおかしいのは「あるある大辞典」だけじゃないんだよね。

|

« クルマの他:今日の芝居 | トップページ | 新車心象風景:マイクラC+C »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
記事の内容に大変共感しました。今朝放送していためざましテレビでは、亡くなった社長の家族がコメントを求められていて気の毒でした。事故の原因はトラックのドライバーが物を取ろうとしてよそ見したことだ、とだけ言っていました。
いつも思いますが、なぜ被害に遭った家族が真っ先に取材されなきゃいけないんですかね。報道って感情に訴えるものではなく、客観的に捉えて視聴者が同じような過ちを起こさないように注意を喚起することが大事だと思うんですけどね…。

最近テレビへの関心がどんどん薄くなっています。

投稿: こるとん | 2007年5月 9日 (水) 09時54分

こるとんさん、はじめまして。

全くそうですね。作り手にジャーナリズムがないし、出演者には良識がないという最悪の状況が蔓延しています。被害者取材はいつも行過ぎて問題になるのに、全然変わらないですもんね。こういうことしているから国家権力の介入を招きそうになるのに・・・。

今後もよろしくおねがいします。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年5月 9日 (水) 20時23分

おっしゃるとおり、ニュースとワイドショーの区別が付いてないようにしか見えない。
 事故現場は家の近くで、何回も通った事がありますが、報道しているようなキケンな所ではありません。 ただの長い下りのゆるいカーブです。 錯覚を起すような処でもない。 キケンなのは下りなのにエンブレを使わない、アクセルを抜かない、高速道のリスクを考えない、自分の技術程度を認識していない運転手です。 と考えているのは自分がその道路の危なさに気がついていないからなのでしょうか・・・ そこで事故を起す運転手の何処が・何が危ないのかを検証して欲しいです。

投稿: 嶋次郎 | 2007年5月 9日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/6353234

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:事故報道:

« クルマの他:今日の芝居 | トップページ | 新車心象風景:マイクラC+C »