« クルマの他:今日の映画 | トップページ | クルマの他:ライブやりました。 »

新車心象風景:スズキ・ワゴンR・スティングレー

Wagonr_1  あー、やっちゃったか、スズキ。

 まあ、生産キャパは決まっているわけだから、06年度のダイハツ軽ナンバーワン奪取は決定なんだろうけど、ここで少しでも差を縮めておこうかということか?

 それにしても、商品企画までダイハツ化しなくてもと思う。だって、これってダイハツ車一連のカスタムシリーズってことでしょ。ワゴンRにもRRシリーズがあるけれど、あれはカスタムとか「裏」ってことじゃないしね。それにこのクールフェイス顔はダイハツCOOそのもの。いや、スズキ版bBか?

 スイフト、エスクード、SX4、そしてセルボと、このところのスズキは”どうしちゃったの?”と思うくらいデザインに力が入ってたのに、ちょっとこれは参ったよねえ。フロントグリルは二重構造の凝ったスケルトンだなんて話だけど、んなアホな説明してる場合じゃないでしょ。

 ま、既存車のちょっとした遊びでしょ。なんて意見もあると思うけど、こういう小さな愚行が、結構ボディブローのように全体に効いてくると僕は思うけどなあ。

 

|

« クルマの他:今日の映画 | トップページ | クルマの他:ライブやりました。 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

スティングレーといえば「海底大戦争」を連想する世代です。キャプテン・スカーレットなどに比べると頭がでかくて…。今度のスティングレーも頭に注目。頭というよりはお顔かな。スズキ版bBと言われるでしょうが、うーん、どちらかといえば、顔はbBというよりホンダのモビリオ・スパイク似か。ワゴンRが軽版モビリオ(顔がダサイ)で、スティングレーはモビリオ・スパイク(整形顔)という位置づけがしっくりくる感じがします。
いまのワゴンRを見て「ぶさいく」と思った方も多いはず。私もですが。でもスティングレーなら、みてくれは悪くない。自慢の1台になるかも。街で「あっ前のbB」「あっ昔のキューブ」…などと言われるのをガマンすることが出来るのならば…。ちなみに「あっモビリオ・スパイク」と言われることはまずないと思います。モビリオ・スパイク自体がなかなか街で見ることのない車でしょうから。

投稿: 憂路 | 2007年2月16日 (金) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/5356892

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スズキ・ワゴンR・スティングレー:

» 先進装備もSクラスやEクラス並みに装備 [新型Cクラス メルセデスベンツCクラス情報]
メルセデスベンツを代表する人気セダンだけに、様々な先進技術の数々が搭載されている。安全性に加え、コンフォート性能と機敏な走りの両立をテーマとしている点が新しくなっている。可変式ショックアブソーバー「AGILITY CONTROL」やステアリングのギア比をよりクイックに変更するなどした『AGILITY CONTROLパッケージ』の設定は注目されるところだ。ステアリングのギア比やATのシフトスケジュール制御まで「スポーツ」の2モードをセレクト出来る『ADVANCED AGILIT... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 17時27分

« クルマの他:今日の映画 | トップページ | クルマの他:ライブやりました。 »