« クルマ散策:続・デトロイトショー | トップページ | 雑誌ナナメ読み:お悔やみ »

新車心象風景:三菱デリカ D:5

Derka   何しろ先代はパジェロのシャシーにボディを載せていたもんだから、乗り降りにはステップが必要なくらい背高で、こんなクルマに次はないだろうと思っていたら、しっかりモデルチェンジである。

 引き続き悪路走破性を信条とするけれど、今度はさすがにパジェロじゃなくてアウトランダーがベース。この辺の判断はきっと賢明で、試乗会で横倒し続出なんてことはないんだろう。さらに、技術主義の三菱らしく、ボディは環状骨格を採用したそうで、これも大きなウリなんである。

 まあ、いまどき悪路を突っ走る人も少ないだろうから、そういう性能はあまり関係なく、とにかく3列シートのミニバンが欲しいユーザーの選択肢に入ることになるんだろうと思う。その時にこの地上高が不便と思うか否かで決まると。

 僕はミニバンに興味はないものの、実は前回の東京モーターショウでのコンセプトカーには惹かれるものがあった。スクエアなイメージをモール等で強調する手法はすでにホンダがステップワゴンで実践済みだけど、その表現がさらに踏み込んでいて、ヘッドライトからボディ後端までしっかり作り込んであったからである。

 けれども、そのスクエアイメージを特徴と言いながら、実際にはかなりコンセプトカーのイメージから離れてしまったのが惜しい。たしかにシルエットはあまり変わってないけれど、ヘッドライトの形状や角度、ボディを包んでいたモール状の装飾がほとんど消えて、何て言うか、随分とフツーになってしまった。アイや新しいランサーがほとんどそのまま市販化されたから、尚のこともったいないと思う。あのまま出れば、それだけで意味があったんじゃないかと・・・。月販2300台と結構強気だけど、大丈夫なのか?

 それにしても、アイ、ekワゴン、パジェロと新型を次々に送り出す三菱だけど、例の不祥事がウソのよう。相変わらず雑誌記事は「頑張れ三菱」調だし、もう禊ぎは済んだ、社会的責任は十分負ったっていうことなのかな。裁判沙汰のふそうは別会社だしね。

 個人的にはとてもそうは思えないんだけど、世の中的にはもうオッケーなのかな?

|

« クルマ散策:続・デトロイトショー | トップページ | 雑誌ナナメ読み:お悔やみ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

三菱。リコール隠しに端を発した一連の不祥事は、忘れられてはいないと思います。分かれたとはいえ、「半身」であったふそうはいまだにハブ破断などもやっている。どんな会社なのか。
会社レベルでは「悪」でも、現場販売店へのユーザーの見方としては「頑張っている」「かわいそう」的な声が多いのでしょうか。「i」の評価も高かったし。私の周辺でも「iいいねえ」という人がいます。
不祥事を機会に、一気につぶしてしまうのがいいのか。それとも捲土重来(いまの言い方では「再チャレンジ」か)を許すのが大人の態度なのか。宮崎県知事や、その師匠だったコメディアン兼映画監督、行列のできる法律相談所の司会者、SMAPのメンバー、不倫の元キャスター…芸能界などにも「再チャレンジ」組は多い。彼らを「許している」現実、そして三菱をも許している現実がある、というのが日本の社会。では「産む機械」発言のおじさんも許されるのか? 三菱が許されている日本社会なら、許されてしまうかも。三菱、機械発言おじさんのいずれも許されるべきではない、と個人的には思っていますが。

投稿: 憂路 | 2007年2月 3日 (土) 06時53分

こんにちは。

僕はユーザーは三菱を許したとは思っていません。正確には忘れてしまった、熱が冷めてしまったんじゃないでしょうか。機械発言のおじさんも、最初は怒っていても、新しいニュースが起これば記憶のかなたへ・・・。
本当はメディアがこの辺をしっかり追求すればユーザーも忘れないのでしょうけど、三菱について雑誌メディアは何もしなかったですし。熱しやすく冷めやすい。それが死亡事故のような重大事でも簡単に忘れてしまう。それが許したことにもなっちゃうんじゃないかと・・・。かなり情けない話ですけど。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年2月 4日 (日) 23時01分

三菱はつぶすべきやったと思います。
結局三菱という財閥の力にで生き残ったってことですね。
トヨタのサーフの時は、ほとんど騒がれずでしたが。
マスコミなんて結局広告料払ってくれる企業には逆らえないんですよ。
彼らにジャーナリズムなんてありませんよ。
あるのは視聴率、発行部数への意識だけ。

投稿: 紙屋 | 2007年2月 5日 (月) 14時21分

こんにちは。
ジャーナリズム不在。まあ評論家全員じゃないのが救いですが、大半はそのとおりですね。広告収入やらの理由は明らかでも自分としては追求を続けますけどね。
三菱を潰すかどうか色々意見はあるでしょうけど、仮になくなったとしても実はユーザー側としちゃあ、あまり困る人はいないと思わせるところがまた寂しい話ですね。困るのは会社関係者とランエボマニアくらい?

投稿: すぎもとたかよし | 2007年2月 6日 (火) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/5177287

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:三菱デリカ D:5:

» 三菱 アウトランダー 総合情報 [厳選500社の最新情報]
三菱 アウトランダー) 総合情報 アウトランダーの車情報満載。アウトランダーのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、アウトランダーオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。 デザインは酷評しましたが... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 04時20分

« クルマ散策:続・デトロイトショー | トップページ | 雑誌ナナメ読み:お悔やみ »