« 雑誌ナナメ読み:差し引きゼロ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:技術の日産 »

新車心象風景:ホンダ・エリシオン

Elysion  不人気車がビッグマイナーチェンジで顔を大きく変えることは珍しくなくなった。中には先代の日産・ウィングロードみたいな大成功例もあるので、今後もこの手はアリなんだろう。

 けれども、ウィングロードがまるで商用車みたいな酷い顔から非常に分かりやすいハンサムボーイになったのに対し、このエリシオン、とりわけプレステージは逆の印象なんである。

 図体自体はトヨタ・アルファードや日産・エルグランドなどのライバルと同じバカでかさを持っていながら、ボディ面を艶やかに仕上げ、かつフロントを絞り込むことで、細く切れ長のヘッドライトが似合う繊細顔だったのに、それじゃあ押し出しが足りないとばかりにアルファードそのものの顔を持ち込んでしまった。これで文句あるか、と叫んでいる。

 ハッキリ言ってカッコ悪い。というか趣味が悪い。けれども売れなきゃしょうがないということで、きっとデザイナーはヤケクソでやったんだろう。

 だから、このクルマはユーザーの審美眼を問うことになるわけだ。これで販売が上向いたら、それだけ日本のユーザーの美意識が低いというリトマス試験紙なんである。いや、美意識なんて次元の話にもならない造形である。

 ただ、同じ強面でも、それなりにデザインテーマが一貫しているエルグランドより、どう見てもボディが折れ曲がって見えるメチャクチャなカタチのアルファードが倍以上売れている市場だ。今度のエリシオンが売れてもとくに不思議はないか・・・。

|

« 雑誌ナナメ読み:差し引きゼロ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:技術の日産 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

下品さに 磨きをかける エリシオン
ライバルたちに 追い付きました

人間も皮膚一枚はげばみんな同じ、と慰めにいうことはありますが、その皮膚一枚が「決め手」になったりする。車も同じか。アルファードとの売れ行きの比較は、営業力の差もあったりするので一概にはできませんが、ホンダ首脳陣のみなさんは、「ああこれでアルファードやエルグランドと(下品さで)並んだ」と胸をなでおろしている?
「ホンダのトヨタ化」ということを先々代のシビックあたりから言われてきた、と記憶していますが、それはとりもなおさず「トヨタのように売れたい」ということ。その意識の延長線上に今回のエリシオンもあるのでしょう。私の考慮の外の車ですし、まあお好きになさんなさいよ。

投稿: 憂路 | 2007年1月11日 (木) 02時27分

下品顔のエリシオン。
ホンダの期待と裏腹に売れないと思います。

かと言って日本人の美意識が正常だと、胸を撫で下ろす気にはなれませんが。

投稿: 宇垂 | 2007年1月11日 (木) 10時09分

私もエリシオンのマイナーチェンジには目を疑いました。

特にプレステージは「あ~ぁ、とうとうやっちゃったか。」ととても残念な気持ちになりました。

この手の中ではエリシオンが一番スッキリして良いと思っていたのですが・・・。

しかし、おそらくこの方が売れてしまうんでしょう。

そういう客層の人たちが買うジャンルと言えそうです。

プレステージ以外は何とかギリギリのところで踏みとどまっているとは言えそうですが。

いずれにしても私は買うことはないジャンルですし、メーカーは売れてナンボですから一概には責められません。きっと開発の人たちは苦渋の選択だったと思います。

投稿: BellaVoce | 2007年1月11日 (木) 11時28分

こんにちは。

エリシオンは本気でないにしても、近年のホンダデザインはどうしちゃったのでしょうね。ワンダーシビックやビートなど、ピニンファリーナが顧問をやっていた頃がウソのようです。

セダンはもはや国籍不明車だし、ミニバン、SUVの例の2段顔もワケ分からないし。こんなにデザイナー不足の会社だったなんて意外ですね。

たしかに欧州版シビックは直球勝負のカッコ良さですが、過去を見ればあれで騒いでいる程度の会社じゃない筈なのに・・・。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年1月11日 (木) 20時10分

意思と一貫性のないデザインをやるから、こういうことになるんでしょう。マツダやニッサンはデザインのどこかに一貫性がある。だからそれなりに認知されてるし、途中で顔を変えることもない。これはホンダの戦略の浅はかさの表れでしょう。

私はミニバン、SUVの2段顔はアリだと思います。あの顔も15年続ければホンダの「顔」になりますから。そうなるまで続けないでしょうが・・・。


投稿: LANDY | 2007年1月11日 (木) 23時46分

確かに一貫性ないですよ。将棋の駒を逆さにしたようなグリルもあっさりやめて今度はエンブレムから羽が生えたようなアイデンティティで、これも長続きしないような気がします。いや〜それにしてもどこでどう間違ったらこういう顔になるのか理解に苦しみます。何かの手違いでたまたま採用されちゃったんじゃないですか?そんな疑いすらでてきます。

それから、顔どころかプールサイドのCMまでアルファードからパクっちゃってますよね。

投稿: C4 | 2007年1月14日 (日) 23時39分

すぎもとさん

自ニコからきました。
エリシオン、なぜ売れなかったんでしょう?個人的にはデザインが良すぎたんでしょう。きれいに曲線と直線を使ったデザイナーが頑張ったデザインだと思いました。でもこれがなぜか小さく見えるデザインになってしまった。
これと正反対なのが下品極まりないアル○○ー○。ちょうど結婚式の引き出物に例えればいいでしょうか?「重厚感・威圧感」が決め手。まあこうなったことで決してエリシオンが売れるとは思えません、だって明らかにアル○○ー○にも及ばないバランスの悪い顔になっちゃたもんね。
みなさん、D5にしましょうよ!

投稿: おっりょー | 2007年1月17日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/4877063

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・エリシオン:

» ホンダ「クロスロード」が発売 [中古車の選び方、買い方、売り方教えます]
新型車ホンダ「クロスロード」が発売された。SUVとミニバン、小型車を融合させたホンダの新型車「クロスロード」 ホンダはスポーツ用多目的車(SUV)をベースに、ミニバンと小型車を融合させた新型車ホンダ「クロスロード」を発表した。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 23時53分

« 雑誌ナナメ読み:差し引きゼロ | トップページ | 雑誌ナナメ読み:技術の日産 »