« クルマの他:明けましておめでとうございます。 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:差し引きゼロ »

新車心象風景:マツダCX-7

Cx7_1  スポーツクロスオーバーという新しいジャンルを開拓した、みたいな話になっているけれど、いやいや、これはどう見てもインフィニティFXシリーズに端を発しているのは歴然。トヨタもホンダも追随しているけれど、だからコンセプトにオリジナリティがあるとは僕は思っていないんである。ただ感心していることはあって、それは、このCX-7でマツダのクルマ作りがさらに明瞭になったこと。

 アテンザ以降の新世代マツダは、アクセラ、RX-8、ロードスター、MPV、プレマシーと、どこから見てもマツダですというクルマが続いている。もちろんターボやロータリーエンジンなど、ズームズームな走りの面もそうなんだけど、車種構成やエクステリアデザインにそれを強く感じるんである。

 早い話、一貫性のあるデザインコンセプトと少数精鋭構成。同じクラスに何台も展開することなく、それぞれのクラスに最適な商品を1台ずつ揃えるって方法。ま、旧世代のデミオとベリーサはドップリ重なっているけれど、これも次期型は変えてくるらしいし。で、そのデザインコンセプトが悪くないと来ている。

 これ、元々はスバルが上手いことやっていたんだけど、現行インプレッサあたりからどうも雲行きが怪しくなって、まあ現状は皆さん知ってのとおり。そこをマツダがお株を奪った感じかな。しかも、より車種が多いにも関わらず全車うまくまとめ上げているのは大したものだと思う。商品企画とデザインがうまくかみ合っているんじゃないかと。

 ま、トヨタやダイハツみたいに何でもアリっていうやり方もひとつの方法かと思うけど、僕はマツダのやり方の方が好きだし、何て言うか賢くて大人な感じがする。商品自体はダイナミックだけど、その展開には抑制が効いている。親会社のフォードが参考にしたいという気持ちも分かるよね。ま、ロータリーという心配の種もあるけれど、あまり無理をせず、ちょうどいいサイズの会社を維持して欲しいなと思う。

 

|

« クルマの他:明けましておめでとうございます。 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:差し引きゼロ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

クラスが違いますが、BMWやプジョーのように適度でイメージのまとまった商品のラインナップと数を持っていると思います。ただチープとは言いませんが、なんと言えばいいのでしょう、全体的にプラスチックな感じがしてなりません。ベリーサはファミリアが無くなった日本市場のためのクルマと僕は思っているので、これはこれであるべきなのかもしれないと思います。

投稿: C4 | 2007年1月10日 (水) 17時39分

こんにちは。

プラスティックな感じですか。内装のせいですかね?

マツダがその面で成長するには”安売り”メーカーの印象から脱しないといけないですね。プレミアムとは言いませんが、過度な値引きは結局自分の首を絞めますし。

投稿: すぎもとたかよし | 2007年1月10日 (水) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/4798609

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:マツダCX-7:

« クルマの他:明けましておめでとうございます。 | トップページ | 雑誌ナナメ読み:差し引きゼロ »