« Drive My Car:また入院 | トップページ | クルマの他:今日の芝居 »

クルマ散策:道路特定財源いよいよ

 道路特定財源、安部政権はいよいよ強行突破するみたいだ。

 しばらく前までは重量税部分のみ、みたな話もあったけど、いつの間にやら揮発油税もしっかり対象になっているじゃないか。だいたい、一般財源化と言っても一体何に使うのかサッパリ分からない。何がどれだけ補完されるのか? 例によって、うやむやのうちにどこかへ消えてゆくんだろう。

 しかも、自民党の中には地方の声を配慮して、余剰金から各都道府県に100億円ずつ「ばらまき予算」をしてはどうか、なんて案も出ているという。怒りを通り越して唖然とするしかない。

 僕は別のコラムで、自動車を生業とする雑誌メディアや評論家は、この問題を集中して取り上げるべきだ、それが義務だと主張してきた。けれども、ことここに至ってもそんな気配は全くない。まだ新型GT-Rどうのこうのやっている。血税を100億円ずつばらまくなんていう、前代未聞の話が出ても知らん顔でいられる”ジャーナリスト”って一体何なんだ? 

 いくらネットが個人の発言を可能にしたと言っても、やっぱりメディアや大きな組織にはかなわない。もはや自工会や石油連盟という、現在反対表明中の団体に頼るしかないのか。強行採決するなら暫定税率分は収めない、くらいのことをやらないと、いまの政権は危機感を持たないだろう。

 日本は自動車大国、先進国ということになっている。けれども、これ程自動車行政がデタラメで、これ程自動車ジャーナリズムが欠落している大国、先進国はないんじゃないか。僕はそういうことを色々書いてきたけれど、よもやここまで酷いとは思わなかった。これはもう大人のやることじゃない。

 そりゃあ、こんなことを立法するのが一番いただけない。けれども、自らの力と機会を放棄するメディアやジャーナリストも同じくらいいただけない。もしこのまま・・・なんてこになったら僕は彼らを改めて糾弾する。徹底的に。

|

« Drive My Car:また入院 | トップページ | クルマの他:今日の芝居 »

「クルマ散策」カテゴリの記事

コメント

私たちがとりあえずすべきことは、政府などの出方を見て落ち着いてよく考えることです。
道路特定財源の一般財源化については官邸と自民党の間に見解の相違があり、まだはっきりとした行方はわかりません。08年に法改正して一般財源化をはかるとする政府原案が公表されたようですが、そのまますんなり通るとは思えません。官邸主導で押し切ってきたライオン男と違って、昭和の妖怪の孫はちょっと人気、実力ともに劣りますので。
自動車雑誌は、基本的には車を語るため(販促も?)のものですから、その中で車を通して社会を語る雑誌は少ないと思います。NAVIとMAG-Xぐらいでしょうか。
車や燃料から税金を取るのか取らないのか。取るとするならどれぐらいを取るのか。取り方はどうなのか(2重課税の問題とか)。取った税をどう使うのか。場合分けをして考えてみないことには。
道路財源の過去、現在をよく見つめて、どうしたらよいのかという未来を考えましょう。まずは冷静に。
ちなみに「安部」ではなくて「安倍」です。オヤジ晋太郎は草葉の陰から「しっかりしろよ。戦争すんなよ」と不肖の息子に向かって言っているんじゃないかな。ま、とにかくひどい時代ではある。角栄のつくった重量税なんか廃止しちゃえ、という行動もありかな。

投稿: 優路 | 2006年12月 7日 (木) 02時02分

こんにちは。いつも冷静なコメントありがとうございます。

税の徴収自体をどうするか、税率をどうするか、一般財源化するべきか、したら何に使うのか。考えることは仰るとおり山ほどあります。

でも、与党内のの賛否にしても、もはやそういう根本的なことではなく、道路に使うのか否かだけで、暫定税率などどこかに行ってしまいましたね。
おまけに一般財源化がなぜが「改革」という話にすり替わっていて、あろうことかTV報道まで与党案は「骨抜きになってしまった」などと、もう理解不能なコメントをする始末です。そんな中で僕らはゆっくり成り行きを見ていればいいのでしょうか???

それと、僕が言いたいのは、自動車メディアや評論家は、自らの立場で自らの主張をするべきであるということです。それは与党案がどうなるとかとは別の話ですね。だって、与党案がどこかに着陸しても、それがベストなんてことはないわけだし、それこそ専門家としての意見、主張を現時点で明確にするのが仕事なんじゃないの? ということですね。関係者が傍観してたらそれは関係者じゃないですから。

国旗・国歌も核保有も集団自衛権もみんな何とかしたいですが、少なくとも自分に近い自動車社会だけは意見を発するべき。それが僕の考えですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年12月 7日 (木) 10時57分

Reponseでは大きく取り上げていますね。
http://response.jp/issue/2006/1206/article89063_1.html

まったくなんでこれが改革なんだかマスコミはレベルが低過ぎて話になりません。

私も↓で反対の署名しましたよ。
https://www.jaf.or.jp/enquete/signature/200601sig_index.htm

投稿: BellaVoce | 2006年12月 7日 (木) 14時45分

BellaVoceさん、こんにちは。

道路族の既得権絡みなんでしょうけど、一般財源化がいつの間にか「正義」になっちゃいました。ホント、この国のマスコミは救いようがないですね。

自工会とJAFの署名ですか。それもひとつの方法ですね。十人十色ですから、賛成も反対もあっていいのでしょうけど、やっぱりできることがあるなら行動したいですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年12月 7日 (木) 21時54分

これは国家による詐欺だと思います。
古い話で恐縮ですが、受益者負担の原則とか言って、道路を作る、あるいは補修するためにと納得させられて新税(重量税)が追加されても耐えて来たらいつの間にか、余っている金をまったく関係のない所に使おうと言うのですから。
過去にも国鉄の赤字(借金の)返済の為に使おうとか画策した時期も在りましたし。
今回はもっと酷い、使い道さえうやむやな状況で、黙って払うヤツがいるから自由に出来る金が増えたって感覚なんでしょうね。
要らなくなった税金は一度清算して、使途のはっきりした税収(それこそ受益者が公平に負担する税制度)を考えるのが本筋だと思いますよ。
銀行は未曾有の収益を上げているのに法人税を払ってないって聞いて、尚更取り易い所から取ろうって考えが見え見えで腹立たしい。
結局自動車ユーザーって団結する事が無いからって舐められているんですよ。

投稿: nobol | 2006年12月17日 (日) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/4442759

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ散策:道路特定財源いよいよ:

» ”道路特定財源の一般財源化反対”は正論か? [天誅乙女の詩]
道路財源見直し、週内に政府・与党合意を=官房長官(ロイター) - goo ニュース 『そもそも揮発油税や重量税等は受益者負担として道路に関する整備を目的として作られたもの。高速道路にしてもいずれ無料化するということで通行料をとることにした。しかし、未だに無料になった高速道路は無い。道路財源が5兆円を超える巨額であることに目をつけ一般財源化するのは当初の目的を捻じ曲げ、公約違反にも等しい。有り余っていると言うのならそ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 10時38分

» 道路特定財源一般化 [学生自動車評論家]
僕は道路特定財源一般化には賛成です。有り余っている税収を使い切るために無駄な公共事業をするようなことになってしまうなら借金だらけの日本にとって他のことに有効に使うほうが良いと思うからです。しかし、 僕は毎日9km離れた高校まで自転車で通っているのですが、通学の間で無駄な道路の工事をよく見ます。少なくとも素人目には”無駄”なことをしているようにしか見えません。というのは別に問題のない道路のアスファルトを剥がして�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 18時01分

« Drive My Car:また入院 | トップページ | クルマの他:今日の芝居 »