« クルマ散策:トヨタ・いすゞ提携 | トップページ | Drive My Car:ウォーターポンプ交換 »

新車心象風景:日産・スカイライン

Skyline  V35でとやかく言っていた雑誌や評論家がV36を語るなんて恥知らず、みたいな話は前に書いたので今日は書かない。

 けど、この期に及んで”V36は僕らの期待するスカイラインになっているか”などという論調ばかりの雑誌記事を見ていると、別の危惧を抱いてしまう。

 北米版G35は、インフィニティ一番の稼ぎ頭としてメルセデスCクラス、BMW3シリーズあたりをライバルに善戦、新型はその地位をより確かなものにするべくデザインも走りも磨き込んで来たんである。もちろん価格面も含めてだけど、今回もいい勝負をするのは間違いないんじゃないかと思う。

 一方、日本にも同じライバル達は売られているんだけど、雑誌や評論家の”スカイラインになっているか”だの”今度は期待通りか”なんていう、要はRシリーズをいまだに引きずった子供っぽい言動が、本来のライバルとの勝負を思い切り邪魔するんじゃないかという危惧があるんである。

 とにもかくにもVシリーズは日本から外に飛び出したんである。だからスポーティセダンといってもRシリーズの再来とかじゃなくて、欧米の歴史あるライバルと勝負することが役目なんだろうし、実際北米ではその足がかりを掴んだわけだ。そういう可能性のあるクルマを、母国のメディアが一番理解のない報道をしてどうする?

 丸目4灯がどうしただの、もう内輪向けの話はいい加減にやめて、新しいスカイラインが世界を相手にしていることをしっかり踏まえた記事を書いて欲しい。

 

|

« クルマ散策:トヨタ・いすゞ提携 | トップページ | Drive My Car:ウォーターポンプ交換 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

いっそ名前を捨てたら?と思う。

ネーミングに愛着が無いと酷評してきたけど
そろそろ脱却すべき名前は捨てたほうが
いい結果になるのでは?あくまで商業的
成功を求めるならね。

「スカイライン」といっても
ピンとこない人結構多いし・・・

投稿: KsGarage | 2006年11月21日 (火) 22時34分

スカイライン。一見、フーガとどこが違うの?という感じ。海外で売る車にスカイラインと名付けただけかも。丸ぽちゃって感じで、15-20年前の、出始めのセルシオとかウインダムとかに似てないか、と思う。海外でしっかり売ってください、としか言えないな、これは。私はスカイライン買う金があったとしたら、BMW買うと思う。満足感が高そうだから。このごろのBMWはちょいとおサイケな感じだけれど、スカイラインよりは満足感高そう。

投稿: 優路 | 2006年11月22日 (水) 11時28分

私はこのスカイライン、結構いいと思います。
今さらまた、R32の延長上に戻ることはもう許されないし、メディアや一部ファンのRシリーズへのこだわりようは、ちょっと異常だと思います。メーカーがとっくに捨てたものを引き合いに出しても、どうにもなるものではありません。もっとドライな目で見ると、なかなかいいクルマだと私は思います。
価格的にはマークXがライバルだけど、内容はしっかり、ISやBMWと勝負している。
スカイラインを買うお金では、BMWやレクサスで同じようなモノはなかなか買えませんし、やはりいくらプレミアムブランドでも割高だなあと思ってしまいます。

投稿: パンダ | 2006年11月23日 (木) 11時27分

パンダさん、お久しぶりです。

僕もVシリーズはいいと思います。北米しか見てないなんて意見もあるけど、V35が北米でヒットするなんて当の日産も想定してなかったわけで、要はいかに消費者が冷静にVシリーズを見られるかでしょうね。

Rシリーズがどうとか、スカイラインらしさがどうとかっていう人には、じゃあ具体的にどういうクルマならいいのか示してほしいですね。スカイラインらしくて、しかも売れるクルマってどんなの?

投稿: すぎもとたかよし | 2006年11月23日 (木) 22時35分

スカイラインのというか日産のCMにイチロー復活。「イチロ日産」も復活するのか。「イチロー×日産」はゴーン以前の末路的状況を想起させるので、あまり印象よくないのですが。GT-Rも復活して、アンチカローラの団塊世代にアピールか。リバイバルが静かなブームですから、「R32の鼓動再び」(鼓動を感動や衝撃に替えてもいい)とかのキャッチフレーズはありだと思う。80年代末、団塊世代に属する上司がR32に乗っていました。

投稿: 優路 | 2006年11月24日 (金) 02時57分

初めまして、いつも楽しみに読ませていただいております。
V35はスカイラインの後継車として開発された車ではなく、販売戦略上名づけられたことは、スカイラインと言う車が無くなるよりましなので、仕方ないことと思います。モデルチェンジによって全く違う車になるなんてことは他メーカーにも良くあることですし。ただ車の出来は非常に良かったと思うんですが、デザイン的には好きになれませんでした。
V36はデザインは多少良くなったものの、売りが「走る喜び」だけってのが問題だと思います。
トヨタのハイブリッドやマツダのDISIターボのような環境問題に対する新技術が無いのはガッカリです。いったいいつの時代の価値観で車を作っているのか?と言いたいです。それとも、宣伝していないだけで、何か新技術が盛り込まれているのでしょうか?

投稿: あうでぃ猫 | 2006年11月27日 (月) 15時15分

あうでぃ猫さん、はじめまして。
このお名前はアウディファンということでいいのでしょうか??

なるほど、環境問題ですか。鋭いですね。
ただ、日産は少なくともスカイラインでそれをやろうとは思ってないでしょうね。北米ではアルティマ・ハイブリッドを出しましたが、V36はやっぱり欧州Dセグメントと張り合うことが第一目的なのかと。

日産は低迷時に基礎研究が遅れたのは確かなんでしょうね。省燃費を筆頭に環境問題は避けて通れませんから、体力が付いてきた今後
に注目ですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年11月27日 (月) 19時51分

初めてコメントします。
スカイライン発表から1ヶ月あまり、雑誌等も少し落ち着きましたね。
評価は高いようですが、相も変わらず、スカイラインだ、違うって論議が続いてます。それだけ関心が高いんですね。
僕の評価ですが、思想として後退したと思います。V35で見せた新しい日産のFRセダンの形。V6エンジン搭載、ロングホイールベース、ショートオーバーハング、全高を上げ運動性と居住性の両立させた。今回は全高を下げ、オーバーハングを延ばしてます。アメリカという市場に合わせたんでしょうね。少し寂しい話ですが…。
スタイルはフーガに似ているって言われますが、僕はいいと思います。これが日産(インフィニティ)のデザイン。メルセデス、BMWも一緒ですから。

最後にあうでぃ猫さんに。V35はスカイラインとして製作された車ですよ。雑誌なんかでは散々違うって書かれてましたが、開発者自信がそう言ってます。信じましょうよ。

投稿: 紙屋 | 2006年12月28日 (木) 16時57分

>紙屋さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
評論家の何人かは「欠点はフーガに似ていること」なんて書いてます。何で同じ会社のクルマに似ているのが欠点なんでしょう。しかも、問題は似ているか否かじゃなくて、そのデザインの善し悪しの筈なのに。いいデザインなら似ていて結構じゃないですか。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年12月29日 (金) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/4259021

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:日産・スカイライン:

» No.434:ロングセラー [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。懐かしい・・・というと、語弊がありますが、あの名車「スカイライン」の新車が発表されました。 ? 日産自動車は20日、スポーツセダン「スカイライン」(排気量2・5~3・5リットル、5人乗り)を5年ぶりに全面改良し、12代目として発売した。... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 08時54分

» ガリバーオンライン無料査定 [あなたの愛車はいくら?無料査定します!]
チャーリーです。 昨日のアフィリ収入は3万2000円。 FX収入は-2万5000円です(^^;) 今日はお得な見積もりを紹介。 チャーリーも以前したことがありますが、 驚く高値を言っていただきました。 これ、ガリバーの中古車見積もりです。 ボーナスが出て、新車を買い換える計画の人も 無料なのでぜひ一度見積もってもらって...... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 14時30分

» BMW3シリーズ [BMWという自動車]
BMW3シリーズはBMWの主力セダンで現在は少なくなってしまったFR小型乗用車です。BMW3シリーズは手頃なサイズ、実用的な車内、スポーティーなハンドリング(これはBMW共通の良いポイントか)が特徴です。FR小型乗用車として常に高い完成度を誇っており、高い評価を得て、スポーティセダンの基準として、日本の自動車メーカーをはじめ各国の小型乗用車へ影響を与えています。現在のコードは3から始まる型番が与えられていますが、BMW3シリーズの源は1962年発表になった1500です。初代B...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 23時07分

» 日産キューブブログ [高速道路を快適に!ETCカードとETC車載器]
水道管色のcube (Nissan cube Fan Blo... - 【 Nissan cube Fan Blog 】 日産キューブにまつわる日常をまったりと・・・他 ...blog.livedoor.jp/suidoukaniro/ [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 10時44分

« クルマ散策:トヨタ・いすゞ提携 | トップページ | Drive My Car:ウォーターポンプ交換 »