« 雑誌記事:マガジンX12月号 | トップページ | Drive My Car:秋の箱根 »

新車心象風景:トヨタ・オーリス

Auris  名前だけじゃなく、プラットホームもカローラと決別して独自路線を打ち出したオーリス。欧州でゴルフ達と真っ向勝負するべく3ナンバーへと拡幅し、徹底的に走り込んだとトヨタは豪語する。

 僕は欧州の合理的なクルマ作りが好きなので、オーリスの基本姿勢にも賛同するけれど、ちょっと引っ掛かるところもあったりする。それは近々登場するブレードという兄弟車の存在なんである。

 ブレードは前後ランプや内装素材の他、エンジンも2.4リットルからと、より上級指向を目指すらしいのだけど、まあ基本的に同じクルマには違いないんである。オーリスはパリショウで発表されたことからも欧州での展開を前提としている一方、上級版のブレードは日本市場をメインにするとか。ま、同じクルマの味付けを変えて市場も変えようという魂胆だ。

 けれども、そういう安易な発想は結局どっちつかずになるんじゃないかと僕には思えてしまう。つまり、オーリスは欧州で通用する性能をリーズナブルな価格で提供してくれるのだけど、ちょっと横を見れば同じカタチでより高級感のあるブレードが売っているわけで、じゃあオーリスは単なる安物じゃないかということになる。逆にブレードは「安かろう、悪かろう」を脱する本物感をコンセプトにするというけれど、これもちょっと横を見れば同じカタチをした「お買い得車」が売っているわけで、じゃあ本物って何よ、ってことになる。

 トヨタにとっては販売店対策という大きな理由があるのは想像できる。それに、兄弟車であっても出来るだけ性格を変えようという努力も理解できる。けれども、所詮別のコンセプトを同じクルマで実現するのは無理な話であって、結局は両者ともが中途半端な存在になってしまうのが常なんである。

 わざわざ土台を変えてまで欧州に打って出ようというのだから、ここはしっかり一本に絞って十分に作り込む。そうやって本当の本物を生み出す。僕はそういうやり方のほうがいいと思うのだけど。

|

« 雑誌記事:マガジンX12月号 | トップページ | Drive My Car:秋の箱根 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、パンダといいます。
クルマ関係のブログをやってる高校生です。
よろしくお願いします。

このオーリスって、今度でるブレードってヤツと似てますよね。差別化が難しいと思います。
私はインパネのカタチが生理的に受け付けませんが・・

投稿: パンダ | 2006年10月29日 (日) 22時28分

個人的感想なのですが・・・

どうして国産ハッチバック車って
薄っぺらく感じるのでしょうか?

ヨーロッパで評価の高い「アベンシス」が
トヨタにあるはずなのに・・・不思議です。

兄弟車なんて作るからダメなんでしょうか。
不思議です・・・

投稿: KsGarage | 2006年10月29日 (日) 22時33分

>パンダさん
はじめまして。ブログ拝見しました。とても面白いですね。免許取る前からこんな面白いこと書いてしまって大丈夫ですか?

>竹崎さん
オーリスのデザインはヨーロッパスタジオなので、極端な話ゴルフやアウディA3みたいなモノができても不思議じゃないんですけど、やっぱり”安く売る”という思想がそれを阻むんでしょうね。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年10月30日 (月) 00時57分

日本でハッチバックが売れるのか。売れると思っているのでしょう、トヨタさんは。オーリスは未知数だと思う。広告に赤を採用したのは、かつてのファミリア・ハッチバックを思い出す団塊おじさんたちを狙っているのか? 
ブレードはハイソ奥様の足か。トヨタやトヨペットの高級車は旦那が乗り、セカンドカーは奥様が、という図式のなかで「奥様用」が脆弱だった。故に奥様用はゴルフやポロ、はたまたヴィッツに流れていた、という反省があったかも。
しかし 新型カローラ系、ヘッドライトとグリルの間にボディの一部が「垂れて」来て、美しいとは全然思わない。ヴィッツを異様に膨らませたみたいで。

投稿: 優路 | 2006年10月30日 (月) 12時01分

>優路さん

こんにちは。
カローラ系の顔はヴィッツ、アベンシス等の欧州戦略車の影響が出ているんでしょうね。

エクステリアに関しては、個人的には先代の方が明らかにまとまった造形だったと思います。新型は実物を見ると本当にベルタそっくりなんですけど、ヘッドライトやグリルに小細工してワケが分からない顔になっている分ベルタの方が破綻ないですね。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年11月 1日 (水) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/3989156

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・オーリス:

« 雑誌記事:マガジンX12月号 | トップページ | Drive My Car:秋の箱根 »