« 雑誌ナナメ読み:雑誌の品格 | トップページ | 新車心象風景:メルセデスのカタチ »

新車心象風景:トヨタ・カローラ

Newcallora_1  誕生40周年を迎えて登場した新しいカローラだけど、皆さんの目にはどう映っているだろう。僕にはどうもいまひとつな感じで、それは多分コンセプト的に大きな変化がなかったからだと思う。

 たとえばバブル真っ盛りに登場した7代目はとにかく大きく豪華にだったし、ニューセンチュリーバリューを掲げた先代は欧州車的な合理主義を取り入れてみせた。その是非はともかく、どんなクルマにしたいのかが分かり易かったんである。それに比べるとこの10代目はコレという売りがどうも見えにくい。クラスを超えたとしてパーキングアシスト機能やミリ波レーダーの搭載が謳われているけれど、まあそれはクルマ自体とはちょっと違うしね。

 けれども、現行ヴィッツやベルタのそつない作りからも想像できたように、作りの良さは相当みたいだ。内外装とも「価格を超えた感」にあふれていて、まさにトヨタの面目躍如といったところなんである。

 僕はカローラに興味はないけれど、でもこのクルマに乗っていれば何の不満もないんだろうなあ、と思うことがよくある。高級感ある内外装、不足ない動力性能、静粛な室内、付いてないものがない装備類、そして恐らくは10、20万キロ乗っても壊れないだろう絶大な安心感。僕みたいに旧いクルマに乗っているとか、あるいはアルファみたいなラテン車に乗っているとか、そういうマニアは好きで乗っているといいながら、何らかの不安や不満を持っていたりするけれど、カローラにそんなものはない。つまり、カローラに乗ってしまえばどんなに楽になるだろう、と。

 そんなクルマが150万円あたりで買えるんである。そう考えると、一番合理的で賢いクルマ選びをしているのは、実は妙なマニアじゃなくて、たいしてクルマに興味なんかない、このカローラに乗り継ぐような人なんじゃないかと思ったりするんである。

 じゃあ、自分は買うのかと言えばそんなことはないのだけど、とにかくカローラにはそんなことを想像させる力がある。ああ、あっちの世界に行っちゃおうかなあ、と思わせるものがある。

 で、それはそれでひとつの実力と言えるんじゃないかとも思うんである。

 

|

« 雑誌ナナメ読み:雑誌の品格 | トップページ | 新車心象風景:メルセデスのカタチ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

初めまして。車社会ニッポン購入者です。
ニューカローラには後席中央に3点式シート
ベルトがついていません。さすがトヨタ
です。呆れてモノがいえないとはこのことです。

投稿: yamada | 2006年10月12日 (木) 01時42分

トヨタ。新車が出るたびに、私の勤務する会社に持ち込んで「お披露目」をしてくれます。いやトヨタばかりでなく、むかしスマートなども見ましたが。
で、カローラも先日、通りすがりに見ました。偶然にもその直前にMAG-X9月号を読んでいたので、会社裏に停められたピカピカのセダンを一瞥して「あっ、カローラ」と気づきました。もし読んでいなければ、「あれ何? 目立たないセダン」と思いながら通り過ぎていたことでしょう。
衝突され少しけがして修理に出したオペルの代車に、レンタカーのNCVカローラをあてがわれたことがありました。確かに可もなくなく不可もないクルマ。でもセダンは乗りたくない。先代フィールダーははっきりアストラのパクリ。私は「こんなに似すぎていて、抗議しないんですか?」とヤナセのセールスに聞いた。「いろいろ見方、考え方があるので」と軽く笑っていなされましたが。
今度のカローラは誰が買うのでしょう。というか、カローラはいったい誰が買っているのでしょう。仕事用orレンタカー以外ではカローラをあまり見ない、と思っているのは私だけでしょうか。

投稿: 優路 | 2006年10月12日 (木) 02時29分

「カローラ」という名前がユーザーに一定の固定概念を植えつけているような気がしてなりません。それが「カローラ」なんでしょうけど(笑)

もし「カローラ」以外の名前で登場したらどんな反応がでるのか興味深い気がします。

でも死ぬまでに一度所有してみたいクルマです。一時的に乗るののと所有するのでは受ける感覚も違いますからね。

投稿: KsGarage | 2006年10月12日 (木) 09時48分

うちの両親が先代のカローラセダンに乗っています。

実際内装は値段を考えるととてもよくできています。

ただ実際乗ると特徴のないのが特徴と言えそうな走りなんですよね。

正直なところ、その存在は認めるのですけど、車好きとしては選択することはありないだろうなと思います。

投稿: BellaVoce | 2006年10月12日 (木) 16時41分

車に興味のない人が乗る車なんだから、車を趣味とする人に取っては正直どうでも良い。だから僕は気にしない。木村拓哉や明石家さんまを起用したCMは観てて腹が立つ。未だにこういうやり方のCMで通用するのはトヨタとダイハツぐらいだと思うけど。

投稿: C4 | 2006年10月13日 (金) 00時31分

こんにちは。

カローラがトップセールスといってもブランド合計だし、トヨタもその辺は結構焦っているのでしょうね。その結果がセダンのサブネーム追加であり、キムタク、さんまのCM起用なんでしょうね。

僕なんかはメイングレードをハイブリッドにして思い切った価格にすればいいのに、と思いますけど、全世界を相手にするクルマ故、そうもいかないのでしょう。なもんで、どんどん日本市場での魅力は薄れますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年10月13日 (金) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/3774864

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:トヨタ・カローラ:

» カローラが世界共通に@自動車ニュース [テキストリンク ニュースが知りたい皆様へ@ニュース発信基地]
こんにちわ。ニュースが知りたい皆様へ@ニュース発信基地のニューサーです。 トヨタ自動車が2004年から中国で... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 15時39分

« 雑誌ナナメ読み:雑誌の品格 | トップページ | 新車心象風景:メルセデスのカタチ »