« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・ストリーム »

雑誌記事:マガジンX9月号

 えー、明日マガジンX9月号の発行日なのですが、今回はスクープ記事がかなり増大したということで、連載は来月号に先送りになってしまったと編集部から連絡がありました。

 いやあ、こういうときはマイナーなライターの記事はつらいですねえ。残念。

 来月号は、先日の栃木ネタを先に持ってこようかなと思っています。今回載る予定だった記事はとくに時期ネタではないので・・・。

 と、いうことで、来月またよろしくお願いします。

|

« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・ストリーム »

「雑誌記事」カテゴリの記事

コメント

原稿先送り、ですか。残念ですね。1カ月先に読んでも腐らないネタ…想像できませんが、来月を楽しみにしています。来月初旬に豚児とお台場メガウェブに行こうか、と思っています。子ども向けのイベントがかなりあるそうなので。ついにホンダが小型飛行機販売に乗り出すとか。対抗上、トヨタもやるかもしれませんねー。F1地上戦から「空中戦」へ。闘いの場はモーターショーからエアショーへ?

投稿: 優路 | 2006年7月26日 (水) 01時59分

MAG-X読みました。ジープコールの話「お客様ですよね」は面白かった。半年ほど前、GMAPにリコールの件で問い合わせました(リコール届け出1年前に該当箇所に不具合が出て有償で修理していたので、これは返金などの対象になるかと聞いたところ、現オーナーなら対象になるが、車を売り払った後では返金などできないとのお答え。私は納得できず)が、けんもほろろ、な応対でしたので、この記事には共感できました。
そのほかは、GMと日産・ルノーの記事で結語に「トヨタが容赦しない」などと「最後っぺ」みたいな書き方をされてもねえ…お金もらってんでしょ、はっきり書けよ、という感じでした。
新型カングーの写真。グリルレスは、欧州では新鮮でも国内ではファンカーゴやラクティスの真似のようで、ちょっと残念。
今週は週刊東洋経済「トヨタの異変」がおすすめか。CADによる自動車設計が不得手な本社社員、残業が激増、10年後にはリコールまみれ? との憶測も飛び交うトヨタはこれからどうなるのか? 郵政やNHKにも人材を送り込めるほどの懐の深さをほこるトヨタ、それ自体に問題は…。売られる物は多くても、買える(買う価値のある)物は少ない、特に自動車は…とこのごろ本当に思います。

投稿: 優路 | 2006年7月28日 (金) 04時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/2801892

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌記事:マガジンX9月号:

« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | 新車心象風景:ホンダ・ストリーム »