« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | クルマ散策:道交法改正騒ぎ »

新車心象風景:スバル・レガシィ

Legacyb4_f  たしかにスバルはもともとマニアックなメーカーだったけれど、こういうマイナーチェンジは本当に大したもんだと思う。

 とくに感心することはふたつあって、ひとつはメカニズムの見直し。エンジンの改良はターボチャージャーの形状からカムのプロファイルに至るという本格派だし、ボディの補強など剛性のアップもかなりと聞く。そして目玉のSI-DRIVEは全くの新機構ときている。
 何がスゴイかって、モデル途中でこういう技術を惜しまず投入するという発想なんである。だって、日本車の場合はたいていフルモデルチェンジまでとっておくでしょ、こういうことは。

 それからもうひとつはエクステリアの見直し。
 ビッグマイナーなんて言葉があるように、最近はわりと大幅な造形の変更は珍しくなくなった。最近では日産のプレサージュがエラいことになっているし。
 で、レガシィの何に感心するかっていうと、実際はAピラーから前が全て新形状になって相応に印象を変えているのに、全体的には従来のイメージがちゃんと残っていることで、このバランス感覚が実に巧い。それこそプレサージュが変化のための変更なら、レガシィは熟成のための変更というべきか。ま、インプレッサという悪い見本が身内にあったりもするんだけどね・・・。

 こうした内容の濃い、いわば欧州車的な変更は大いに、そして素直に歓迎したいと思う。ただし、一番大切なことは、スバルがいたずらにモデル数を増やさず、少数精鋭の商品構成を行っているからこそこうした質の高い変更が可能だということで、そこを評価しなくちゃいけないと僕は思う。

|

« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | クルマ散策:道交法改正騒ぎ »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

まいどです。

スバルはホント凝ってますよ!と言うより
凝り過ぎじゃないですか(笑)

軽自動車「プレオ」に3年乗ってますが
ホント飽きないというかなんというか…

出力を確保する為に各社ターボを採用して
いるのにスバルはずっとスーパー
チャージャーを採用。コストを無視した
4輪独立サス採用もスバルだけ。
なに考えてるんでしょ(笑)

でもここがスバルのいいと・こ・ろ♪
(古いですか?)

トヨタと提携したからといって独自性や
個性を失って欲しくないですね。
金太郎飴なクルマはもうゴリゴリです。

投稿: KsGarage | 2006年6月 4日 (日) 15時20分

いつも、どうも。

プレオはたしか4気筒でしたよね。こういうのも、もっと宣伝すればいいのに(笑)

今度出る「ステラ」、背高の流行モノみたいですけど、Cピラー以降の処理とか、プレオにそっくりでワゴン風ですね。売れればいいと思うけど、売れたらRシリーズはますます影が薄くなっちゃいますね。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年6月 4日 (日) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/2050477

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:スバル・レガシィ:

» レガシィ [CAR Mania]
レガシィレガシィ(LEGACY)は、富士重工業(スバル)が生産する自動車|乗用車である。日本ではステーションワゴンの代表的車種として知られている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 23時19分

« 雑誌記事:今月の取材 | トップページ | クルマ散策:道交法改正騒ぎ »