« クルマ散策:2006 スーパークリーンディーゼル・オート・フェスタ | トップページ | 雑誌記事:今月の取材 »

新車心象風景:ホンダ・ゼスト

Zest  ホンダというメーカーはとにかく尖っているのが身上の筈だと思っていた。それはシビックのように徹底した合理的実用車だったり、あるいはNSXみたいなスーパーカーだったり、とにかく普通じゃないんですよ、ウチは、というメーカーだったのだと。

 いまや右も左もミニバンだらけだけど、その火付け役になったオデッセイが出現したときには、ああこれもまたホンダのサプライズなんだなあ、と素直に思えたんである。

 でもねえ、いつの頃からかその尖がりに?マークが付くようになってきたんだよなあ。何でだろう? そのオデッセイやステップワゴンみたいな爆発的ヒット作で、数を売ることに目が向いちゃったってことなのかなあ? 

 それが巷でささやかれる「ホンダのトヨタ化」ってやつだと思うんだけど、まさにこのゼストがそうなんだよね。つまり、ライフっていう軽としては随分と評価の高いクルマがあって、それはそれで結構売れているんだけど、どうもそれじゃあ気が済まなくてカッコ違いの着せ替え兄弟車を作っちゃう。これってトヨタのやり方そのものじゃないか。そうそう、ザッツなんていうのもあるしね。

 だいたいライフが女性向き、なんていう発想が信じられないくらい低次元だし、このちょっとワルの入ったゼストは男性向き、っていうのも悲しいくらい恥ずかしい神経だと思う。日産ならマーチが女性向けでノートは男性向けっていうのと同じ話だよね。いや、黒いランドセルは男の子、赤いのは女の子、と同じでしょ。もう21世紀だっていうのに、いつまでこんな感覚で商売してるんだろう。

 トヨタのbBにも通じる、このカスタム入った超ステレオタイプの男の向け商品が、あのホンダのクルマかと思うと情けないと僕は思う。宗一郎さんが泣いているかどうかはわからないけど、僕は泣きたいくらい下らない商品だと思う。ま、あとは「意外と見切りが良くて年配者にもいい」とか、「ライフはちょっと、という男性にうってつけ」なんていうインプレッションが、プロの評論家の口から出ないことを祈るばかり、かな。

 

|

« クルマ散策:2006 スーパークリーンディーゼル・オート・フェスタ | トップページ | 雑誌記事:今月の取材 »

「新車心象風景」カテゴリの記事

コメント

初めまして。竹崎と申します。

自ニココラムで水曜日を担当しています。
一応自ニコyahooグループのメンバーなんで
初めましてではないのでしょうけど(笑)

まずはブログ開業おめでとうございます。
いつも鋭い視線でズバズバ斬ってゆく
内容にいつも感服しています。

これからもメーカーに遠慮せず?!
ズバズバ斬っちゃってください。
楽しみにしています。それではまた。

投稿: KsGarage 竹崎  | 2006年5月20日 (土) 08時43分

こんにちは。

早速のコメントありがとうございます。
ブログってどんなもんだろう、などと思いながら、勢い強行公開してしまいました。

竹崎さんのコラム、僕も楽しく拝見しています。親しみがあって好きなコラムです。ズバズバ斬れるかどうか分かりませんが、僕も頑張って書いてみますね。

そうそう、自コラにも載せてもらえるよう何か書きたいですね。

それでは、今後もよろしくお願いします。

投稿: すぎもとたかよし | 2006年5月20日 (土) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97786/1860688

この記事へのトラックバック一覧です: 新車心象風景:ホンダ・ゼスト:

« クルマ散策:2006 スーパークリーンディーゼル・オート・フェスタ | トップページ | 雑誌記事:今月の取材 »